「ドローンを防災に活用」 大船警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「ドローンを防災に活用」 大船警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県警大船警察署(鎌倉市大船、野口博署長)と一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀 本部:鎌倉市七里ガ浜東)は2月27日、大規模災害時のドローンによる被災現場情報収集などの防災協定を締結した。同協会はすでに鎌倉市、鎌倉警察署とも同様の協定を結んでおり、鎌倉市内では3番目の締結事例となる。


災害時の状況把握にドローンを活用したい

 神奈川県警大船警察署(神奈川県大船、署長:野口博)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は2月27日、防災協定を締結した。同協会は、同署管内で地震や津波、風水害などの大規模災害発生時は、同署の要請でドローンによる被災現場の撮影など情報収集や人命救助にあたる。同協会はこれまでも、鎌倉市や消防本部などとも防災訓練などで協力してきており、大船署とも昨年のテロを想定した防災訓練で空撮による映像中継で協力してきた。
 今回の締結で神奈川県警内の警察署がドローンに関係する防災協定を結ぶのは、瀬谷署、麻生署、金沢署、鎌倉署、神奈川署、港北署についで7例目、同協会は鎌倉市内ではすでに鎌倉市、鎌倉署とも防災協定をすでに結んでおり、同署の野口著長は「人を守る機関が連携できる」と期待を寄せた。
 防災協定締結後、大船署内の駐車場で関係者が見守る中、同協会の住吉尚人理事によって、車が衝突し人が倒れているという想定でドローンのデモフライトが行われた。ドローンが撮影する映像がコントローラーのディスプレイに映し出されるのを見た野口署長は「映像が全くブレないし、防犯カメラの映像よりきれいだ」と驚いていた。

防災協定締結後、ドローンを手に記念写真に収まる左から大船警察署の野口博署長、鎌倉ドローン協会の青栁正紀代表理事、同協会の住吉尚人理事=2月27日、鎌倉市大船の大船警察署

 大船署の野口署長は協定締結後「大船署管内は古都鎌倉に隣接しており、また所轄管内にも貴重な文化財が多い。このあたりは谷戸も多く、災害時には崖崩れなどで人が立ち入れない状況も考えられる。ドローンで先ず現場を確認し、どういう機材を用意し、どういう部隊を投入するかということを事前に情報を得て準備することが重要だ。被災状況の把握などにドローンを活用し、協会と情報共有して災害に対応したい」と話した。

 鎌倉ドローン協会の青栁代表理事は「災害協定はすでに鎌倉警察署・鎌倉市と昨年締結したが、今回、大船警察署と協定を締結したことで、市の災害対策に切れ目が無くなった」と情報の共有が万全となったことを強調した。

デモフライトでは、車が衝突し人が巻き込まれた状況を想定してドローンを飛ばした。

この記事のライター

関連する投稿


夏休み中の子どもたちがドローン体験! 子ども大学かまくら(養老孟司学長)がドローン体験学習 鎌倉ドローン協会が協力

夏休み中の子どもたちがドローン体験! 子ども大学かまくら(養老孟司学長)がドローン体験学習 鎌倉ドローン協会が協力

「こども大学かまくら」(養老孟司校長)の体験学習「ドローンはすごい」が、鎌倉ドローン協会の協力で8月3日、鎌倉市御成町の鎌倉市立御成小学校の体育館で行われた。鎌倉市内の小学校に通う児童30人が参加した。


古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺(鎌倉市長谷)では、同寺からの依頼で一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀、鎌倉市七里ガ浜東)が新緑に囲まれた自然豊かな境内の空撮を行った。空撮は今後、同寺の観音ミュージアムなどで公開予定。


古都鎌倉で文化財保護の消防訓練実施、訓練状況を初めてドローンで撮影

古都鎌倉で文化財保護の消防訓練実施、訓練状況を初めてドローンで撮影

古都鎌倉の龍宝寺(鎌倉市植木)で、鎌倉市消防本部などによる文化財保護のための消防訓練が1月24日実施された。訓練は鎌倉市内の寺社で毎年「文化財防火デー」に合わせ行われいるもので、今年は初めて一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜)も参加、2機のドローンで上空から訓練の模様を撮影した。


鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式で消防総合訓練が、6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センターで行われ、鎌倉ドローン協会によるドローンのデモンストレーションが行われた。同市と同協会は、昨年防災協定を締結したことから、鎌倉市出初式でドローンを使った被災地域の状況把握を想定した映像中継が初めて行われた。


「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県鎌倉市(神奈川県鎌倉市御成町、市長:松尾 崇)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は12月1日、災害時に協力する防災協定を締結し調印した。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。