ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ブイキューブロボティクス、太陽光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK」サービスを開始

ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンによる太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。人工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供が可能となった。


AIを用いた画像解析 により点検時間を大幅に削減を達成

 企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、ドローンを用いた太陽 光発電施設点検パッケージ「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」の提供を開始すると発表した。
 「SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」は赤外線サーモ グラフィカメラを搭載したドローンを自動運行させて太陽光パネルを撮影し、その撮影結果に対して人 工知能を用いた画像解析を行い、大幅に作業効率を向上させるだけでなく、短時間で異常パネル検出と点検結果レポートの提供を可能とした。

提供サービス内容

 先ず発電所の太陽光パネルの配置に合わせて、事前にドローンの航行ルートを設定し、そのルートに 沿って赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンが自動航行させ、ソーラーパネルを撮 影する。 次に保存されたパネル画像をクラウド上にアップロードすることで、ディープラーニングによる画像解析を自動的に開始し、異常パネルが検知されれば、その発生場所が分か る点検結果レポートが作成される。
 初回準備として、運用に必要な初期設定とテスト撮影および研修をサービス申込後に実施、2 回目以降は、導入企業側で簡単な操作で点検を実施できるようにする。

サービス特徴

サービス利用イメージ

1. 点検時間を大幅に短縮
 人手だと1 枚 1 枚検査が必要だった太陽光パネル点検を、自動航行のドローンでスピーディに撮影するだけで、これまで 2MW を約 4 日かけて点検していたところを、このサービスを使うことで約 15 分で完了することができる。
2. 異常検知の正確さ
 従来の点検では見落とすことのあったホットスポットも、太陽光パネルの角度に合わせてドローン撮影 することで、異常検知の精度が向上した。点検しにくい傾斜地などでも柔軟に対応可能となった。
3. 点検実施回数の増加
 従来のドローンを活用したパネル点検は、社外のオペレーターが必要だったため、実施頻度に制限が あったが、このサービスだと、操作を簡易化および自動化することで、特別な技術がない点検スタッ フでも、高頻度での点検が可能となった。点検結果の履歴も管理できるため、経年変化も把握できる。
4. AI を活用した自動解析、迅速なレポート作成
 一般的なドローン点検では、撮影工数を削減しつつも、異常検知をした画像と対象パネルの照合に非 常に時間がかかるという課題があったが。このサービスでは解析から対象パネル特定までをディープラ ーニングを活用して自動で行うため、短期間で高精度な点検結果をご報告できるようになった。

参考データ

ディープラーニングを活用した画像認識について

 「SOLAR CHECK」は、データセクション株式会社の提供するディープラーニン グ(深層学習)などの人工知能を用いた高い映像解析技術により、より精度の高い解析が可能となっ ている。
 映像解析技術を担うデータセクションは、独自に開発したプラットフォーム「MLFlow(エムエルフロ ー)」を活用し、大量の映像を即時に処理する技術に強みがあり、また今回の太陽光発電設 備点検のソリューションにおいては、太陽光パネル検出に特化したアルゴリズムを開発。旧来の映像 処理に加えさらに複数の深層ネットワークをプラスすることで、運用を続けるほど賢くなる AI アルゴリズ ムによって検知精度をあげる仕組みを作り上げた。

サービス料金プラン

導入初期費用+月額課金型
※発電所の拠点数・規模に応じて、個別見積る。
※対象のドローンをお持ちの会社についてはアプリケーションのみの提供も可能。

株式会社データセクション ( http://www.datasection.co.jp )
株式会社ブイキューブロボティクス ( http://www.vc-robotics.com/ )

この記事のライター

関連する投稿


ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

ブイキューブロボティクス、総額約12億円の資金調達を実施 「センシンロボティクス(SENSYN ROBOTICS)」へ社名変更

 全自動ドローン運用サービス「ドローンボックス」など、企業、自治体向けロボティクスソリューションを手掛ける株式会社ブイキューブロボティクス(東京)は6月29日、総額約 12 億円の資金調達を実施し、 7 月 1 日に社名を「式会社センシンロボテ ィクス(SENSYN ROBOTICS)」に変更すると発表した。


ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

ブイキューブロボティクス、NTT データと業務提携契約を締結

企業・自治体向け業務用ドローンソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクスと、株式会社 NTTデータが業務提携契約を締結。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスは、熊本県・大分県の震災復興のため発足した「食農グリーンツーリズム」による支援プロジェクトに参加し、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸する「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を実施した。


ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

ブイキューブロボティクス、無人航空機(ドローン)操縦者向けオンライン学科講習サービスを開始

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、無人航空機(ドローン)操縦者向けにオンライン学科講習サービスを開始した。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。