屋内の非GPS環境下で障害物を回避するレンジセンサー TERABEE社

屋内の非GPS環境下で障害物を回避するレンジセンサー TERABEE社

TeraRanger Evoなどのレンジセンサーを開発し販売しているTERABEE社は、自社のホームページで屋内の非GPS環境下で障害物を回避する実験映像を公開した。ArduPilot(オープンソース)での利用が可能になる。


8方向のレンジセンサーと高度計を組み合わせた強力なオブジェクト回避ソリューション

TeraRanger Towerは8個のレンジセンサーで周囲の障害物を検知する

 公開された衝突回避ソリューションは、レンジセンサーのTeraRanger TowerとTeraRanger Evoに、PixhawkのArduCopterファームウェアを組み合わせたシステム。GPSの信号が届かない屋内でも、レンジセンサーからの情報で障害物を検知して、回避飛行を行う。TERABEE社のサイトに、詳細な技術情報が掲載されているが、ソリューションの基本は8方向に取り付けられたレンジセンサーのTeraRanger Towerと、高度計として利用するTeraRanger Evoを組み合わせたもの。
 実験に利用された期待は、DJIのF450というフレームに、E310推進システム。3Dプリンターで作ったオリジナルの脚を取り付けて、TeraRanger Towerを取り付けるカスタムパーツも3Dプリンターで制作している。下向きに取り付けたTeraRanger Evoは、地面との距離を計測する。フライトコントローラーには、PixhawkにArduCopterを組み合わせて、レンジセンサーへの電源供給のために、PixhawkのSERIALポートとTeraRanger Hub PCBを接続している。ちなみに、ArduCopter 3.5版にはレンジセンサーをサポートするドライバが含まれていないが、開発バージョンで対応している。

電源はPixhawkを経由して供給する

この記事のライター

関連する投稿


LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

TERABEE社(本社:フランス、CEO:マックスラッフォ)は、LED技術でレーザーの代わりに60mまでの距離をミリメートル単位で読み取るTeraRanger Evoを発表した。革新的なセンサーとして、ドローンへの搭載が期待されている。


【橋梁・トンネル技術展】自律制御システム研究所がインフラ点検や測量用ドローンを展示

【橋梁・トンネル技術展】自律制御システム研究所がインフラ点検や測量用ドローンを展示

幕張メッセで開催中の橋梁・トンネル技術展のドローンエリアに出展した株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県美浜区、代表取締役:野波 健蔵)は、測量やインフラ点検など、用途に合わせてアクセサリを組み替えられるPF1シリーズを展示していた。


橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システム

橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システム

測量機器の販売やソフトウェア開発を手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、GPS信号を受信できない橋梁下やトンネル内でも、安定した飛行を実現するドローン誘導システムを開発した。


国内の主要な産業用ドローンが集まった「空の建機展」

国内の主要な産業用ドローンが集まった「空の建機展」

 東京ビッグサイトで7月20日から開催されている「空の建機展」には、ドローンによる測量や点検などのソリューションを提供する国内サービスが集まっている。21日まで。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。