ORSOの「DRONE STARプログラミング」を「プロスタキッズ」の小学生が先行体験

ORSOの「DRONE STARプログラミング」を「プロスタキッズ」の小学生が先行体験

 小学生向けプログラミング教室「プロスタキッズ」を運営する株式会社ミスターフュージョン(東京都)は2月10日、株式会社ORSO(東京)が開発し、この春リリース予定の「DRONE STARプログラミング」の体験会を開いた。参加した小学生はタブレット上でコマンドを並べるとドローンがその通りに動く様子に目を輝かせた。


目の前の18グラムの「DRONE STAR01」に「わあ、ちっちゃい!」

受講した全員が iPadを使ってプログラミングしてドローンを飛ばすことができた。

 この日、体験会に参加したのは「プロスタキッズ」に通っている小学生1~6年生の6人。MITメデフィアラボのライフロングキンダーガーデングループが開発したプログラミング原語「Scratch」を使った経験があり、今回、ORSOの開発した「DRONE STAR©プログラミング」を先行導入した。
 教室では「えいせい先生」が、教室にずらっと並べられた、手のひらにすっぽりおさまる18グラムの「DRONE STAR01」を紹介。「きょうは、これを使います」と言うと低学年の参加者から「ちいさ~い」と声が上がる。そして一人ずつ、コントローラー(プロポ)を使って、飛ばしてみる。操作方法を教わりながら、上昇、前進、後退、ホバリング、ときおりフリップ(宙返り)、着陸をためす。ちっちゃい機体が飛ぶことを確かめると、いよいよプログラミングの出番だ。
 「どう? おもしろい? ほしければ、お父さん、お母さんに頼んでみてね」と軽い宣伝もはさんで、機体になじんだところで、この日の本題であるプログラミングに入る。

iPad上でブロックを積むだけ 「おもしれえ!」の歓声

 「さあこれからは、コントローラーを使いません。それは、プログラミングを組んでおくと、その通りに飛んでくれるからです。プログラミングはこのiPadで組みます」。
 「DRONE STARプログラミング」はプロポを使わず、コードを書かなくてもドローンを動かすためのプログラミングが組めるORSOが開発した教育用スマホアプリだ。タブレットなどにインストールしておくと、メニューを選んでいけば、ドローン動かすときのプロポ操作が「上昇」「前進」などのように「機能ブロック」が表示される。
 利用者はこのブロックを、その機能を効かせたい時間(小数点第2位までの秒単位)とともに「タイムライン」に並べれば、「DRONE STAR01」は、タイムラインの並んだ「機能ブロック」の指示に従って動く。たとえば「上昇、1秒」「左、0.3秒」「ホバリング、0.25秒」「右、0.45秒」と組んでおけば、DRONE STAR01は1秒間上昇したあと、左に移動し、空中静止し、右に移動する。これに継ぎ足していけば、その動きは、プログラムを組んだ利用者表現したいことを、ドローンで表現できる。
 体験会では、生徒は「うさぎ班」と「くらげ班」に分けられ、それぞれドローンでうさぎの動き、くらげの動きをドローンで再現することになった。配られたiPadには、ほかにカエルの動きや、ペンギンの動きを操作するための機能コマンドがセットされている。この日はそれぞれの班が、うさぎの動き、くらげの動きを再現するために、機能ブロックを班の中で話し合って、つくってみることにした。
 「1秒で上昇すると、どこまで上がるのかみてみよう」と声があがる。まず、タイムラインに「上昇、1秒」だけをセットして、ドローンを飛ばしてみる。するとドローンは天井に教室の天井に近いところまで上昇した。「おもしれえ!」と声があがる。「ここまで上昇するなら、上昇は1秒でいい」と実験結果を参考にする声も出る。やってみて、練り直して、もう一度やってみる、が始まった。
 「うさぎの動きって、こうだよね」。「くらげは、ゆらゆらだから、左にいって、右にいけばいいから・・・」。班の中で話がはずみ、組んでは、試してみる。「この部屋、左に行き過ぎちゃうな」「フリップ、いれようよ」など、状況を把握しながら、戦略も重ねられる。そのたびに、ドローンは上昇し機能ブロックの指示を受けて動く。
 班ごとの作業が進んだところで、先生が、「じゃあ、これから一人一人で組んでみよう」と宣言。参加生徒一人一人にiPadが渡された。ここからは、一人一人がくむ時間だ。これまででコツをつかんだ生徒は、難なくタイムラインに帰欧ブロックを積み重ねていく。
 しばらくして「はいっ、じゃあ、最初に飛ばす人」とたずねると、勢いよく手が上がる。
 ここが大人とは違う。
 一人一人が、それぞれのプログラムでドローンを飛ばす。つきそいの親御さんも、その様子にくぎづけだ。生徒の補助をしている「くろきち先生」、「しま先生」は、「よし、やってみようか」などとはげましながら生徒を送り出す。ドローンが飛ぶ。左に揺れたり、ホバリングをしたり、フリップしたりする。「おお、うさぎっぽいね」などの声があがる。たまにカベにぶつかり、笑い声が上がる。
 1人1人のフライトに必ず拍手が起こる。

先ずはグループでウサギをイメージしてドローンの動きをプログラミングした。

こちらのグループはクラゲをイメージしてプログラミング。。

「ミッションのあるプログラミング教材」として進化した「DRONE STAR」

この記事のライター

関連する投稿


【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

ドローン前提社会において提供したい価値を議論し、ドローン産業のエコシステムについて中長期的なビジョンを共有する目的で、投資とスタートアップの最前線を業界で活躍する第一線のパネリストが熱い議論を交わした。


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。