旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。特別講演に続いて、田上利博事務局長が登壇し、ドローンを活用した精密農業の成果を報告した。


セキュアドローン協議会が目指す精密農業の姿

 セキュアドローン協議会は、ドローンとITを活用した精密農業の理想的な姿を図のようなイメージで描いている。

セキュアドローン協議会の目指す精密農業のイメージ

 ドローンや各種のセンサーを用いて収集した農地の情報をクラウドにアップロードし、そこに生産者の知見と人工知能や推論エンジンを活用した解析を加えることで、農業に関連する情報を見える化して、生育のアドバイスや警報などを発信できるようにする。この理想形を実現するために、セキュアドローン協会では「移植ならびに直播圃場における生育観測」と「農業研究機関や農業普及機関との協力に連携」を推進してきたという。田上氏は「 移植ならびに直播圃場における生育観測では、圃場全体の生育状態を可視化して実圃場地図データとの画像マッピングを行い、調査区毎のNDVI値を算出しました」と話す。また、 農業研究機関や農業普及機関との協力に連携では、調査区毎のSPAD値の計測と、草丈や茎数などの調査と計測に、圃場測位調査などを実施してきた。具体的には、マルチスペクトルセンサーの近赤外線と葉緑素含有量(SPAD計)の相関関係を検討するために、ドローンによるリモートセンシングと地上で葉に含まれる葉緑素含有量を計測して「草丈、茎数、時期により乾物重、窒素含有率、窒素吸収量の地上計測値との関係性について検討しました」と田上氏。

セキュアドローン協議会の田上利博事務局長

空と地上の計測データによる生育状況の分析

ドローンを活用した精密農業の実施イメージ

 セキュアドローン協議会による平成29年度の実証実験は、6月から9月の間に移植圃場4箇所と直播圃場2箇所で行われた。ドローンによるデータ収集では、自動操縦による50mの高度から真下に向けた980万画素のマルチスペクトルカメラで、毎秒5mの速度で飛行した。撮影した植生画像データは、MacaSense社のAtlasサービスを利用し、フリーソフトウェアのQGISも活用して画像の精緻化とNDVI値の算出を行った。空と地上の計測データを分析した結果、田上氏は「グラフで見る限りは、地上の値とドローンによる計測には、大きな違いはありません。今回の計測をリアルタイムで精密に精緻化していくことができれば、いろいろな係数が取れて、もっと役に立つのではないかと思います」と話す。

NDVI/SPAD値の変化をグラフにした例

この記事のライター

関連する投稿


精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

ドローン用画像解析ソフトを開発するPix4D(スイス)は、精密農業に最適化されたPix4Dfieldsを発表した。


精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

市場調査会社のRESEARCH&MARKETS社(米国)は、2018年の精密農業市場が50.9億ドル(約5,650億円)に達すると予測し、CAGRが13.38%で2023年には95.3億ドル(約1兆円)になるとの予測を発表した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(4)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半のパネルディスカッションには、上川農業改良普及センターの近藤睦氏が、データの利活用の可能性について触れた。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(3)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。後半は、代表理事の春原久徳会長がモデレーターを務めたパネルディスカッションが行われた。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。