【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


福島ロボットテストフィールドで不具合の実験も可能に

協定締結後握手を交わす左から  JUIDAの鈴木真二理事長、福島県の畠利行副市長、JUAVの阪口晃敏会長=3月22日、千葉・幕張メッセ(渡辺照明撮影)

 福島県と提携した関連団体をおさらいすると、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、一般社団法人(JUAV)、一般社団法人総合研究奨励会日本無人機運航管理コンソーシアム(JUTM)の3団体。協定の締結の会見には、福島県の畠利行副知事、JUIDAの鈴木真二理事長、JUAVの坂口晃敏会長が出席した。JUTMはJUIDAの鈴木理事長が代表を兼務している。
 JUIDAの鈴木理事長は協定締結の背景について、「政府は2018年ごろに無人地帯で、2020年代以降に第三者上空での目視外飛行を実現する方針を示していて、今年度末にはそれを実現させるために求められる機体の機能、性能、体制の要件を明らかにする方向だ。これらの動きを後押しするために実効性のある事業環境の整備が必要だ」と説明した。
 福島県はドローンの実験拠点となる福島ロボットテストフィールドを整備している。提携により、広域の飛行空域、安全が確保できる設備を提供したり、今後必要となる設備を整えたりする方針だ。JUAVはドローンの統一的な安全基準の整備を進めており、安全基準に基づく機体認証、操縦検定業務で福島ロボットテストフィールドを活用。JUIDAは産業振興と人材育成に取り組んでおり、提携による体制下で安全運用のための評価手法、教育方法の確立を模索する。JUTMは安全確保のための運航管理の技術開発、ルール形成、精度設計に取り組んでおり、事故調査の検討が進む見通しだ。
 会見では、福島県の畠副知事が「相互協力が可能となる協定の締結ができたことに感謝している。東日本大震災で大打撃を受けたいわゆる浜通り地域の再生を通じて、地方創生のモデルにしたい」とあいさつした。JUAVの坂口会長は「2004年に設立した国内で最初の産業用無人機の団体としてこれまでの蓄積を安全確保につなげたい」と抱負を述べた。またJUIDAの鈴木理事長は「知見を集めるためにわざと不具合を起こし、そのデータを取得することが可能になることを歓迎したい」と述べた。
 福島県などは今後、機体、操縦、運用、運航管理の認証方法、認定、検定手法を具体化させ、公開していく方針だ。

協定の意義について説明するJUIDAの鈴木真二理事長(左)と福島畠利行副市長(中)、JUAVの阪口晃敏会長。

この記事のライター

関連するキーワード


福島県 JUAV JUIDA JUTM

関連する投稿


JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

衆議院議員第二議員会館で、13日、JUIDAの認定資格の「操縦技能」と「安全運航管理者」の修了証授与式が行われ、鈴木真二理事長から藤丸敏(さとし)衆院議員に修了証が渡された。


ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

 自動車学校が参加するドローンスクールネットワーク、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)は9日、都内で会員向けのセミナーを開催した。


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


天空の菜の花畑 会津喜多方三ノ倉高原 (2017年空撮)

天空の菜の花畑 会津喜多方三ノ倉高原 (2017年空撮)

昨年行われた福島県喜多方市の「菜の花フェスタ in 三ノ倉高原花畑」。


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。