【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


欧州を中心に最先端のUTMを推進するUnifly

 共同出展のために来日したUnifly社のCEOのMark Kegelaers氏は、ドローンタイムズのインタビューで、同社の最新の取り組みについて語った。Kegelaers氏によれば、Integra Aviation Academy社との連携は、空港周辺で不審なドローンが飛行していないかを的確に発見するための取り組みだという。Integra Aviation Academyは、ドローンの検出システムを構築するシステムインテグレーターで、最新のデバイスやソリューションを組み合わせて、空港周辺を飛行する許可を得ていないドローンを発見する。Uniflyは、その検出システムとUTMを連携させることで、運行管理者に飛行中のドローンが正規か不審な機体かを通知できるようになる。
 また、米国で推進されているLAANC(Low Altitude Authorization and Notification Capability:低空域の許可と通知機能)について尋ねたところ、「我々のUTMは、LAANC(ランス)よりも最先端の機能を提供している」とKegelaers氏は話す。LAANCは空港周辺の空域を中心としたシンプルな航空管制を行うUTMになる。それに対して、すでにUniflyがドイツで提供しているUTMでは、リアルタイムに飛行する有人機と無人機の飛行経路をトラッキングして表示するだけではなく、消防署や警察署など、重要な施設ごとに多層レイヤーで空域を管理する機能も備えている。
 そして、Kegelaers氏は「Uniflyも米国のLAANC(ランス)に参加する予定だ」と話す。すでに、米国でも実証実験を行っていて、近く第二期のパートナー企業として発表される。一方で、米国のUTM企業のAirMapも欧州市場に参入したが、今後の競合についてKegelaers氏は「我々は、すでに欧州4カ国でUniflyを展開している実績がある。AirMapはマーケティング戦略を欧州市場で展開しているが、UTMとしての機能や性能の面では、我々にアドバンテージがある」と自信を示す。
 さらに、テラドローンの徳重徹代表は「今年はUTMを積極的にやっていく。グローバルではかなり伸びている。2ヶ月後くらいには、大きな発表も予定しているので、今年のテラドローンは、世界基準でドローン業界を圧倒していく」と話す。

テラドローンのブース前で、握手を交わすUnifly社のCEOのMark Kegelaers氏(左)とテラドローンの徳重徹代表=3月23日、千葉・幕張メッセのジャパンドローン2018会場(渡辺照明撮影)

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン Unifly UTM

関連する投稿


テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

RTK付き固定翼・AIを活用した3D送電線マップ・植生除去レポートを作成


テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、インドネシアのUAVサービス企業であるAeroGeoSurvey (インドネシア)と出資契約を締結し、 Terra Drone Indonesiaを設立すると発表した。


テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローンは、従来製品の約1/3価格を達成したUAVレーザ「Terra Lidar(テラライダー)」のレンタルサービスが開始された。2月末日まで各都道府県先着2社限定で計測キャンペーンを実施。


テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

空撮写真の火災保険申請への活用と、ドローン操作講習の受講が可能に


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


最新の投稿


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、東京ベイエリアでオンライン対戦型ドローンレースが開催されるエンタメスポット 「スカイファイト」東京お台場を2月16日(土) にオープン。2月16日、17日に、アクアシティお台場3階アクアアリーナにてオープニングイベント開催。