【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

ドローン前提社会において提供したい価値を議論し、ドローン産業のエコシステムについて中長期的なビジョンを共有する目的で、投資とスタートアップの最前線を業界で活躍する第一線のパネリストが熱い議論を交わした。


多彩なパネリストによるドローン産業のディスカッション

 パネルセッションに参加したのは、Drone Fund General Partner / Chief Dronistの千葉功太郎氏に、株式会社ORSO 代表取締役社長の坂本義親氏、そして株式会社アイ・ロボティクス COOの小関賢次氏の3名。モデレーターは、慶應義塾大学政策・メディア研究科 特任講師の高橋伸太郎氏が務めた。冒頭では、各自の自己紹介を兼ねた最新の取り組みが紹介され、千葉氏は昨年に立ち上げたドローンファンドについて解説し、5年後に到来すると予測するドローン前提社会に向けて、投資を通してTeam Japan Droneを支援していると話した。続く坂本氏は、ITサービスの会社を経営してきた経験を活かして、ドローン産業にも取り組んでいると語った。そして小関氏は、大手システム開発会社で飛行機の航空管制システムを開発してきた経験から、ドローンのための管制システム(UTM)に対する熱い思いを伝えた。
 各自の紹介の後、モデレーターの高橋氏が、5~10年後に、どういう社会が実現できたらいいのか、と尋ねた。それに対して、千葉氏は「インターネットの歴史とドローンの歴史は、非常に近い形で進行していくのではないか」と指摘し、ドローンが通信のパケットのような存在になり、遠隔制御されてインターネットのように当たり前の存在になると予測した。また坂本氏は「まずは仲間を増やす」ことが重要と捉え、2015年に設立したアカデミーを紹介した。そして小関氏は「災害対応など、初動捜査に活用するドローン」の存在は意味があると提唱した。

左から
慶應義塾大学政策・メディア研究科 特任講師の高橋伸太郎氏
Drone Fund General Partner / Chief Dronistの千葉功太郎氏
株式会社ORSO 代表取締役社長の坂本義親氏
株式会社アイ・ロボティクス COOの小関賢次氏

日本のドローン産業を加速させるには

 ディスカッションの後半では高橋氏が「日本において、ドローン産業の成長を加速させるには、スタート支援において何を重視しているのか」とパネリストに問いかけた。
 千葉氏は「グローバルにチャレンジする一体感が、圧倒的に欠けている」と指摘する。日本の市場は中途半端にビジネスになる市場なので、グローバルに日本の産業を輸出できるかが、重要になるという。
 坂本氏は「チームジャパンが、すごい重要」と話す。また、ドローンを飛ばした後に、データをどう活用するのか、ソフトに依存する部分が多いので、日本発で作れたらいいのではないか、と提案する。
 小関氏は「捜索にドローンを活用するには、人がやるものを自動化するよりも、先にドローンができることをどう使うか、それに対する模索が2~3年続いている」と振り返る。
 さらに千葉氏は「本質的には、ここにしかない価値。ドローンによって、はじめて実現できる財貨を掘り当てることが重要」と話し、坂本氏も賛同する。小関氏も「自動飛行がポイントで、課題はあるが、乗り越えていく」ことが大切だと補足する。
 一方で、千葉氏は「技術のソリューションは楽観視しているが、課題は民衆の心にある」と提言し「家や頭の上を飛び交う」ことに抵抗を感じなくなる社会的な理解が必要だと指摘する。そして、インターネットや携帯電話にスマートフォンが、日本の社会に受け入れられてきたように、丁寧にコミュニケーションを続けることで、完全な自律飛行を実現するドローンの社会実装が可能になると展望を語った。

この記事のライター

関連する投稿


【SLUSH TOKYO】インフォステラもスピーチ! スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2018開催中

【SLUSH TOKYO】インフォステラもスピーチ! スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2018開催中

 世界中のスタートアップの祭典、スラッシュ・トウキョウ(SLUSH TOKYO)が28日に、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開幕した。起業家が事業構想を競うピッチングコンテストでは、初日に80の経営者が登壇し、20人がセミファイナルに進んだ。29日に受賞者が決まる。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。


ORSOの「DRONE STARプログラミング」を「プロスタキッズ」の小学生が先行体験

ORSOの「DRONE STARプログラミング」を「プロスタキッズ」の小学生が先行体験

 小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」を運営する株式会社ミスターフュージョン(東京都)は2月10日、株式会社ORSO(東京)が開発し、この春リリース予定の「DRONE STARプログラミング」の体験会を開いた。参加した小学生はタブレット上でコマンドを並べるとドローンがその通りに動く様子に目を輝かせた。


ドローンファンド総額16億円でファイナルクローズ

ドローンファンド総額16億円でファイナルクローズ

個人投資家の 千葉功太郎氏がGPを務める千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合(以下「ドローンファンド1号」)は、総額約16億円にて組合組成を完了したと発表した。


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。