エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

エアバス社がシンガポールでドローン空輸プロジェクトを初披露

2018年2月7日。エアバス社はシンガポール国立大学で、ドローンによる物流を目指すSkywaysプロジェクトを初披露した。


エアバスのSkywaysプロジェクトは都市型ドローン物流を目指す

ロボットアームがドローンへの荷物の脱着を行う

荷物がドローンに取り付けられる様子

 2月9日に公開されたyoutubeの動画によれば、実験はシンガポール国立大学の内部に設置された専用のドローンステーションと、エアバス・ヘリコプターと呼ばれるSkywaysプロジェクトのために開発されたドローンによって行われた。専用ステーションには、配送する荷物を出し入れするロッカーがある。利用者がロッカーに荷物を預けると、ステーション内にあるロボットアームが、荷物を屋上で駐機しているドローンの下部に自動で取り付ける。荷物を受け取ったドローンは、配送先の専用ステーションまで飛行する。そして屋上に着陸すると、水平垂直方向からバーが動いてきて、ドローンの位置をロボットアームが届く場所に正確にアジャストする。位置が固定されると、屋上のカバーが開き、今度は反対にロボットアームがドローンから荷物を取り外して、ステーションのロッカーにセットする。荷物の配送や到着は、スマートフォンのアプリと連動し、利用者に通知される仕組みになっている。

Skywaysプロジェクトのリーダーを務めるLeo Jeoh氏

 エアバスとシンガポールでは、Skywaysプロジェクトを推進して、都市型のドローン配送の実現を目指していく。Skywaysプロジェクトのリーダーを務めるLeo Jeoh氏は「今年は最初の試験段階で5〜6台のドローンを飛行させます。関連するデータとノウハウを収集するには数カ月かかると予想しています」と話す。また、元シンガポール空軍の飛行テストエンジニアであるJeoh氏は、シンガポールに拠点を置く理由について「この国はすでに効率的な配達サービスを提供しています。しかし、シンガポール市民航空局(CAAS)やイノベーションに積極的な政府の協力を得て、このプロジェクトを推進することで、システムを完璧にする理想的な環境を作り出し、新しいテクノロジーやビジネスモデルを他の国よりも速く市場に提供できるからです」と説明する。
 今後Skywaysブロジェクトのチームは、シンガポール港に停泊している船舶に貨物を納入するための試験飛行など、空輸する範囲を拡大する予定。

着陸したドローンは特定の位置に固定される

荷物の到着はスマートフォンに通知される

この記事のライター

関連する投稿


バヌアツでユニセフがSWOOP AEROドローンでワクチン空輸に成功

バヌアツでユニセフがSWOOP AEROドローンでワクチン空輸に成功

2018年12月18日-ユニセフ(米国)は、バヌアツでドローンによる世界初のワクチン空輸を実現したと発表した。公開された動画には、SWOOP AERO社(オーストラリア)のドローンが飛行する様子が映されている。


アウディとエアバスがドローンタクシーのコンセプトを発表

アウディとエアバスがドローンタクシーのコンセプトを発表

アムステルダムで開催されたドローンウィークで、アウディとエアバスは「Pop.Up Next」の飛行と運転のプロトタイプを発表した。会場では、1/4スケールモデルが実際に飛行した。


AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

4月10日から米国のフロリダ州オーランドで開催されているMRO AMERICASで、AIRBUS社(本社:フランス)は航空機の検査用ドローンを発表した。(田中亘)


シンガポールが4.5G通信網で飛行するドローンを発表

シンガポールが4.5G通信網で飛行するドローンを発表

2017年12月7日。シンガポールのNanyang Technological University(南洋理工大学)と通信会社のM1 Limited(以下、M1) は、4.5GのHeterogeneous Network(HetNet:異種ネットワーク)を使用して、ドローンを飛行させたと発表した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。