【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。


可視・近赤外の画像、軽トラドローンポートなど紹介 生産者も負担軽減など期待

 意見交換会は「グリーンパーク都路におけるドローンを活用したアグリセンシング研究開発事業に係る第2回意見交換会」で、開催は1月15日に続いて2度目だ。慶應義塾大学ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表、田村市でドローン活用を進めている株式会社糺の森(東京)、田村市の関係部局の職員、生産農家、JAの担当者ら出席。システム開発サービスを展開するこまくさネットサービス(東京)の廣瀬幸義取締役、ドローン関連製品の開発、製造、販売を手掛けるTEAD(テッド)株式会社(群馬県高崎市)の市川王崇営業戦略室室長も加わった。
 意見交換会では、農業にドローンを活用する視点として、農薬散布、圃場観察、防除、運搬などが考えられることや、それぞれでの活用事例が紹介された。その活用のひとつとして、植物の生育状況を可視・近赤外の画像を撮影できるカメラをドローンに搭載する事例などが紹介された。
 ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は、軽トラックに積めるドローンの離発着基地(ドローンポート)を試作したことを報告。「現在は一部手動で運用している。導入するさいには自動離発着を目指す」などと今後の抱負を述べた。このほか、ドローンの農業活用をすすめるうえで欠かせない自動航行に関する国のルールづくりの動向についても言及があり、それをふまえて検討が進めることなどを確認した。
 このほか、圃場管理システム活用の可能性や、ハウス内でのドローンでの監視の有効性、ドローンでは農薬が適切に散布されるためドローンから地表に向けて吹き下ろすダウンウォッシュと呼ばれる風の重要性、大豆など品目ごとに農薬の扱い方を検討することの必要性などが示された。
 生産者からは、「運搬が実用できれば、負担が大きく減る期待がある。見守りに活用できれば、梅雨明けの暑くなる繊細な時期に作業効率化の効果が見込める」などと期待が表明され、今後、実用化に向けた検討をさらに進めることになった。
 慶大は田村市とドローンの活用について、2016年12月に包括提携を締結しており、これまでに、高校生向けに特別講座を軸とした人材育成を中心に事業を進め、実績を上げてきた。現在、ドローン活用の拡大を進めており、農業では市内の農業体験施設、「グリーンパーク」で、ビールの原料となるホップの生産などで、ドローンを活用する事業を進める。2018年は、運用のための情報収集を集中的に進める方針だ。

ドローンの農業利用について意見を効果する「意見交換会」出席者

意見交換会は福島県田村市役所で開催された

慶大コンソが田村市で展開するドローンの農業展開で活動拠点となる予定の「グリーンパーク都路」

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 田村市 農業利用

関連する投稿


【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

 東日本ドローンサミットでは、災害対応、復興支援にドローンがどう使えるのかを検証するセッション「ドローン×災害対応。復興支援」も行われる。東日本大震災の復興拠点となったJ-ヴィレッジで、震災時のドローン活用を、慶大ドローン社会共創コンソーシアム副代表、南政樹氏とともに考える貴重な時間となる。


【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

 ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学で、プロドローンレースチーム「DMM RAIDEN RACING」の選手らが教壇に立った。大学院生向けのKPMGコンサルティングによる寄附講座「eSports論」の一環で、最年少の中学生、鈴木匠選手ら3人が、世界を転戦した感想や、世界と日本のレース環境の差について説明した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

 ドローンによる地域活性化に取り組む福島県田村市で9月10日、業種横断的な有志のドローン活動体、「ドローンコンソーシアムたむら」の第2回定例会が開かれた。「ドローン×防災」をテーマに、「災害ドローン救援隊DRONBIRD」を率いる青山学院大学の古橋大地教授が講演し、約30人がドローンで作るマップの可能性に理解を深た。


最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。