【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


欧州を中心に最先端のUTMを推進するUnifly

 共同出展のために来日したUnifly社のCEOのMark Kegelaers氏は、ドローンタイムズのインタビューで、同社の最新の取り組みについて語った。Kegelaers氏によれば、Integra Aviation Academy社との連携は、空港周辺で不審なドローンが飛行していないかを的確に発見するための取り組みだという。Integra Aviation Academyは、ドローンの検出システムを構築するシステムインテグレーターで、最新のデバイスやソリューションを組み合わせて、空港周辺を飛行する許可を得ていないドローンを発見する。Uniflyは、その検出システムとUTMを連携させることで、運行管理者に飛行中のドローンが正規か不審な機体かを通知できるようになる。
 また、米国で推進されているLAANC(Low Altitude Authorization and Notification Capability:低空域の許可と通知機能)について尋ねたところ、「我々のUTMは、LAANC(ランス)よりも最先端の機能を提供している」とKegelaers氏は話す。LAANCは空港周辺の空域を中心としたシンプルな航空管制を行うUTMになる。それに対して、すでにUniflyがドイツで提供しているUTMでは、リアルタイムに飛行する有人機と無人機の飛行経路をトラッキングして表示するだけではなく、消防署や警察署など、重要な施設ごとに多層レイヤーで空域を管理する機能も備えている。
 そして、Kegelaers氏は「Uniflyも米国のLAANC(ランス)に参加する予定だ」と話す。すでに、米国でも実証実験を行っていて、近く第二期のパートナー企業として発表される。一方で、米国のUTM企業のAirMapも欧州市場に参入したが、今後の競合についてKegelaers氏は「我々は、すでに欧州4カ国でUniflyを展開している実績がある。AirMapはマーケティング戦略を欧州市場で展開しているが、UTMとしての機能や性能の面では、我々にアドバンテージがある」と自信を示す。
 さらに、テラドローンの徳重徹代表は「今年はUTMを積極的にやっていく。グローバルではかなり伸びている。2ヶ月後くらいには、大きな発表も予定しているので、今年のテラドローンは、世界基準でドローン業界を圧倒していく」と話す。

テラドローンのブース前で、握手を交わすUnifly社のCEOのMark Kegelaers氏(左)とテラドローンの徳重徹代表=3月23日、千葉・幕張メッセのジャパンドローン2018会場(渡辺照明撮影)

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン Unifly UTM

関連する投稿


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローンは「Terra Lidar」製品説明会を12月5日行った。早稲田大学との共同開発によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の製品概要から販売モデルなどを紹介。


米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

2018年12月3日-米国ワシントンDC。NASAに協力してUTMソリューションを開発しているANRA TECHNOLOGIES(米国)は、そのテクノロジーを英国に展開すると発表した。


テラドローン、屋根積算ソフト最大手の ヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 屋根画像から自動での屋根積算が可能に

テラドローン、屋根積算ソフト最大手の ヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 屋根画像から自動での屋根積算が可能に

ドローンで撮影した屋根画像から自動での屋根積算が可能に


テラドローン、「空飛ぶクルマ」事業参入。2020年デモフライトを目指すCARTIVATORへの支援開始

テラドローン、「空飛ぶクルマ」事業参入。2020年デモフライトを目指すCARTIVATORへの支援開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役/徳重 徹)は、日本発の空飛ぶクルマの開発を行う有志の活動「CARTIVATOR」の資金資材の管理及び団体の運営を担う一般社団法人CARTIVATOR Resource Management(以下:CARTIVATOR)とスポンサー契約を締結したと発表した。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。