すべての飛行ログを取得できる中国製ドローンをブルーイノベーションが販売

すべての飛行ログを取得できる中国製ドローンをブルーイノベーションが販売

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:熊田貴之)は、Shaenzen AEE Technology CO.,LTD(本社:中国深圳、董事長:張叶)の製造するドローンに、独自のアプリを開発し、パイロット教育などに活用できる「パイロット支援システム」を発表した。


AEEドローンを手にするブルーイノベーション株式会社の熊田貴之代表取締役社長(左)

プロポの操作ログも取得できる充実のフライト解析を実現

詳細なフライトログを記録しサーバーに保管して解析できる

 「パイロット支援システム」として販売されるAEEドローンは、4K動画を撮影できる脱着式の3軸ジンバル式カメラを搭載したクアッドコプター。最大速度は15m/s、高度は4,000mまで上昇できる性能を備え、1,700gの機体重量で20分の飛行ができる。GPSのホバリング精度は0.3m~3.0m。屋内での飛行を可能にするビジョンポジショニング用のカメラやセンサーを機体の底面に備えている。ただし、障害物などを検知する機能はない。
 AEEドローンには、日本で独自に開発された操作用のアプリが提供される。専用アプリは、ドローンのオートパイロットや撮影方法などを設定できるだけではなく、フライトに関するあらゆるデータを取得し、保存し、解析できる仕組みも提供する。具体的には、フライト中の緯度や経度にGPS信号と機体の傾き、さらにはプロポにある二本のステックの操作ログも記録する。その結果、飛行後にAEEドローンがどのように操縦され、どのように飛行したかを詳細に分析できる。他社の閉鎖的なアーキテクチャでは入手できない飛行や操作データを記録することで、パイロット自身がドローンの操縦履歴を詳細に分析できるようになる。さらに、ドローンスクールや企業のパイロット研修などに活用すれば、フィードバック型の効果的な教育も実現する。
 「パイロット支援システム」は、AEEドローンと専用アプリに、3軸カメラを取り外して使える専用ステックもセットにして、5月初旬から20万円前後の価格で販売する予定。また、3月 22 日から 24 日まで幕張メッセで開催されるJapan Drone展でも展示される。

プロポのスティック操作まで記録できるのでパイロットの教育ツールとしての効果も期待できる

この記事のライター

関連する投稿


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。


ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

トンネル、ダクト等、狭小空間に最適な”Elios”による、スピーディーで安全な点検業務を実現。


【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

 3月24日まで千葉・幕張メッセで開かれていたJapan Drone 2018では期間中毎朝、来場者が入場する前にひときわ元気な声が響き渡るブースがあった。JUIDAを運営するドローンプラットフォーム会社、株式会社ブルーイノベーションのブースだ。


ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、Flyability SA社(スイス、ローザンヌ)と業務提携し、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」を採用、機体の販売や屋内点検分野での新たなソリューション・サービスなどを展開すると3月20日、発表した。


ブルーイノベーションが業務資本提携 ロボット制御によるソリューションを強化

ブルーイノベーションが業務資本提携 ロボット制御によるソリューションを強化

 ブルーイノベーション株式会社は、ビルメンテナンスの大成株式会社と、投資ファンドを引受先に,、第三者割当増資を実施したと発表した。投資ファンドに関わる国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、大成とは業務提携も締結。一連の資本業務提携を機に今後はドローンを含め複数のロボット制御によるサービスに力を入れる。


最新の投稿


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。