世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


4機のドローンをモバイル通信ネットワークで遠隔制御

デモフライトするプロドローン製の俯瞰ドローン(左)と巡回ドローン=3月15日、神奈川県相模原市のさがみ湖プレジャーフォレスト(渡辺照明撮影)

 広域警備の実験は、神奈川県相模原市のさがみ湖プレジャーフォレストで公開された。45万坪の敷地に、リフトや超高層ジャングルジムなどのアトラクションと天然温泉施設などのあるリゾート型遊園地で、広い敷地を複数のドローンに取り付けたカメラで監視し警備する様子が紹介された。今回の実験は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進するロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト(DRESSプロジェクト)の一環。プロジェクトの本テーマは、無人航空機の運航管理システムおよび衝突回避技術の開発。開発期間は3年間で、今回の実験は初年度の成果報告も兼ねている。実験に参加したKDDI、テラドローン、セコムは、警備業務に対応した運航管理機能の研究開発というテーマを掲げている。KDDIは、プロドローン製の機体に4G LTE通信装置などを取り付け、モバイル通信ネットワークによる遠隔制御を実現した。テラドローンは、運航管理システム(UTM)を開発し、複数のドローンが同時に自律飛行する運航管理や、ドローンに取り付けたカメラを遠隔操作する技術を提供した。そしてセコムは、施設の「セキュリティ」を確保するために、複数のドローンから得られた監視映像をモニタリングして、園内の不審者を発見し警告する役割を担った。実験では、4機のドローンがテラドローンのUTMで遠隔操作されて、園内の2か所を警備目的で飛行した。

俯瞰ドローン(左)にはキヤノン製の超高感度カメラを搭載、巡回ドローン(右)にはズームができるカメラ、LEDライト、警告ができるスピーカーが搭載され約20Kgの重量となった。

ドローンの高低差を制御して「俯瞰」と「巡回」を分担

モニタリングのデモでは、俯瞰ドローンが不審者を発見しオペレーターが巡回ルートを変更(左)、巡回ドローンが駆けつけて警告を発した(右)。

 実験で飛行した4機のドローンは、高い高度から施設全体を「俯瞰」して監視する役割を担う2機と、低い高度で地上の様子を詳細に捉え不審者に警告などを発する「巡回」の2機に、役割が分担されていた。テラドローンのUTMは、高度差も遠隔で制御できるシステムになっている。また、TERRA UTMの提供するAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)の連携技術により、セコムが開発した警備アプリケーションの画面からドローンに取り付けたカメラの遠隔操作も可能にしている。具体的には、カメラの角度を変えたり、ズーム機能があるレンズでは倍率を設定するなどの操作をタブレットのタッチだけで指示できる。そして、ドローンが撮影した映像は、KDDIが構築したドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」を介して、リアルタイムでモニタリングされた。
 公開された実験のシナリオでは、「俯瞰」ドローンが広い園内から不審な動きをする人物を発見すると、「巡回」ドローンの飛行ルートをマニュアルで設定して、不審者の近くまで移動させ「あなたの行動はすべて画像に記録されています。すぐに犯行をやめなさい」という警告をスピーカーから発した。
 今回の複数ドローンによる広域の警備が実用化されれば、不審者の発見や注意喚起だけではなく、不審火の発見や夜間の警備など、セキュリティ強化につながる。DRESSプロジェクトの残り2年間で、3社は協力して実用化に向けた研究開発と実験を続けていく。

4機のドローンが高低差で2つの役割を担う

この記事のライター

関連する投稿


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI株式会社 (東京都千代田区) は、産業用ドローンを開発・製造する株式会社プロドローン (愛知県名古屋市) と追加出資に関する資本提携、業務提携契約を締結した。これによりプロドローンは、KDDIの持分法適用関連会社となった。


セコムとパスコ、自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」による 「シカ食害対策」の実証実験を開始

セコムとパスコ、自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」による 「シカ食害対策」の実証実験を開始

セコム株式会社(東京都渋谷区)とグループ会社で地理情報サービス事業を行う株式会社パスコ(東京都目黒区)は、社会問題となっている野生鳥獣による農作物被害を減少させるため、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用したシカ食害対策の実証実験を4月から開始すると発表した。


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。