【ジャパンドローン2018・発見!】背負って歩いて5分で点群! LiBackPackにササモモさんもサカグチさんも驚いた!

【ジャパンドローン2018・発見!】背負って歩いて5分で点群! LiBackPackにササモモさんもサカグチさんも驚いた!

 JapanDrone2018の会場でレーザーソリューションを手掛ける株式会社交響(京都市)が展示していたレーザーライダーに驚く声が続出した。ひょいと背負って5分歩けば、会場となっていた幕張メッセの展示ホールの3次元点群データが取得できて、ササモモさんも、サカグチさんも驚いた。


製品の正体は米Green Valley InternationalのLiBackPack

 不思議な光景を見かけたのは開場直前の、各ブースが来場者をお迎えする準備の仕上げが進んでいる時だ。それぞれが自分のブースの準備に余念がない中、リュックを背負って通路をスタスタと歩く人影を見つけた。一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA、京都市)の坂口博紀代表理事だ。
 坂口さんが背負ったリュックからはパイプ状の棒が伸び、その先端にパトライトのような物体がついている。センサーだろう。正面からみると、ちょうどアタマの上にパトライトが出ている恰好になる。手にはタブレットがあり、それをのぞくと、ディスプレイには、坂口さんが歩いた奇跡が線で描かれ、会場の点群データが作られていた。「これ、すごくないですか? まだ歩き出したばっかりですよ」。おもしろそうなので、ついて行くことにした。
 展示会場の通路を坂口代表理事が再び歩きはじめると、一歩踏み出すごとにその軌跡と、新たに得られた点群がタブレットのディスプレイに加わり、刻一刻と会場の立体模型が完成していく。屋根があるのでGPSは届きにくいが、これはすいすいと点群ができる。なるほど、おもしろい。「あっちに社長がいるんですよ。行きましょ」。エントツを背負った坂口さんに促され、この小道具を出品しているブースに行くことにした。この間も刻一刻とデータが充実していく。
 ブースたどりつく前に、Dアカデミー関東埼玉校(株式会社ジュンテクノサービス)と株式会社DoriRoboの共同ブースを通りかかると、ブースを応援していた女性ドローンチーム、「ドローンジョプラス」代表のササモモさん(佐々木桃子さん)に遭遇した。ササモモさんは好奇心旺盛の様子で「それ、なんですか」と身を乗り出してきた。
 おもしろいものは共有したほうが、もっとおもしろくなる。初対面の坂口さんを紹介し、経緯を説明してもらうと、ササモモさんは興味津々で、「私も背負っていいですか~」と切り出して来たので、背負ってもらうことにした。せっかくなので、会場をもう一周することにした。
 ササモモさんが背負って、今度は3人で会場を一周。手元のタブレットには点群がますます充実。ササモモさんは,ドローンタイムズ主催の雑談系交流会、ドローントークPITの司会として、いつもは冷静に機転もきかせて会場を盛り上げ、巻き込み、楽しませているが、この日は「これおもしろい」、「めだつ~」、「たのしい」といつもより高めのテンション。せっかくなので3人で、出展者ブースに向かった。
 出展していたのは、レーザーソリューションを提供している株式会社光響(京都市)。さわやかイケメンの住村和彦社長は京大でレーザー、阪大大学院でMBAを研究し博士号を持つ。10人の博士号取得者10人を擁する頭脳集団で、海外ののすぐれものを輸入し、日本のユーザーが使いやすいように調整、カスタマイズをするほか、鉄鋼製品の表面についたサビをあっというまに取る装置などユーザーの需要に応じた製品の自社開発を手掛けている。「世界に光、響かせる」を合い言葉に、レーザー界のプラットフォーマーを掲げている。
 ササモモさんや、坂口代表理事が背負っていたのは、バックパック型ライダーLiBackpack。米Green Valley Internatioal社の製品で、独自の光測距LiDARシステムと自己位置推定SLAMを組み合わせて3次元データを高精度に計測、取得できるモバイル3Dマッピングシステムだ。GPSの受信に頼らないので、幕張メッセの展示ホールのような屋内や森林地域でもマッピングができる。半径100メートルの情報を取得するので、広いホールではあっても、隅々まで歩く必要もない。より広範囲の地形を入手するには、ドローンに搭載するのが有効だろうし、屋内や森林などなら地上で背負って歩くのがいいかもしれない。
 製品を開発したGreenValley Internationalは3Dマッピングソリューションが得意で、上空用にレーザードローンも開発しているという。
 へえ~、と関心したとき、住村社長の手に、スマホほどの小箱があるのに気づいた。そこからブースのついたてに向けて映像が照射されている。なんでこれは。こちらは韓国製のレーザープロジェクター。消費者向けの販売はまだできないが、法人の研究用途などの需要を見込んでいるのだそうだ。興味深いものを世界から集めてくる光響の動向はこれからも目が離せない。

https://www.symphotony.com/press-release/liback/

LiBackPackの使い心地を確かめるドローンジョプラスのササモモさん(左)とDPCAの坂口博紀理事長。右端のイケメン、住村和彦社長は「早い、高精度、低価格が特徴」と説明

JapanDrone2018の会場となった千葉・幕張メッセ「展示ホール5」なら5分歩けば立体模型が作れそうな点群が取得できる。画像の白い線がLiBackPackを背負って歩いた軌跡だ

この記事のライター

関連するキーワード


交響 ササモモ 坂口博紀

関連する投稿


【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

国際ドローン展の飛行デモンストレーションで、日本海洋が有線給電ドローンを、ササモモさんがDJI Matrice 200の魅力を紹介した。(田中亘)


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


「第6回ドローントークPIT sponsored by 国際航業」開催 勝俣氏、鎌形氏が〝緑と赤〟競演で大盛況

「第6回ドローントークPIT sponsored by 国際航業」開催 勝俣氏、鎌形氏が〝緑と赤〟競演で大盛況

ドローン情報専門のウェブサイト、ドローンタイムズは9月22日、雑談系交流会「第6回ドローントークPIT sponsored by国際航業」を開きました。「ドローン×大地の恵み」のテーマに掲げ、〝その道〟の第一人者お2人をお招き。お2人の衣装が赤と緑という、まさかのリアルマリオで、会場は開始前から盛り上がりました。


【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

 慶應義塾大学と〝ドローン協定〟を結んでいる福島県田村市は、市内にある県立船引高校生を対象に開講している「ドローン特別講座」の「成果発表会」と、新年度特別講座の開講式を6月10日(土)、田村市役所内で実施すると発表した。ドローン普及活動を展開している「ドローン女子」代表のササモモさんも講演する。観覧は無料。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。