ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン荷物配送時代で活躍するドローン・オペレーターの育成を目指すドローン大学校“瀬戸内キャンパス"が5月13日に開講する。


 政府が掲げる「2020年代には都市でも安全な荷物配送を本格化させる」 という目標に向けて、新たなドローン物流プラットフォームが動き始めている。ドローン大学校では、700以上の島々が点在し、今後、ドローン物流が期待されている瀬戸内エリアに"瀬戸内キャンパス"を開校し、次世代ドローンパイロットの育成を目指す。

地元岡山県の企業、正文社印刷所とドローン大学校の共同開校

 昭和22年の創業以来、広島県福山市と岡山県笠岡市を拠点に、着実に事業規模を拡大してきた株式会社正文社印刷所は、社内に「瀬戸内ドローンプロジェクト」事業部を設置、以前からドローンパイロットの育成を目指し、ドローン大学校修了生3名が在籍するドローンビジネス企業。ドローン大学校“瀬戸内キャンパス"は、株式会社正文社印刷所とドローン大学校の協業により開校する。

〜 ドローン大学校 瀬戸内キャンパス 無料セミナー スケジュール 〜

❶ 4月15日(日)13:00~15:30 ❷ 17:00~19:30
❸ 4月16日(月)10:00~12:30 ❹ 14:00~16:30
❺ 4月24日(火)14:00~16:30 ❻ 19:00~21:30
❼ 4月25日(水)09:30~12:00

会場:まなびの館ローズコム(広島県福山市霞町1-10-1 TEL 084-932-7265)



ホームページ https://dronecollege.ac/setouchi/



【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

ドローン大学校 東京キャンパス

〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1
大手町ビル1F SPACES

電話 03-6865-8188
mail hi@dronecollege.ac

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい地区)が3月1日開催され、ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)や一般社団法人ドローン大学校などが出展した。4日まで。


CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市みなとみらい地区)で、3月1日〜4日に開催される。今年は過去最大となる128社・団体が出展、ドローン関連の出展やセミナーもある。ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)と一般社団法人ドローン大学校が出展する。


ドローン大学校が奨学金制度と特待生制度を3月から開始

ドローン大学校が奨学金制度と特待生制度を3月から開始

一般社団法人ドローン大学校は、 若年層ドローンパイロットと若年層ドローンビジネスマンの育成を目指し、 未成年入校生に9万円の奨学金を給付する奨学金制度と、 成績優秀な未成年入校生に対し、 毎期一名、 学費全額無料の特待生制度を開始する。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。