DPCA、RUSEAが京都市と「平常時」を含む包括連携協定 安心・安全も、観光振興、文化財保護もドローンで

DPCA、RUSEAが京都市と「平常時」を含む包括連携協定 安心・安全も、観光振興、文化財保護もドローンで

 京都市は2月13日、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)、地域再生・防災ドローン利活用推進協議会(RUSEA)と、ドローンの利活用に関する包括的な連携協定を締結した。災害時に限らず、観光振興、文化財保護など京都の魅力発信の面でも協力しあう。


DPCAの自治体協定は7例目 今回は事業支援、技術的助言も

 協定は「災害時、平常時のドローン活用支援」と「ドローンの利活用に関する包括的な連携協定」で、①災害時の、情報収集、被災者の捜索、撮影映像を活用した地図作成などドローンを活用した支援活動②平常時の、事業支援、技術的な助言や指導などドローン活用の支援③ドローンの、安全で効果的な利活用の促進などに関する連携協定を明記した。
 DPCAがドローンで自治体と連携協定を結ぶのは神戸市、京都府などに続き7例目で、RUSEAでは2例目。従来の災害時の状況把握などを内容とした防災協定から踏み込み、平常時の利活用を幅広く含むことが特徴だ。地方自治体がドローンに関わる民間団体と包括提携に踏み切ったのは今回が初めてだ。

「防災・現在と、安心・安全と、魅力発信と」門川市長が期待

 協定の調印締結は京都市消防局で行われ、京都市から門川大作市長、植村哲副市長、松本重雄危機管理監、DPCAから坂口博紀代表理事、上原陽一副代表理事、RUSEAから沖貴博代表理事が出席した。
 締結後、DPCAの坂口代表理事が「2015年に設立し、教育、福祉を含め多くの活動に取り組んできた。この提携を機に、これまでの蓄積をふまえて京都市民のために尽力したい」、RUSEAの沖代表理事は「地域再生、広域防災に微力ながら協力したい」と抱負を述べた。
 これを受けて京都市の門川市長が「ドローンには災害時の的確な状況把握などが期待されているが、京都市としてはドローンならではの、さまざまな可能性に調整したいと思っている。京都市は75%が森林で、さまざまな文化財もある。これらの保護、観光促進なども期待し、無許可の飛行をなくすため啓発活動もしていきたい。包括協定は全国的には初めてとも聞く。ぜひ、防災・減災、安心・安全、地元の魅力の発信に役立てたい」と期待を述べた。

協定の締結であいさつをする京都市の門川大作市長(右中央)。京都市からは植村哲副市長、松本重雄危機管理監(右手前)が出席した。左側は手前からDPCAの上原陽一副代表理事、同、坂口博紀代表理事、RUSEAの沖貴博代表理事、

締結後に関係者で記念撮影

記念撮影のときには、実はドローンでも撮影していました

カメラにピース! 門川市長がMavic Air体験

 会場では提携締結後、DJIが1月に発表したばかりの、Mavic Airのジェスチャーコントロールを門川市長が体験。
 DPCA職員のナビゲーションに従って、腕を伸ばして手のひらを機体に向けるとMavic Airのスマートキャプチャーが認識して機体が浮上。門川市長が、のばした腕を左右にゆっくりとふると機体が追いかけ、会場に集まった職員から「おおっ」と歓声が上がった。「では顔の前でVサインをお願いします」の声に従って、市長がVサインをつくると、機体がLEDの点滅でそれを認識したことを知らせ、職員が「はい、撮影します」と声をかけると、機体がシャッターを切った。市長が機体にかざした腕を床におろすように動かすのに従い、機体も着陸。門川市長も「指先で作業しなくても動かせるんですね」と笑顔で感想を述べていた。
 このあと関係者は、庁舎の屋上に移動。DJIのINSPIRE2の操作に挑戦した。庁舎は京都市の中心街にあり、国交省、京都市の許可は事前に取得していることが、DPCAから説明された。
 操作は職員がフライトを、門川市長がカメラ操作を担当するツーオペ体制。市内が一望できる高さまで上昇したところで、門川市長が静止画や動画を撮影した。会場には大型モニターが用意され、ドローンのカメラが捉えた京都市内の映像に関係者が見入っていた。
 DPCAは、「インフラ点検、農業、文化財保護、空撮による京都の魅力発信、人材育成など、京都市がドローンに期待する活躍を幅広く含む。様々な取り組みにドローンが関わることで、実際に効率化できるかどうか、コスト圧縮が図れるかどうかも具体的な検証ができるようにしていく。こうした活動を通じて、ドローンの利活用の推進の一助になりたい」と話している。

DPCA:https://www.dpca-japan.org/
RUSEA:http://rusea-japan.org/

Mavic Airで撮影するため、機体のカメラにVサインを送る京都市の門川大作市長

京都市消防局の庁舎屋上ではInspire2をフライト。機体の操作をDPCAが、カメラ操作を門川市長が担当した

京都の市街地を一望する映像を見ながらシャッターチャンスのタイミングを図る門川市長。このあと動画も撮影した

この記事のライター

関連するキーワード


京都市 DPCA RUSEA

関連する投稿


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン撮影クリエイターズ協会 DPCA認定「ドローン撮影技能士コース」を創設

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン撮影クリエイターズ協会 DPCA認定「ドローン撮影技能士コース」を創設

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


関西電力、DPCAが電力設備のある研修施設で講習 関電による社員パイロット養成の一環

関西電力、DPCAが電力設備のある研修施設で講習 関電による社員パイロット養成の一環

 関西電力は12月8日、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA、京都市)の「DRONEフライトオペレーター講習」を、関電の研修施設で行った。関電はドローンの操縦ができる社員を育成し、自社設備の保守、点検への活用を目指す。講習は一般にも開放され当日は関電社員1人を含め、12人が参加した。


DPCAが関西電力と業務提携 関電研修施設で講習

DPCAが関西電力と業務提携 関電研修施設で講習

ドローン撮影クリエイターズ協会(京都市南区/代表理事:坂口博紀)と関西電力株式会社(大阪市北区 /代表取締役社長:岩根 茂樹)は業務提携を行うことで11月9日に合意したと発表した。この提携は、無人航空機(ドローン)の運航技術やそれに関連する技能教習事業を双方協力して推進することを目的としている。


DPCAが大阪市と「災害時協定」 自治体と6件目で防災関連ではドローン団体ダントツ

DPCAが大阪市と「災害時協定」 自治体と6件目で防災関連ではドローン団体ダントツ

 ドローンを使った撮影や映像編集のクリエイターで構成する一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA、京都市)は大阪市と「災害時における支援協力に関する協定」を締結した。DPCAが自治体と防災・災害関連で協定を結ぶのは6件目で、ひとつの機関としては突出している。今後もドローンの技術を幅広く役立ていく考えだ。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。