エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


災害発生時の広域・迅速な被災状況把握に向けて国家戦略特区の福岡市で実験

 エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、長距離・高速飛行が可能な垂直離着陸機(VTOL機)と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。

実験に使用した VTOL機

 2005 年に発生した福岡県西方沖地震以降、福岡市では災害発生時に遠方にある離島の被災状況を迅速に把握 することが課題となっている。
 今回の実験でドコモは、ドローンに積載可能な小型・軽量の LTE 通信デバイスと、機体の位置や飛行速度の 遠隔監視および機体に搭載したカメラ映像のリアルタイム伝送を可能にするシステムを開発した。
 LTE 通信デバイ スをエアロセンスの開発した VTOL機 に搭載、福岡市の九州本島と玄界島との間の海上飛行航路を想定した飛 行実験を平均速度約 90km/h で飛行させ、VTOL機 の飛行状況と玄界島の映像を LTE ネットワーク経由でリアルタイム に専用サーバへ伝送する技術を実証することに成功した。
 VTOL機 は長距離・高速飛行が可能なため、現在広く利用されているマルチコプター機では到達困難な 10km 以 上遠方へ飛行できるとともに、約3倍早く目的地へ到達できる。さらに、ドローン用 LTE 通信デバイスを搭載 することで、LTE サービスエリア内であればドローンの場所によらずリアルタイム映像伝送が可能となった。この防 災インフラを提供することで、災害発生時の人命救助をより広域、かつ、迅速に行うことが可能となる。

実証実験概要

1. 実験内容
VTOL とドローン用 LTE 通信デバイスを活用した遠隔監視と広域リアルタイム映像伝送による 新たな防災インフラの検証

2.実験場所
福岡市の玄界島周辺

3.実証実験イメージ

4.実証実験に使用したドローンの遠隔監視・映像伝送システム ドコモが遠隔監視・映像確認システムを新たに開発し、株式会社アプトポッドに同社の高速 IoT フレームワーク 技術を採用した試作システムの開発・製造を委託。

5.実験機材の写真

ドローン用 LTE 通信デバイス

遠隔監視・映像伝送システムの画面

【問い合わせ先】
エアロセンス株式会社(www.aerosense.co.jp) 東京都文京区小石川五丁目 41 番 10 号
TEL: 03-3868-2551、Email: contactus@aerosense.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、弊社が開発・製造・販売している産業用ドローンAEROBO(AS-MC03)の購入者を対象に、第三者への法律上の賠償責任保険(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社)を自動付帯での提供を開始した。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


スイス発、最大55分の飛行が可能なVTOLドローン

スイス発、最大55分の飛行が可能なVTOLドローン

Wingtra(スイス)社が2017年から販売を開始したVTOLドローンのWingtraOneは、測量や地図の作成に特化し、最大で55分の飛行と自律飛行により最大50kmのエリアをカバーする。


Coaido、Swift XiのVTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像公開

Coaido、Swift XiのVTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像公開

Coaido(コエイド) 株式会社は、スウィフト・エックスアイ株式会社が主催し、神戸市がサポートするVTOL(垂直離陸)型ドローン「Swift020」のデモンストレーション(7月21日、神戸市のメリケンパーク)に参加し、次世代救命アプリ「Coaido119」連携の訓練を実施した。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。