ボートショーの初日で完売した防水ドローンのSplash Drone Auto 3

ボートショーの初日で完売した防水ドローンのSplash Drone Auto 3

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」に出展したGATE SIDE MARINE株式会社(本社:沖縄県、CEO:門脇努)は、防水ドローンのSplash Drone Auto 3の展示販売を行い、初日で用意した在庫を完売した。


Phantom 4を水没させたユーザーが迷わず購入

ボートショー特価で完売したSplash Drone Auto 3

 Splash Drone Auto 3は、中国の深センに本社のあるSewllPro社が開発した防水ドローン。GATE SIDE MARINE社は、SwellPro社の日本総代理店として、Splash Drone Auto 3の輸入販売を行っている。ボートショーの会場で展示・販売されていた製品は、日本の技術適合認定マークを取得した正規品。Splash Drone Auto 3は、IP67の防水性能を備えたカメラと、水面に浮いている位置までの完全防水と、水深60cmまでの瞬間的な潜水にも対応する。最長フライト時間はは16分で、ジンバルとカメラを含んだ重量は2380g。飛行可能な最大重量は3,000gなので、ペイロードには約600gの余裕がある。
 Splash Drone Auto 3は、自社開発のフライトコントローラーとGPS/グロナスによるポジショニングシステムによる飛行が基本で、本体には障害物検知やビジョンポジショニングなどのセンサー類は搭載されていない。防水性能を優先して、バッテリーも機体上部のハッチのようなカバーを取り外して、ケーブルを接続して取り付ける構造になっている。それでも、水上からの離着陸が可能で、水没の心配がない機体設計は、ボートショーの来場者には魅力充分などローンとなった。展示コーナーで商品の説明を行っていたGATE SIDE MARINE社の門脇努CEOは「初日で用意してきたSplash Drone Auto 3は完売しました。お客様の中には、Phantom 4を水没させてしまった経験があり、ボートから飛ばして、釣りを楽しんでいる様子を撮影できるドローンを探していた、というケースもありました」と話す。
 現在Splash Drone Auto 3は、予約注文の受付中で、ジャパン・ドローン 2018での展示販売を計画している。

防水仕様のカバーを外してバッテリーを装填する

【Splash Drone Auto 3のスペック】
●機体
防水レベル 水面に浮いている位置まで完全防水。一瞬の潜水は水深60cmまで
重量 2380g(ジンバル、カメラ含む)
直径 450mm
最大上昇速度 4m/秒
最大降下速度 3m/秒
飛行最高速度 時速57.6km
最高上昇高度 海抜4,000m
飛行可能最大風速 7.5m/秒
ホバリング精度 ±1.5m
最長フライト時間 16分
飛行可能最大重量 3,000g
ポジショニングシステム 二重衛星 – GPS/グロナス
フライトコントローラー Swellpro S3
防水ブラッシュレスモーター #3510/620kv
ESC 40A

●ジンバル
防水性能 IP67
スタビライザーシステム 2軸ジンバル
垂直制御範囲 チルト-90°〜0°,
ジンバル精度 ±0.02°

●モニタ
周波数5645-5965MHZ
サイズ 5インチ 800X480ピクセル
光度 500cd/㎡

●カメラ
防水性能 IP67
イメージセンサー 1/2.3 CMOS, 1400M
レンズ 視野角106°, F/2.0
ISOレンジ 100〜1600
静止画サイズ 14M(4320×3240) 10M(3648×2736) 5M(2592×1944)
動画サイズ APP:1920×1080(30/60p) 1280×720(30/60p)、プロポ2880×2160 24p 2560×1440 30p 1920×1080(30/60p) 1280×720(30/60p)
最大ビデオビットレート 28000Kbps
静止画フォーマット JPEG,RAW,JPEG+RAW
動画フォーマット MOV MP4
SDカード microSDカード(クラス10以上またはUHF-1以上) 最大容量64GB

●バッテリー
タイプ 4sリポバッテリー/機体 2sリポバッテリー/プロポ
容量 4s 5200mAh  2s 1800mAh
電圧 4s 14.8V 2s 1800mAh
充電温度範囲 -10℃〜40℃

●リモートコントローラー
重量 660g
周波数 2405-2475MHZ
伝送距離 約1.0km
受信機感度 -105dbm
動作電流 160-300mAh
チャンネル数 10

この記事のライター

関連する投稿


PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」のメインステージで、PowerVision社(中国)が水中ドローンを披露した。マリンスポーツを楽しむボートオーナーの多くが、水中・水上ドローンに高い関心を示した。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。