9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


市場の主導権はハードからソフトへ DaaSへの関心が台頭

 ランキングは「TOP20 Drone Service Provider Ranking 2018」として公表した。
 DRONEII社は最近の動向について、ドローン市場の主導権が、機体などのハードウェアから、サービスとソフトフェアに移行していると分析。今回公表した「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」は、その認識に基づき、サービス提供企業(Drone-as-a-service、DaaS)のランキングとなっている。
 ランキング作成にあたりDRONEII社は200社を超える企業を分析。DRONEII社によると、上位50社では北米が40%、ヨーロッパが36%、中東・アフリカが10%、アジアが6%、オセアニアが6%などとなっていて、1位10位の企業は1億1600万ドル以上の資金を調達しているという。
 ランキングの1位は、ドローン配送サービスをアフリカなどで手掛ける米Zipline社、2位は米最大のDaaS企業、米Measure社、3位は航空検査大手の英CyBerhawk社と、日本でも知名度の高い企業が並ぶ。日本からは空撮、測量、点検、データ分析、運航管理などを世界で手掛けているテラドローン(東京)が9位に入った。
 DRONEII社は、ドローンの操縦、操作は簡単になる一方で、ドローンで集めた生データについて、実際に活用するための処理方法などの問題に直面したと指摘。今後、ドローン市場では、ドローンでデータをどう取り込むか、そのデータをどう処理するか、といった問題へのソリューションを求める声が高まるとみられ、それにより、ニッチなサービス領域や、ハイリスクのオペレーションの分野でソリューションを提供する、新たなビジネスモデルが開拓されつつある、とみている。

TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018(The TOP20 Drone Service Provider Ranking 2018)
https://www.droneii.com/top20-drone-service-provider-ranking

世界ドローン市場マップ(The Drone Market Environment Map)
https://www.droneii.com/drone-market-environment-map-2018

この記事のライター

関連するキーワード


DRONEII テラドローン

関連する投稿


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発致し、 汎用ドローンによる空中でビデオ撮影することで、交通量計測を低コストかつ自動的に実現した。


東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産ホールディングス株式会社(東京都港区)は、東急不動産R&Dセンターとテラドローン、日本AED財団などが協力し、ゴルフ場に面した一般住宅の庭にドローンによるAED搬送実験を実施した。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。