世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


4機のドローンをモバイル通信ネットワークで遠隔制御

デモフライトするプロドローン製の俯瞰ドローン(左)と巡回ドローン=3月15日、神奈川県相模原市のさがみ湖プレジャーフォレスト(渡辺照明撮影)

 広域警備の実験は、神奈川県相模原市のさがみ湖プレジャーフォレストで公開された。45万坪の敷地に、リフトや超高層ジャングルジムなどのアトラクションと天然温泉施設などのあるリゾート型遊園地で、広い敷地を複数のドローンに取り付けたカメラで監視し警備する様子が紹介された。今回の実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進するロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)の一環。プロジェクトの本テーマは、無人航空機の運航管理システムおよび衝突回避技術の開発。開発期間は3年間で、今回の実験は初年度の成果報告も兼ねている。実験に参加したKDDI、テラドローン、セコムは、警備業務に対応した運航管理機能の研究開発というテーマを掲げている。KDDIは、プロドローン製の機体に4G LTE通信装置などを取り付け、モバイル通信ネットワークによる遠隔制御を実現した。テラドローンは、運航管理システム(UTM)を開発し、複数のドローンが同時に自律飛行する運航管理や、ドローンに取り付けたカメラを遠隔操作する技術を提供した。そしてセコムは、施設の「セキュリティ」を確保するために、複数のドローンから得られた監視映像をモニタリングして、園内の不審者を発見し警告する役割を担った。実験では、4機のドローンがテラドローンのUTMで遠隔操作されて、園内の2か所を警備目的で飛行した。

俯瞰ドローン(左)にはキヤノン製の超高感度カメラを搭載、巡回ドローン(右)にはズームができるカメラ、LEDライト、警告ができるスピーカーが搭載され約20Kgの重量となった。

ドローンの高低差を制御して「俯瞰」と「巡回」を分担

モニタリングのデモでは、俯瞰ドローンが不審者を発見しオペレーターが巡回ルートを変更(左)、巡回ドローンが駆けつけて警告を発した(右)。

 実験で飛行した4機のドローンは、高い高度から施設全体を「俯瞰」して監視する役割を担う2機と、低い高度で地上の様子を詳細に捉え不審者に警告などを発する「巡回」の2機に、役割が分担されていた。テラドローンのUTMは、高度差も遠隔で制御できるシステムになっている。また、TERRA UTMの提供するAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)の連携技術により、セコムが開発した警備アプリケーションの画面からドローンに取り付けたカメラの遠隔操作も可能にしている。具体的には、カメラの角度を変えたり、ズーム機能があるレンズでは倍率を設定するなどの操作をタブレットのタッチだけで指示できる。そして、ドローンが撮影した映像は、KDDIが構築したドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を介して、リアルタイムでモニタリングされた。
 公開された実験のシナリオでは、「俯瞰」ドローンが広い園内から不審な動きをする人物を発見すると、「巡回」ドローンの飛行ルートをマニュアルで設定して、不審者の近くまで移動させ「あなたの行動はすべて画像に記録されています。すぐに犯行をやめなさい」という警告をスピーカーから発した。
 今回の複数ドローンによる広域の警備が実用化されれば、不審者の発見や注意喚起だけではなく、不審火の発見や夜間の警備など、セキュリティ強化につながる。DRESSプロジェクトの残り2年間で、3社は協力して実用化に向けた研究開発と実験を続けていく。

4機のドローンが高低差で2つの役割を担う

この記事のライター

関連する投稿


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

KDDIが虎ノ門にビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」をオープン

2018年9月5日。通信キャリアのKDDIは、法人営業を強化するために東京の虎ノ門に5G/IoT/AIやドローンなどのテクノロジーを大企業とマッチングするビジネス開発拠点の「KDDI DIGITAL GATE」を開設した。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。