旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半は、代表理事の春原久徳会長がモデレーターを務めたパネルディスカッションが行われた。


3種類のドローンを活用してコスト削減を実践する市川農場

 最初のパネリストは、農業生産法人市川農場の代表を務める市川範行氏が、スマート農業にドローンを活用するメリットや取り組みについて紹介した。市川氏によれば、ドローンを利用するメリットは、大きく4つになるという。

・防除作業コストの削減
・リモートセンシングによる肥料の削減
・空撮によるPR効果
・精密農業で付加価値のある販売

 市川氏は、3種類のドローンを活用して防除作業のコストを削減している。その中でも「DJIのAgras MG-1は、散布の性能がダントツに優れている」と評する。その理由は、10kgの散布剤を搭載して飛行しても、安定感があるからだという。また「木酢の散布は、ヘリだと高い位置からとなり効果が薄かったが、ドローンは低空で散布できるので効果がある」と指摘する。加えて、音が小さいので近隣の迷惑にならず、風に流されないので散布の効率も高い。さらに、天候を見計らって自分の希望するタイミングで散布できる点も大きなメリットだという。「産業用のヘリを依頼すると、年間50ヘクタールで約160万円の料金がかかります。それに対して、ドローンは200万円前後で購入できるので、2年で元がとれます」と市川氏は提案する。

市川農場の市川範行氏

肥料の散布コストの低減につながるリモートセンシング

 ドローンを活用したスマート農業のメリットについて、市川氏はリモートセンシングの重要性についても触れる。「無農薬の圃場は、肥料の足りないところがリモートセンシングで分かりやすいので、ドローンを活用するメリットがあります。必要な部分の散布で、肥料のコストを抑えられます」と市川氏は話す。また肥料に関しても「ドローンに特化した肥料」が必要だという。その理由は、散布する肥料が濃すぎると稲穂が倒れてしまうから。そうした肥料への要望に加えて、飛行ルールの改正が進み、ドローンの自動飛行や散布できる農薬や肥料の種類が増えることにも、市川氏は期待している。
 2018年も市川氏はドローンジャパンと協力して、スマート農業に向けた「自動化の実験を目指して頑張りたい」と抱負を語った。

この記事のライター

関連する投稿


CEATEC JAPAN 2018  共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

CEATEC JAPAN 2018 共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPO(東京・ビッグサイト)で、株式会社OPTiM(東京都港区)がドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示し、来場者の関心を集めた。


【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半のパネルディスカッションには、上川農業改良普及センターの近藤睦氏が、データの利活用の可能性について触れた。


最新の投稿


米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

米国最大の警察(NYPD)が、FLYMOTIONの支援でドローンプログラムを開始

2018年12月6日-フロリダ州タンパ。ドローンソリューションを提供するFLYMOTION社(米国)は、米国最大の警察署(NYPD)と協力して「犯罪と戦うドローン」の導入を支援したと発表した。


岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。