世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


4機のドローンをモバイル通信ネットワークで遠隔制御

デモフライトするプロドローン製の俯瞰ドローン(左)と巡回ドローン=3月15日、神奈川県相模原市のさがみ湖プレジャーフォレスト(渡辺照明撮影)

 広域警備の実験は、神奈川県相模原市のさがみ湖プレジャーフォレストで公開された。45万坪の敷地に、リフトや超高層ジャングルジムなどのアトラクションと天然温泉施設などのあるリゾート型遊園地で、広い敷地を複数のドローンに取り付けたカメラで監視し警備する様子が紹介された。今回の実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進するロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)の一環。プロジェクトの本テーマは、無人航空機の運航管理システムおよび衝突回避技術の開発。開発期間は3年間で、今回の実験は初年度の成果報告も兼ねている。実験に参加したKDDI、テラドローン、セコムは、警備業務に対応した運航管理機能の研究開発というテーマを掲げている。KDDIは、プロドローン製の機体に4G LTE通信装置などを取り付け、モバイル通信ネットワークによる遠隔制御を実現した。テラドローンは、運航管理システム(UTM)を開発し、複数のドローンが同時に自律飛行する運航管理や、ドローンに取り付けたカメラを遠隔操作する技術を提供した。そしてセコムは、施設の「セキュリティ」を確保するために、複数のドローンから得られた監視映像をモニタリングして、園内の不審者を発見し警告する役割を担った。実験では、4機のドローンがテラドローンのUTMで遠隔操作されて、園内の2か所を警備目的で飛行した。

俯瞰ドローン(左)にはキヤノン製の超高感度カメラを搭載、巡回ドローン(右)にはズームができるカメラ、LEDライト、警告ができるスピーカーが搭載され約20Kgの重量となった。

ドローンの高低差を制御して「俯瞰」と「巡回」を分担

モニタリングのデモでは、俯瞰ドローンが不審者を発見しオペレーターが巡回ルートを変更(左)、巡回ドローンが駆けつけて警告を発した(右)。

 実験で飛行した4機のドローンは、高い高度から施設全体を「俯瞰」して監視する役割を担う2機と、低い高度で地上の様子を詳細に捉え不審者に警告などを発する「巡回」の2機に、役割が分担されていた。テラドローンのUTMは、高度差も遠隔で制御できるシステムになっている。また、TERRA UTMの提供するAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)の連携技術により、セコムが開発した警備アプリケーションの画面からドローンに取り付けたカメラの遠隔操作も可能にしている。具体的には、カメラの角度を変えたり、ズーム機能があるレンズでは倍率を設定するなどの操作をタブレットのタッチだけで指示できる。そして、ドローンが撮影した映像は、KDDIが構築したドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を介して、リアルタイムでモニタリングされた。
 公開された実験のシナリオでは、「俯瞰」ドローンが広い園内から不審な動きをする人物を発見すると、「巡回」ドローンの飛行ルートをマニュアルで設定して、不審者の近くまで移動させ「あなたの行動はすべて画像に記録されています。すぐに犯行をやめなさい」という警告をスピーカーから発した。
 今回の複数ドローンによる広域の警備が実用化されれば、不審者の発見や注意喚起だけではなく、不審火の発見や夜間の警備など、セキュリティ強化につながる。DRESSプロジェクトの残り2年間で、3社は協力して実用化に向けた研究開発と実験を続けていく。

4機のドローンが高低差で2つの役割を担う

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

テラドローン株式会社が、開発・販売するドローン測量画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」が、i-Construction型 出来形管理対応ソフトウェアとして写真測量ソフトウェアだけでなく、点群処理ソフトウェアとしても認定された。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDIは、東京大学、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、6月8日、災害救助や撮影サービスなどに活用できる次世代移動通信システム5Gからのリアルタイム4K映像伝送実験に成功したと発表した。


Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

テラドローン株式会社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(通称「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」に認定された。


最新の投稿


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。