IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

ベルギーでドローンの飛行管理システム(UTM)プラットフォームを開発するUnifly社は、デンマークでANSP CAA認定ライセンスを所有するIntegra Aviation Academy社と協力して、ドローンが空港周辺で安全に操作できる環境を整備すると発表した。


米国のLAANCに対する欧州版の飛行管制システムを目指す

 米国のFAA(連邦航空局)は、今年から空港近くの制御された空域でドローンを飛行できるようにするために、LAANC(Low Altitude Authorization and Notification Capability:低空域の許可と通知機能)に取り組んでいる。LAANCには、米国AirMapやSkywardにRockwell Collins、そしてGoogleの推進するProfect Wingなどが、認証サービスのサプライヤとして認定されている。
 今回、Integra Aviation AcademyとUniflyが発表した飛行管制システムの開発は、このLAANCよりも空港周辺での安全性に配慮した取り組み。UniflyのMark Kegelaers CEOは「空港とその周辺は、有人の航空機と無人のドローンが安全に共存するためには、非常に特殊で脆弱な分野です。すべてのステークホルダーが常に状況を認識できるように、リアルタイムで監視し通信する成熟したシステムが必要です。これは、安全な方法でドローンのトラフィックを統合する唯一の方法です。Integra Aviation Academyは、数十年の航空経験を持ち、空港周辺を含む安全な空域を確保する上で理想的なパートナーです。我々はIntegra Aviation Academyと協力して、飛行場付近の空域の安全に向けたステップを踏み出すことができて、非常に嬉しく思っています」と話す。
 またIntegra Aviation AcademyのMichael Niels Thorsen CEOは「UTMプラットフォームは、空港の近くで有人航空とドローンのギャップを埋める重要なシステムです。現時点では、大きな費用と資源を必要とすることなく、空港の近くまたは周辺でドローンを飛ばすことは困難です。UTMソリューションを使用することで、空港はドローンを検出、監視、文書化、追跡することにより、ドローンの操作を制御および管理できます。Uniflyは、安全な空域の必要性を補完する技術的な専門知識が豊富で、共同での開発に最適です」と述べる。

マドリードで開催されたWorld ATM Congressの会場で握手する
Integra Aviation AcademyのMichael Niels Thorsen CEO(左)
UniflyのMark Kegelaers CEO(右)

この記事のライター

関連する投稿


UniflyがBラウンドで約18.4億円を調達

UniflyがBラウンドで約18.4億円を調達

2018年12月22日 - ベルギー。ドローン運航管理プロバイダーのUniflyが、Bラウンドで合計1,460万ユーロ(約18.4億円)を調達し、これまでの総投資資金を2,100万ユーロ(約26.5億円)にしたと発表した。


米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

2018年12月3日-米国ワシントンDC。NASAに協力してUTMソリューションを開発しているANRA TECHNOLOGIES(米国)は、そのテクノロジーを英国に展開すると発表した。


HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

深セン、中国 - 2018年6月11日 - 通信大手のHuawei Technologies Co.、Ltd(中国)とドローン管制システムのUnifly NV(ベルギー)は、UASトラフィック管理(UTM)システムの分野で協力する覚書に署名した。覚書では、研究開発とUTM市場に共同でアプローチする。


JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

米国コロラド州、5月1日。エンタープライズドローンオペレーションソフトウェアのKittyhawk(米国サンフランシスコ)は、航空ナビゲーションシステムを提供するJeppesen(米国コロラド)と協力して、KittyhawkのプラットフォームでLAANC申請の提供をFAAから認可されたと発表した。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。