エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

2018年2月7日。エアバス社はシンガポール国立大学で、ドローンによる物流を目指すSkywaysプロジェクトを初披露した。


エアバスのSkywaysプロジェクトは都市型ドローン物流を目指す

ロボットアームがドローンへの荷物の脱着を行う

荷物がドローンに取り付けられる様子

 2月9日に公開されたyoutubeの動画によれば、実験はシンガポール国立大学の内部に設置された専用のドローンステーションと、エアバス・ヘリコプターと呼ばれるSkywaysプロジェクトのために開発されたドローンによって行われた。専用ステーションには、配送する荷物を出し入れするロッカーがある。利用者がロッカーに荷物を預けると、ステーション内にあるロボットアームが、荷物を屋上で駐機しているドローンの下部に自動で取り付ける。荷物を受け取ったドローンは、配送先の専用ステーションまで飛行する。そして屋上に着陸すると、水平垂直方向からバーが動いてきて、ドローンの位置をロボットアームが届く場所に正確にアジャストする。位置が固定されると、屋上のカバーが開き、今度は反対にロボットアームがドローンから荷物を取り外して、ステーションのロッカーにセットする。荷物の配送や到着は、スマートフォンのアプリと連動し、利用者に通知される仕組みになっている。

Skywaysプロジェクトのリーダーを務めるLeo Jeoh氏

 エアバスとシンガポールでは、Skywaysプロジェクトを推進して、都市型のドローン配送の実現を目指していく。Skywaysプロジェクトのリーダーを務めるLeo Jeoh氏は「今年は最初の試験段階で5〜6台のドローンを飛行させます。関連するデータとノウハウを収集するには数カ月かかると予想しています」と話す。また、元シンガポール空軍の飛行テストエンジニアであるJeoh氏は、シンガポールに拠点を置く理由について「この国はすでに効率的な配達サービスを提供しています。しかし、シンガポール市民航空局(CAAS)やイノベーションに積極的な政府の協力を得て、このプロジェクトを推進することで、システムを完璧にする理想的な環境を作り出し、新しいテクノロジーやビジネスモデルを他の国よりも速く市場に提供できるからです」と説明する。
 今後Skywaysブロジェクトのチームは、シンガポール港に停泊している船舶に貨物を納入するための試験飛行など、空輸する範囲を拡大する予定。

着陸したドローンは特定の位置に固定される

荷物の到着はスマートフォンに通知される

この記事のライター

関連する投稿


AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

4月10日から米国のフロリダ州オーランドで開催されているMRO AMERICASで、AIRBUS社(本社:フランス)は航空機の検査用ドローンを発表した。(田中亘)


シンガポールが4.5G通信網で飛行するドローンを発表

シンガポールが4.5G通信網で飛行するドローンを発表

2017年12月7日。シンガポールのNanyang Technological University(南洋理工大学)と通信会社のM1 Limited(以下、M1) は、4.5GのHeterogeneous Network(HetNet:異種ネットワーク)を使用して、ドローンを飛行させたと発表した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

8月24日。アフリカのルワンダで固定翼ドローンによる医療物資の空輸を提供しているZipline社(本社:米国カリフォルニア州、代表:ケラー リナウド)は、アフリカのタンザニアで100機以上のドローン空輸網を整備すると発表した。


アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドの通販会社のAha社(本社:アイスランド、代表:マーロン クリストファーソン)は、Flytrex社(本社:イスラエル、代表:ヤリウ゛ バッシュ)の開発したドローンを使って、レイキャビク地域の湾を空輸するサービスを開始した。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。