【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


産業利用が進むドローンにはセキュリティ対策が急務

 春原氏は、セキュアドローン協議会の活動について触れた後、同協議会のサイトから無料で配布を開始した「ドローンセキュリティガイド」策定の目的について語った。春原氏によれば「機体や操縦に認証など、ドローンのセキュリティの基礎となる指針を示し、現時点で対策や実装が可能なものや、今後に対策や実装が必要となるもの」について、ドローンセキュリティガイドでは提言しているという。

 その主な内容は、以下のようになる。
・ドローンのセキュリティ概要
・ドローンのセキュリティリスク分析
・ドローンのサイバー攻撃
・ドローン操縦者・管理者/機体の認証
・データセキュリティ
・業務運用に関する注意点

 産業用ドローンを安全に業務で利用するためには、データの保護や安全な通信手段の確立に、各種のセキュリティ対策が必要になる。もしも、セキュリティ対策が不十分では、ドローンの操縦を第三者に乗っ取られたり、撮影した画像データなどを盗み出される危険がある。IoT機器として利用するドローンを考えるときに、PCやスマートフォンなどで行われている各種のセキュリティ対策が、同様に求められると春原氏は提唱する。その具体例として、セキュリティ対策ソフトを開発しているカスペルスキー社がネットで公開しているドローンのプロポをハッキングする動画が紹介された。また「DJIがハッキングコンテストを開催したら、その内容が重大過ぎて、開示できなくなるという事例もあります」と春原氏は、現在のドローンがいかにセキュリティ面で脆弱かを訴える。そして、現状の産業用ドローンがセキュリティ対策において不十分な状況にある背景について、春原氏は「これまでのドローンは、善意で飛ばしている人が多かったからだ」と分析する。しかし、これからは「悪意を前提として、ハッキングや乗っ取りにデータ漏えいなどの対策に取り組まなければ、安全なドローンの運用を実現できない」という。
 セキュアドローン協議会では、「ドローンセキュリティガイド」をサイトから無料でダウンロードできるようにして、日本の産業用ドローンに向けたセキュリティ対策への取り組みを支援していく。

一般社団法人セキュアドローン協議会の春原久徳会長

セキュアドローン協議会のサイト
https://www.secure-drone.org/

この記事のライター

関連する投稿


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半のパネルディスカッションには、上川農業改良普及センターの近藤睦氏が、データの利活用の可能性について触れた。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半は、代表理事の春原久徳会長がモデレーターを務めたパネルディスカッションが行われた。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。特別講演に続いて、田上利博事務局長が登壇し、ドローンを活用した精密農業の成果を報告した。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

ドローン・コンサルティング事業を手がける株式会社トルビズオン(福岡市中央区)は、福岡市内で、開発者向けの「ドローンソフトウェア開発概要講座」を2月13日に開催する。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。