旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半は、代表理事の春原久徳会長がモデレーターを務めたパネルディスカッションが行われた。


3種類のドローンを活用してコスト削減を実践する市川農場

 最初のパネリストは、農業生産法人市川農場の代表を務める市川範行氏が、スマート農業にドローンを活用するメリットや取り組みについて紹介した。市川氏によれば、ドローンを利用するメリットは、大きく4つになるという。

・防除作業コストの削減
・リモートセンシングによる肥料の削減
・空撮によるPR効果
・精密農業で付加価値のある販売

 市川氏は、3種類のドローンを活用して防除作業のコストを削減している。その中でも「DJIのAgras MG-1は、散布の性能がダントツに優れている」と評する。その理由は、10kgの散布剤を搭載して飛行しても、安定感があるからだという。また「木酢の散布は、ヘリだと高い位置からとなり効果が薄かったが、ドローンは低空で散布できるので効果がある」と指摘する。加えて、音が小さいので近隣の迷惑にならず、風に流されないので散布の効率も高い。さらに、天候を見計らって自分の希望するタイミングで散布できる点も大きなメリットだという。「産業用のヘリを依頼すると、年間50ヘクタールで約160万円の料金がかかります。それに対して、ドローンは200万円前後で購入できるので、2年で元がとれます」と市川氏は提案する。

市川農場の市川範行氏

肥料の散布コストの低減につながるリモートセンシング

 ドローンを活用したスマート農業のメリットについて、市川氏はリモートセンシングの重要性についても触れる。「無農薬の圃場は、肥料の足りないところがリモートセンシングで分かりやすいので、ドローンを活用するメリットがあります。必要な部分の散布で、肥料のコストを抑えられます」と市川氏は話す。また肥料に関しても「ドローンに特化した肥料」が必要だという。その理由は、散布する肥料が濃すぎると稲穂が倒れてしまうから。そうした肥料への要望に加えて、飛行ルールの改正が進み、ドローンの自動飛行や散布できる農薬や肥料の種類が増えることにも、市川氏は期待している。
 2018年も市川氏はドローンジャパンと協力して、スマート農業に向けた「自動化の実験を目指して頑張りたい」と抱負を語った。

この記事のライター

関連する投稿


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)


第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPO(東京・ビッグサイト)で、株式会社OPTiM(東京都港区)がドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示し、来場者の関心を集めた。


【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半のパネルディスカッションには、上川農業改良普及センターの近藤睦氏が、データの利活用の可能性について触れた。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。特別講演に続いて、田上利博事務局長が登壇し、ドローンを活用した精密農業の成果を報告した。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。