世界のUTM市場は2026年に36億2千万ドルに成長するとBISリサーチが予測

世界のUTM市場は2026年に36億2千万ドルに成長するとBISリサーチが予測

米国ミネソタ。2018年3月14日。調査会社のBISリサーチ(ミネソタ州エディナ)は、最新の調査レポートで、UTM(UAS航空管制システム)市場が、2026年に36億2千万ドル(約3,900億円)に成長するという予測を発表した。


ドローンのサービスサプライヤがUTM市場の中心を担う

 UASの航空管制システム(UTM)市場に関与する主要な利害関係者は、UASサービスサプライヤ(USS)、商用ドローンオペレータ、通信システムプロバイダ、データサービスプロバイダ、法執行機関、航空ナビゲーションサービスプロバイダ(ANSP)になる。すべてのステークホルダーの中で、UASサービスサプライヤの役割はUTMシステム市場の中心的役割を担う。分析によれば、完全なUTMの運用が可能になると、グローバルでのUTM市場は、2026年までに30億ドル以上の収益を生み出す可能性があるという。
 BISリサーチのレポートは、さまざまなステークホルダーと地理に関する世界的なUTM市場を調査している。この調査は、2016年から2026年までの世界の商業用ドローン市場分析と予測をベースにしている。また、この調査ではUTM市場の現在および将来の動向とともに、成長に影響を及ぼす主要な要因にも触れている。さらに、UTM市場の詳細な調査と、市場の推進要因、制約、成長機会、および課題も提示している。この他にも、ステークホルダー分析を通じたUTM業界動向の詳細と、特許分析や主要企業との製品マッピング、主要な市場の動向と市場における主要プレーヤーの戦略に焦点を当てた詳細な競争分析も行われている。そして、各国でのドローンに関する規制や、UTMの今後の収益性についての全体像も分析している。対象となる地域は、北米、欧州、アジア太平洋およびその他すべてを含む。ヒアリングした企業は、3D Robotics、AirMap、Airware、Altitute Angel、Analytical Graphic、Inc.、DeDrone、DJI Innovations、Gryphon Sensors、Kittyhawk.io、Microdrones、PrecisionHawk、SenseFly、Skyward.io、Unifly、vHiveなどを含む15社に及ぶ。

レポート:
https://bisresearch.com/industry-report/global-uas-traffic-management-system-market.html

この記事のライター

関連するキーワード


BISリサーチ UTM市場予測

最新の投稿


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。