「プロペラ戦隊ドローンジャイ」参上! 安全フォーラムを盛り上げ

「プロペラ戦隊ドローンジャイ」参上! 安全フォーラムを盛り上げ

 ドローンの普及活動を展開する女性チーム、ドローンジョ+(プラス、佐々木桃子代表=ササモモさん)は3月11日、川崎市で「ドローン安全フォーラム」を開きました。来場者と一緒に「安全」を考えるコーナーや、安全を啓蒙するヒーロー『プロペラ戦隊ドローンジャイ』の登場などがあり、会場は大いに盛り上がりました。


グループワーク実施 メンバーの意見に感心

 フォーラムではドローンジョ+のメンバー、表さゆりさんが進行役を務め、「安全とは、だれも傷つけない社会をみんなでつくること」と私案を提示してスタート。ドローンを普及させるためには、なによりも安全であることが大切だと思うとした一方、これまでの事故では、機体の操縦者が猛烈なバッシングを浴びるケースが多い現状に疑問を投げかけました。
 表さんは、自動運転のクルマや、スズメバチをひきあいに出して、安全を多角的に考察。「ドローンについても教育を含めて、一般認知が進む取り組みを増やしたらいいのではないでしょうか」と提唱しました。
 これを受けて、来場者も安全確保策を考えるグループワークを実施。国土交通省など規制当局、操縦者、観客、開発者などの立場であったときに、自分ならその立場で安全確保にどう取り組むかを、少人数に分かれて、ワークシートに記入したり、討議したりしながら検討しました。他人の意見に感心したり、返却された自分のシートに記されたアイディアに新たな発見をしたりと盛り上がり、交流も進みました。
このあと、有志や進行役が指名した来場者の数人が意見を発表。「ぐにゃぐにゃのプロペラを開発する」「ドローンアイドルが指導する」などの意見が出されました。

安全について来場者も一緒になって考えた「ドローン安全フォーラム」

ドローンジャイの動画第1話を上映 必殺技は現在仕込み中

 またフォーラム後半には、ドローンジョ+の有志5人が、安全活動を展開するヒーロー『安全第一・プロペラ戦隊ドローンジャイ』を結成したことを発表5色の色違いのパーカーでキメポーズを披露し来場者から喝采を浴びました。5人にはいずれも、冷静、ブリッ子など性格もあるそうですが、必殺技は現在、仕込み中だそうです。
 この日は、完成したばかりの動画の第1話を上映。今後、投稿サイトに掲載をする計画です。動画は今後も制作、公開を続けていく方針で、そのほか、催事などで安全を呼びかける活動も展開していく方針です。
 今回のフォーラム開催費用の一部は、表さんが起案者となって、女性専用のクラウンドファンディング「kanatta」で募っていて、表さんは「絶対に参加者から〝来てよかった〟、〝楽しかった〟と言ってもらえるイベントにしようと思っていました。みなさんから楽しかったと言ってもらえてうれしい」と感想を話しました。
 ドローンジョ+のササモモさんは、「すでに安全フォーラムは次の開催の話が出ています。これからも安全を第一に考えて、ドローンの普及活動に力を入れたいと思います」と抱負を話していました。

Kanatta:https://kanatta-lady.jp/

〝プロペラ戦隊ドローンジャイ〟の登場で、会場は拍手と笑いに包まれた

この記事のライター

関連する投稿


安全を親しみやすく啓蒙! 「ドローンジャイ」第1話公開

安全を親しみやすく啓蒙! 「ドローンジャイ」第1話公開

 女性チームドローンジョプラスの有志5人が結成した安全啓蒙活動を展開する戦隊ヒーロー(?)「プロペラ戦隊★ドローンジャイ」の動画作品の第1話が公開された。テーマはまじめで、ノリはおちゃらけ。新たなドローン層獲得も視野に、安全啓蒙のため全国を奔走する。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。