IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

ベルギーでドローンの飛行管理システム(UTM)プラットフォームを開発するUnifly社は、デンマークでANSP CAA認定ライセンスを所有するIntegra Aviation Academy社と協力して、ドローンが空港周辺で安全に操作できる環境を整備すると発表した。


米国のLAANCに対する欧州版の飛行管制システムを目指す

 米国のFAA(連邦航空局)は、今年から空港近くの制御された空域でドローンを飛行できるようにするために、LAANC(Low Altitude Authorization and Notification Capability:低空域の許可と通知機能)に取り組んでいる。LAANCには、米国AirMapやSkywardにRockwell Collins、そしてGoogleの推進するProfect Wingなどが、認証サービスのサプライヤとして認定されている。
 今回、Integra Aviation AcademyとUniflyが発表した飛行管制システムの開発は、このLAANCよりも空港周辺での安全性に配慮した取り組み。UniflyのMark Kegelaers CEOは「空港とその周辺は、有人の航空機と無人のドローンが安全に共存するためには、非常に特殊で脆弱な分野です。すべてのステークホルダーが常に状況を認識できるように、リアルタイムで監視し通信する成熟したシステムが必要です。これは、安全な方法でドローンのトラフィックを統合する唯一の方法です。Integra Aviation Academyは、数十年の航空経験を持ち、空港周辺を含む安全な空域を確保する上で理想的なパートナーです。我々はIntegra Aviation Academyと協力して、飛行場付近の空域の安全に向けたステップを踏み出すことができて、非常に嬉しく思っています」と話す。
 またIntegra Aviation AcademyのMichael Niels Thorsen CEOは「UTMプラットフォームは、空港の近くで有人航空とドローンのギャップを埋める重要なシステムです。現時点では、大きな費用と資源を必要とすることなく、空港の近くまたは周辺でドローンを飛ばすことは困難です。UTMソリューションを使用することで、空港はドローンを検出、監視、文書化、追跡することにより、ドローンの操作を制御および管理できます。Uniflyは、安全な空域の必要性を補完する技術的な専門知識が豊富で、共同での開発に最適です」と述べる。

マドリードで開催されたWorld ATM Congressの会場で握手する
Integra Aviation AcademyのMichael Niels Thorsen CEO(左)
UniflyのMark Kegelaers CEO(右)

この記事のライター

関連する投稿


HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

深セン、中国 - 2018年6月11日 - 通信大手のHuawei Technologies Co.、Ltd(中国)とドローン管制システムのUnifly NV(ベルギー)は、UASトラフィック管理(UTM)システムの分野で協力する覚書に署名した。覚書では、研究開発とUTM市場に共同でアプローチする。


JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

米国コロラド州、5月1日。エンタープライズドローンオペレーションソフトウェアのKittyhawk(米国サンフランシスコ)は、航空ナビゲーションシステムを提供するJeppesen(米国コロラド)と協力して、KittyhawkのプラットフォームでLAANC申請の提供をFAAから認可されたと発表した。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

欧米でドローンの展示会やニュースを発信しているCOMMERCIAL UAV EXPO社が、2018年の産業用ドローン市場に対する8つの予測を発表した。後編では、残る4つの予測と日本市場について考察する。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。