【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


福島ロボットテストフィールドで不具合の実験も可能に

協定締結後握手を交わす左から  JUIDAの鈴木真二理事長、福島県の畠利行副市長、JUAVの阪口晃敏会長=3月22日、千葉・幕張メッセ(渡辺照明撮影)

 福島県と提携した関連団体をおさらいすると、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、一般社団法人(JUAV)、一般社団法人総合研究奨励会日本無人機運航管理コンソーシアム(JUTM)の3団体。協定の締結の会見には、福島県の畠利行副知事、JUIDAの鈴木真二理事長、JUAVの坂口晃敏会長が出席した。JUTMはJUIDAの鈴木理事長が代表を兼務している。
 JUIDAの鈴木理事長は協定締結の背景について、「政府は2018年ごろに無人地帯で、2020年代以降に第三者上空での目視外飛行を実現する方針を示していて、今年度末にはそれを実現させるために求められる機体の機能、性能、体制の要件を明らかにする方向だ。これらの動きを後押しするために実効性のある事業環境の整備が必要だ」と説明した。
 福島県はドローンの実験拠点となる福島ロボットテストフィールドを整備している。提携により、広域の飛行空域、安全が確保できる設備を提供したり、今後必要となる設備を整えたりする方針だ。JUAVはドローンの統一的な安全基準の整備を進めており、安全基準に基づく機体認証、操縦検定業務で福島ロボットテストフィールドを活用。JUIDAは産業振興と人材育成に取り組んでおり、提携による体制下で安全運用のための評価手法、教育方法の確立を模索する。JUTMは安全確保のための運航管理の技術開発、ルール形成、精度設計に取り組んでおり、事故調査の検討が進む見通しだ。
 会見では、福島県の畠副知事が「相互協力が可能となる協定の締結ができたことに感謝している。東日本大震災で大打撃を受けたいわゆる浜通り地域の再生を通じて、地方創生のモデルにしたい」とあいさつした。JUAVの坂口会長は「2004年に設立した国内で最初の産業用無人機の団体としてこれまでの蓄積を安全確保につなげたい」と抱負を述べた。またJUIDAの鈴木理事長は「知見を集めるためにわざと不具合を起こし、そのデータを取得することが可能になることを歓迎したい」と述べた。
 福島県などは今後、機体、操縦、運用、運航管理の認証方法、認定、検定手法を具体化させ、公開していく方針だ。

協定の意義について説明するJUIDAの鈴木真二理事長(左)と福島畠利行副市長(中)、JUAVの阪口晃敏会長。

この記事のライター

関連するキーワード


福島県 JUAV JUIDA JUTM

関連する投稿


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

 一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドローンユーザーの安全な飛行を支援するため、ドローン飛行支援地図サービスと保険をセットにした「SORAPASS care」を12月5日に発売した。保険は業務用、ホビー用のいずれにも対応する。


ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

 ドローンの国際標準策定を目指す国際標準化機構(ISO)総会「ISO/TC20/SC16」が日本で開幕し、26日から議論が始まった。30日まで各国の委員が分野ごとに意見を交換する。26日には一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)がレセプションパーティーを開催し、シンガーSaashaが歌で会場を盛り上げた。


国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

国内初 ドローンで補助者なし「目視外」荷物輸送 福島 郵便局間9キロを16分【動画】

日本郵便は7日、小型無人機「ドローン」を使った荷物輸送を福島県内の郵便局間で行った。操縦者が機体を視認できない範囲で運行する「目視外飛行」で、補助者をつけず航行したのは国内では初めて。南相馬市と浪江町の郵便局間の約9キロを、16分で飛行した。


JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

JUIDA、来春にジュニアライセンス導入 「認定スクールフェスタ」で発表 ドローン市場拡大へ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は31日、「認定スクールフェスタ2018」を開催し、2019年にドローン操縦の技能に応じて級が授与される「技能テスト」を導入すると発表した。7歳から16歳未満の若年層向けには「UASジュニアパイロット」も設定し、今後、ドローン人口拡大に取り組みを本格化させる。


最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。