スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

スカイシーカーがドローンを活用した冬季の火山噴火対応訓練に協力

岩手県警察と関係機関の連携による冬期噴火災害対応訓練を、岩手県の八幡平リゾートパノラマスキー場で実施した。今回の訓練は国内初となる冬季の火山噴火を想定した もので、ドローンを使用するにあたり、 株式会社佐藤興産・ドローンショップ仙台・株式会社スカイシーカーが協力機関として参加した。


赤外線カメラ搭載ドローンで負傷者を救出

 岩手県警察と関係機関の連携による冬期噴火災害対応訓練が、岩手県の八幡平リゾートパノラマスキー場で、2月19日、実施された。今回の訓練は本訓練は、 平成30年1月23日に発生した12人が死傷を出した草津白根山の噴火を受け、国内初となる冬季の火山噴火を想定した もので、一般社団法人岩手県ドローン協会・八幡平リゾート株式会社・岩手県警察・東北管区警察局岩手県情報通信部の計60名ほどが参加して行われた。ドローンの運用では、 株式会社佐藤興産・ドローンショップ仙台・株式会社スカイシーカーが協力した。

 訓練は、 岩手山西側の黒倉山周辺で水蒸気爆発が起き、 多数の噴石が飛散し、 約2.5キロ離れた八幡平リゾートパノラマスキー場山頂駅周辺で、 負傷者が発生したという想定で行われた。
 負傷者を救助するため、ドローンには赤外線カメラを搭載し、情報集約訓練や映像配信・避難誘導訓練・スノーモービルを活用した救出救助訓練等を行った。

 赤外線カメラを搭載したドローンにより空からのリアルタイム映像を配信することで、 負傷者や現場の状況を複数名でシームレスな情報共有が可能となる。 また、 対策本部で配信された映像を見ながら、 管理者はドローンパイロットに直接指示を送ることもできる。

成果と今後の課題

 今回の訓練で避難誘導や負傷者救助はスムーズに進行したが、 噴石飛散時の情報収集の難しさが課題となり、 負傷者の位置関係の見極めが難しいとの意見があった。
 また、 ドローンについてはカメラの有効性は確認できたが、 風速約12 mの風が吹いていた上空約40mでは、 ドローンの飛行は非常に困難だった。
 今回初めて災害対応訓練に参加した岩手県ドローン協会は、今後、 飛行高度の課題を解消すべく運用の精度を高めることを目標とした。

訓練で使用した機材

・DJI社製ドローン「MATRICE 210」
数種のカメラジンバルが搭載可能な高性能産業用ドローン。
防水・防塵に加え、 デュアルバッテリーシステムを採用しており、 氷点下での飛行も可能。

・赤外線カメラ「Zenmuse XT」
50mkの感度を持つ精密で高速な空撮高性能赤外線カメラ。

・ズームカメラ「Z30」
詳細な点検・検査に最適な光学30倍ズームカメラ。

・最新映像伝送システム(ビデオ会議システム)
最新のビデオ会議システムで、 ドローンのリアルタイム空撮映像を複数拠点で共有可能。
(株)スカイシーカーで取扱中。

株式会社スカイシーカー

<事業内容>
1. 産業用ドローンの販売・レンタル事業
DJI社製の産業用ドローンの販売や屋外用蓄電池の販売を行なっているほか、 産業用ドローンのレンタル事業も行っている。

2. 調査・分析・コンサルティング事業
ドローンを活用した野生鳥獣調査やそこで得たデータからの画像解析や生息域のマッピングを行なっている。
その他、 集落環境調査や災害対策調査等も行なっている。

3. パイロット育成事業
ドローン操縦者育成プログラムやドローン技能検定をとおして、 ドローンの正しい知識と操縦スキルを有した人材を育成し、 ドローン・ビジネスにおいて第一線級の活躍が可能な人材の育成を手がけていく。
初心者向けからプロ向けの講習を幅広く実施している。

HPはこちら: http://skyseeker.jp/

関連企業団体

株式会社スカイシーカー
http://skyseeker.jp/

一般社団法人岩手県ドローン協会
http://droneiwate.or.jp/

株式会社 佐藤興産
http://www.sato-im.com/

ドローンショップ仙台
http://ds-sendai.jp/

この記事のライター

関連する投稿


ソフトバンク C&S、「DroneDeploy テクニカル講習セット」提供開始  スカイシーカーが第1回講習

ソフトバンク C&S、「DroneDeploy テクニカル講習セット」提供開始  スカイシーカーが第1回講習

ソフトバンクC&Sが、ドローン本体(DJI PHANTOM 4 PRO V2.0)、周辺機器、賠償責任保険に加え、ドローン向け商用クラウドサービスDroneDeploy(ドローンデプロイ)とその使い方講習をセットにした「DroneDeploy テクニカル講習セット」の提供を開始。スカイシーカーが第1回講習開催。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーは、ドローンを使った災害対応で、5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験を、4月26日、あきる野市(東京都)で実施した。


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。