PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

PowerVisonが水中・水上ドローンをボートショーのメインステージで披露

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」のメインステージで、PowerVision社(中国)が水中ドローンを披露した。マリンスポーツを楽しむボートオーナーの多くが、水中・水上ドローンに高い関心を示した。


水上ドローンのPowerDolphin

メインステージで3つのドローンを紹介

日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)の佐藤嘉宏事業推進本部長

 「ジャパンインターナショナルボートショー2018」のメインステージは、参加企業の最新モデルの紹介やマリンスポーツに関連した情報に、ライフセーバー講習など、ボートショーならではのプレゼンテーションが展開される。イベント開催二日目の11時50分からのステージは、PowerVision社による水中・水上ドローンのプレゼンテーションになった。冒頭で日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)の佐藤嘉宏事業推進本部長が挨拶し、PowerVison社について紹介した。続いて、各種ドローンを紹介するプレゼンテーターが登場し、最初に水中ドローンのPowerRayについて、機能や特長を解説した。昨年から日本でも発売を開始したPowerRayは、国内にも数多くのユーザーがいる。しかし、ボートショーの来場者の多くは、初めて目にする水中ドローンの紹介映像に注目していた。続いて、今年の1月にラスベガスで開催されたCES2018で発表された水上ドローンのPowerDolphinが紹介された。残念ながら、今回の展示はモックアップ(展示モデル)だったため、実際の動きなどは実演されなかった。代わりに、水上を移動する様子が動画で紹介された。PowerDolphinは、WiFi通信により最大で1kmまで遠隔操作ができる。カメラが水中-135度と水上+80度まで可動するので、海中の様子や水上のマリンスポーツなどを4K動画で撮影できる。また、餌をまく専用ボックスを取り付けて、ルアーによる釣りも楽しめる。そして、5.0m/sと3.0m/sに2.0m/sという3種類の移動速度に対応し、浮き輪やライフジャケットの牽引も可能なので、ライフセーバーとしての活用も期待されている。最後に、単体でもPowerRayやPowerDolphinに取り付けても利用できるPowerSeekerが紹介された。PowerSeekerは、と高性能な魚群探知機。水深40mまでの魚群の位置や大きさに深度などをリアルタイムで探知して、スマートフォンのVision+アプリに送信する。単独で水上に浮かべて利用できるだけではなく、PowerRayやPowerDolphinに取り付けて探知できる。PowerRayの潜水能力(30m)と組み合わせると、最大で70mの深度まで探知が可能になる。
 PowerVisonによるプレゼンテーションは、満席となり立ち見の来場者もいた。ボートのオーナーや購入を検討している来場者にとっては、PowerVisonの水中・水上ドローンは、マリンスポーツに新しい楽しみを付加する手頃な製品に感じられたようだ。

メインステージは水中ドローンに興味を持つ来場者でいっぱいになった

この記事のライター

関連する投稿


水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

欧米ではクルーザーのオーナーなどを中心に販売を拡大しているPowerVision社の水中ドローンPowerRay。日本でも、釣具を取り扱う販売店やレジャー用ボートのユーザーを中心に、販売が拡大している。その一方で、PowerRayを水中の工事などで活用しようという取り組みもある。その最前線を取材した。(田中亘)


ボートショーの初日で完売した防水ドローンのSplash Drone Auto 3

ボートショーの初日で完売した防水ドローンのSplash Drone Auto 3

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」に出展したGATE SIDE MARINE株式会社(本社:沖縄県、CEO:門脇努)は、防水ドローンのSplash Drone Auto 3の展示販売を行い、初日で用意した在庫を完売した。


ソフトバンク C&Sが水中ドローン「PowerRay」最新モデルの販売開始

ソフトバンク C&Sが水中ドローン「PowerRay」最新モデルの販売開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、PowerVision Technology(中国)製の水中ドローン「PowerRay」の最新モデルの販売を2018年3月より開始します。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


【CES2018】パワービジョンがインテリジェント水上ロボット「PowerDolphin」を発表

【CES2018】パワービジョンがインテリジェント水上ロボット「PowerDolphin」を発表

米国ラスベガスで開催されているCES 2018で、パワービジョン社が新製品「PowerDolphin」を発表した。水上での4K撮影や水難救助に餌撒きなどの機能を備えたインテリジェントな水上ロボット。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。