ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンによる太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。人工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供が可能となった。


AIを用いた画像解析 により点検時間を大幅に削減を達成

 企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンを用いた太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。
 「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」は赤外線サーモ グラフィカメラを搭載したドローンを自動運行させて太陽光パネルを撮影し、その撮影結果に対して人 工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上させるだけでなく、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供を可能とした。

提供サービス内容

 先ず発電所の太陽光パネルの配置に合わせて、事前にドローンの航行ルートを設定し、そのルートに 沿って赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンが自動航行させ、ソーラーパネルを撮 影する。 次に保存されたパネル画像をクラウド上にアップロードすることで、ディープラーニングによる画像解析を自動的に開始し、異常パネルが検知されれば、その発生場所が分か る点検結果レポートが作成される。
 初回準備として、運用に必要な初期設定とテスト撮影および研修をサービス申込後に実施、2 回目以降は、導入企業側で簡単な操作で点検を実施できるようにする。

サービス特徴

サービス利用イメージ

1. 点検時間を大幅に短縮
 人手だと1 枚 1 枚検査が必要だった太陽光パネル点検を、自動航行のドローンでスピーディに撮影するだけで、これまで 2MW を約 4 日かけて点検していたところを、このサービスを使うことで約 15 分で完了することができる。
2. 異常検知の正確さ
 従来の点検では見落とすことのあったホットスポットも、太陽光パネルの角度に合わせてドローン撮影 することで、異常検知の精度が向上した。点検しにくい傾斜地などでも柔軟に対応可能となった。
3. 点検実施回数の増加
 従来のドローンを活用したパネル点検は、社外のオペレーターが必要だったため、実施頻度に制限が あったが、このサービスだと、操作を簡易化および自動化することで、特別な技術がない点検スタッ フでも、高頻度での点検が可能となった。点検結果の履歴も管理できるため、経年変化も把握できる。
4. AI を活用した自動解析、迅速なレポート作成
 一般的なドローン点検では、撮影工数を削減しつつも、異常検知をした画像と対象パネルの照合に非 常に時間がかかるという課題があったが。このサービスでは解析から対象パネル特定までをディープラ ーニングを活用して自動で行うため、短期間で高精度な点検結果をご報告できるようになった。

参考データ

ディープラーニングを活用した画像認識について

この記事のライター

関連する投稿


ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクスと、株式会社 NTTデータが業務提携契約を締結。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスは、熊本県・大分県の震災復興のため発足した「食農グリーンツーリズム」による支援プロジェクトに参加し、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸する「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を実施した。


ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、無人航空機(ドローン)操縦者向けにオンライン学科講習サービスを開始した。


ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

ブイキューブロボティクス、「世界防災フォーラム」(仙台市)で防災用「セルラードローン(R)」と「DRONEBOX」を紹介

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、「世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017」に11月27日参加、防災用「セルラードローン(R)」「DRONEBOX」を紹介した。


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。