空のタクシーCoraがニュージーランドで試験飛行に成功

空のタクシーCoraがニュージーランドで試験飛行に成功

Googleの共同設立者のLarry Pageのサポートを受けているKitty Hawk社(米国)は、ニュージーランドで空飛ぶタクシーのCoraの飛行に成功したと発表した。


Coraは左右の翼に合計で12個のプロペラがあり垂直に離着陸できる

150kmの速度で100kmまで飛行できる有人ドローンCora

離陸後は機体後尾の主プロペラだけで水平飛行が可能

 飛行試験の動画を公開したKitty Hwak社のCoraは、垂直離着陸用のプロペラと水平飛行用のプロペラを搭載した有人ドローン。米国での試験飛行や実用化には時間がかかると判断した同社は、ニュージーランドでZephyr Airworksという運営企業を通して、実証実験に取り組んできた。そして、2018年3月12日にYouTubeに試験飛行の動画を公開した。
 公開された動画の情報によれば、Coraは時速150kmでの飛行が可能で、100kmまでの距離を飛べるという。100%の電気で稼働し、2050年にゼロエミッションを目指すニュージーランドも、Coraによる空のタクシーの実現に期待を寄せている。
 Kitty Hwak社のCEOを務めるセバスチャン・スラン氏は、Google X Labの創業者でAIやロボットに自動運転などの研究に取り組んできたキャリアを持つ。Googleでは、NASAと協力してUTMの開発に取り組むなど、ドローン関連の技術も推進しているが、Kitty HwakはGoogleの共同設立者のLarry Pageがサポートするスタートアップ企業。現在も、同社のサイトではCora関連のエンジニアやパイロットなどを広く募集している。

Kitty Hwak社のCEOを務めるセバスチャン・スラン氏

この記事のライター

関連する投稿


ドローン配送を目指すProject Wingが新たな機体を公開

ドローン配送を目指すProject Wingが新たな機体を公開

GoogleのProject Xから卒業して、現在はアルファベット参加の独立企業としてドローン配送事業を目指すXウイング社は、アムステルダムで開催されたドローン・ウィークで、Project Wingの最新モデルを公開した。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。


NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

米国時間の6月9日から、NASAはFAAと協力して「技術能力レベル2(TCL2)ナショナルキャンペーン」を実施した。米国の6つのサイトで、最新の無人航空機システム(UAS)の飛行管制(UTM)技術のテストを行った。


Googleのドローン配送計画、事業部門縮小へ

Googleのドローン配送計画、事業部門縮小へ

 Googleのドローン配送プロジェクト「プロジェクトウイング(Project Wing)」が暗礁に乗り上げているという。8日、ブルームバーグなど海外メディアは、プロジェクトウィングへの人材補充が凍結され、もとの人員も他部門へ配置されはじめていると報じた。


ドローンでブリトー配達をテスト中 米「プロジェクトウィング」が、バージニア工科大で

ドローンでブリトー配達をテスト中 米「プロジェクトウィング」が、バージニア工科大で

 メキシコ料理のブリトーをドローンが運ぶ姿が、米バージニア工科大で目撃され、その動画が話題を呼んでいる。ブリトー配達については、英グーグル系の「プロジェクトウィング」(Project Wing)がテストの意向を表明しており、目撃された動画も、そのテストシーンとみられている。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。