【ジャパンドローン2018・発見!】Saashaが〝fly〟熱唱し喝采 「ドローンがさらに発展しますように」

【ジャパンドローン2018・発見!】Saashaが〝fly〟熱唱し喝采 「ドローンがさらに発展しますように」

 実力派シンガーSaashaが、3月24日まで千葉・幕張メッセで開かれていたJapan Drone 2018のレセプションで、楽曲〝fly〟を披露し、会場で喝采を浴びた。Flyはドローン業界内でドローンのイメージソングとの認識が浸透しつつある。


「ドローンが夢を乗せて幸せになりますように」 JUIDAアンバサダーとしてあいさつ

 Saashaが〝fly〟を歌ったのは、千葉・幕張で開催されたドローンの展示会、Japan Drone2018の開催初日に、会場の近いホテルで開かれたレセプション。事前に申し込みをした関係者約200人が展示会の成功を祈念しあう中、ステージにSaashaが登場し、flyを歌った。
 〝fly〟はSaashaが、強い夢を持ってはばたくことの大切さを歌った、昨年11月15日に発売されたミニアルバム『Flapping』の1曲目に納められているリード曲。ドローン関係者の間で、「ドローンのイメージに重なる」と話題になり、楽曲の発表後、ドローンのイベントなどで歌を披露することが増えており、この曲を知る関係者からは「ドローンの定番曲になりつつある」という声も上がった。
 レセプションでは、Saashaの歌がサビにさしかかったところでは、グラスの手を止めて聞き惚れる姿が会場の至るところでみられた。
 歌い終わったあと、「ドローンが夢をのせて、みなさんに幸せが届きますように、そしてドローンの業界が発展しますように、願っています」とエールをまじえてあいさつをし、ステージを後にした。
 Saashaは期間中、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)のアンバサダーとして、JUIDAブースで行われたデモンストレーションにも登場。JUIDAの岩田拡也常務理事が、機体を白と黒のレースで覆ったドローンを披露しているときに、指でツンツンとつついて、「これならケガはないですね」とあいづちをうつなどして、来場者に愛嬌をふりまいた。

 Saashaに関する問い合わせは株式会社F-Factory Japan(エフ・ファクトリー ジャパンhttp://f-factory-mm.info/)まで

Japan Drone 2018のレセプションで〝fly〟を熱唱するSaasha

展示会のブースではレースで覆われたドローンのお披露目に登場し盛り上げ、JUIDAアンバサダーとしても活躍した

この記事のライター

関連するキーワード


Saasha fly

関連する投稿


DroneTimes副編集長がSaashaの番組にゲスト出演 「レディオ湘南」で4月24日オンエア

DroneTimes副編集長がSaashaの番組にゲスト出演 「レディオ湘南」で4月24日オンエア

 ドローン業界関係者の間でイメージソングとして親しまれている楽曲〝fly〟を歌うシンガーソングライター、SaashaがパーソナリティーをつとめるコミュニティFM「レディオ湘南」(藤沢エフエム放送株式会社)の番組「Saashaのbees fly」にDroneTimes副編集長の村山繁がゲスト出演し、収録を終えました。オン


Saashaが「JUIDAアンバサダー」に 2月9日、東京ビッグサイトのステージで『fly』♪

Saashaが「JUIDAアンバサダー」に 2月9日、東京ビッグサイトのステージで『fly』♪

 シンガーソングライターのSaashaが東京ビッグサイトで開催される「プレミアム・インセンティブショー」にブースを出展するドローンの業界団体、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)のアンバサダーを務める。2月9日(金)にはドローンのテーマソングとしてfly』を披露する予定だ。入場、観覧は無料。


ドローンとの縁?1曲目は『fly』! Saasha、11月15日にミニアルバム『Flapping』でCDデビュー

ドローンとの縁?1曲目は『fly』! Saasha、11月15日にミニアルバム『Flapping』でCDデビュー

R&BシンガーのSaashaが11月15日、ファーストミニアルバム『Flapping』でCDデビューする。5曲すべてSaashaの自作曲。ホビー系ドローン企業のイメージガール経験も持ち、ドローンタイムズの雑談系交流イベント、「トークPIT」でも披露したパワフルな歌声を堪能できる。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。