Saashaがインセンティブショーで『fly』熱唱 JUIDAアンバサダーとしてドローンをアピール

Saashaがインセンティブショーで『fly』熱唱 JUIDAアンバサダーとしてドローンをアピール

 シンガーソングライターのSaashaが、東京ビッグサイトで開催された「プレミアムインセンティブショー」で日本UAS産業振興協議会(JUIDA)のアンバサダーを務め、ドローンのイメージソングと言われる自作曲、『Fly』を会場のステージで披露した。


イブニングパーティーでは鈴木理事長からマイクを受け取る

 Saashaが歌声を披露したのは、2月7日から9日の間に開かれた「第57東京イターナショナル・プレミアム・インセンティブショー春2018」(主催:株式会社ビジネスガイド社)の、イブニングパーティーと、特別講演のステージ。
 Saashaは、同ショーの特別展示企画「ロボットワールドEXPO」にブースを出展したJUIDAのアンバサダーに起用され、ドローンの普及活動の一環として、ドローン業界内でドローンのイメージソングと言われる自身の楽曲を披露することになった。
 イブニングパーティーは、インセンティブショーと同時開催の「第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018」「第23回グルメ&ダイニングスタイルショー春2018」「第3回プレミアムビューティー・ヘルスショー2018」の出展者のうち登録者だけが参加するクローズドのパーティー。約600人が見守る中、JUIDAから特別ゲストとしてJUIDAの鈴木真二理事長があいさつした。鈴木理事長は概要を説明したのち、「私からみなさまに歌のプレゼントがございます」とSaashaを紹介。黒の衣装をまとったSaashaが「JUIDAアンバサダー」のたすきをかけて登場し、ステージ中央で鈴木理事長からマイクを受け取ると、たすきを担当者に預けて、歌を披露した。
 曲の中で最も印象的な、いわゆるサビのフレーズにさしかかり、Saashaの声がのびやかに広がると、それまで歓談していた参加者が顔を上げる姿も多くみられるなど、居合わせた参加者は一様にSaashaの歌声に耳を傾けた。ステージから降りフロアに合流しても、写真撮影や握手を求められたり、地元ライブへの出演の打診を受けたりと、幅広く声をかけられていた。

イブニングパーティーで、挨拶をした鈴木真二理事長からマイクを受け取るSaasha。約600人の参加者が歌声に酔った=2018年2月8日、東京ビッグサイト

海の景色が広がる空撮映像を背景に

 翌9日の特別講演には、JUIDAの岩田拡也常務理事が登壇した。「人に伝えるドローンの技術『ドローンの世界動向と俯瞰する未来産業』」をテーマに話をしたあと、「ドローンが情報を伝えるように、伝える力を持つものにはいろいろなものがある。そのひとつに気持ちを伝える歌がある」と、話を転換したうえでSaashaを紹介。
 Saashaは,白い衣装でステージに登場。ドローンで撮影された海や空が広がる美しい風景の映像を背景に、のびのびと歌いきった。講演の参加者に加え、歌声が響きはじめてから着席する人も後を絶たず、歌で会場を魅了した。

背景に空撮映像が流れる中で『fly』を熱唱

ゴスロリドローン、JDRAデモ、ミニスクールも

 インセンティブショーでは、JUIDAは概要を説明するためのブースを出展していたほか、ドローンを飛ばすために準備した網で囲ったケージの中でも体験会を実施した。
 ケージでは岩田常務理事が、ドローンの機体をすべて網とレースで覆い、人が本体に触れてもプロペラでケガをすることのないドローンを、網とレースの模様から「ゴスロリドローン」と名付けて紹介した。
 このほか、認定スクール「チームはちどり」を運営する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会の飯原夏子さん、坂口公恵さんが、来場者にミニスクールを開いたり、一般社団法人日本ドローンレース協会の副代表理でドローンレーサーの横田惇さんによる、レースドローンやミニドローンのデモフライトが行われたと、来場者にドローンを印象づけた。

レーススドローンのデモフライトを披露した横田淳さんと横田さんが副代表理事を務めるJDRAのブースで記念撮影

この記事のライター

最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。