インテルが平昌オリンピックで1,218台のIntel Shooting Starでギネス記録を更新

インテルが平昌オリンピックで1,218台のIntel Shooting Starでギネス記録を更新

2018年2月9日。韓国、平昌でインテルは1,218台のIntel Shooting Starドローンによるライトショーを披露し、ギネス記録を更新した。


開会式の夜空に五輪を映し出したインテルのドローン

40億以上の色を発光できるIntel Shooting Star

 Intel Shooting Starドローンは、エンターテイメントのライトショー用に開発されたドローン。40億色以上の色の組み合わせをLEDライトで発行し、高度な群制御による飛行で夜空に様々な光のアートを描き出す。平昌で開催された冬期オリンピックでは、これまでのギネス記録を塗り替える1,218台のIntel Shooting Starドローンが、一斉に飛行して夜空にオリンピックの象徴である五輪マークを描いた。放映された映像では、最初にIntel Shooting Starドローンがゲレンデの上空でスノーボーダーの姿を描くと、ライトや松明を手にしたスキーヤーやスノーボーダーが滑り出し、ゲレンデの下で五輪マークを光らせる。それに呼応するように、Intel Shooting Starドローンが上空で五輪マークの形を作った。
 インテルのドローンライトショーチームのナタリー・チョウ氏は「オリンピックは、スポーツやエンターテインメント業界が記録的なパフォーマンスを誇る場なので、Intel Shooting Starドローンと私たちのチームが独自の記録を立てるには完璧なステージだった」と話す。また、インテルのドローングループを率いるゼネラルマネージャーのアンリ・ナンデュリ副社長は「オリンピックで、インテルのドローンがいくつかの役割を果たすことを光栄に思っています。競技に参加するアスリートとは違い、我々は世界中の人々に影響を与えるドローン技術の革新と開発を続けています」と述べる。そして、ギネス世界記録の商業ディレクターのサム・プロッサー氏は「冬期オリンピックでインテルとパートナシップを結んだことを喜ばしく思います。2015年にインテルは100機のドローンを同時に飛行させてギネス記録を作りました。2016年には500機のドローンで記録を更新し、今回は1,000機を越えるドローンで、さらに新記録を達成しました」と話す。
 インテルは、オリンピックの世界的なスポンサーシップ・プログラムのメンバーとして、視聴者がオリンピックに没入できる様々なテクノロジーをサポートしている。

平昌オリンピックでドローンライトショーを指揮したナタリー・チョウ氏
写真は昨年のハウステンボスでの取材時のもの

開会式では撮影でドローンが活躍

この記事のライター

関連する投稿


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


インテルがLGBTQのPride Month 2018でドローンライトショーを披露

インテルがLGBTQのPride Month 2018でドローンライトショーを披露

米国カリフォルニア州フォルサムで、インテルはLGBTQコミュニティのためにドローンライトショーを披露した。300機のIntel Shooting Starドローンが、夜空に象徴的なシンボルを描いた。


【ジャパンドローン2018】2020年にインテルのドローンが東京の夜空を舞う!?

【ジャパンドローン2018】2020年にインテルのドローンが東京の夜空を舞う!?

ドローンジャパン2018の基調講演に登壇したインテルのドローン事業部マーケテイング責任者のシンディー・ウン氏は、2種類のライトショー用ドローンを紹介し、2020年の東京オリンピックでドローンや最新テクノロジーを活用したショーを予定していると語った。


平昌オリンピックの閉会式で Intel Shooting Starドローン300機がライブパフォーマンスを披露

平昌オリンピックの閉会式で Intel Shooting Starドローン300機がライブパフォーマンスを披露

2月25日。インテルは平昌オリンピックの閉会式で、300機の Intel Shooting Starドローン300機で、会場の夜空にオリンピックのマスコット「スホラン」を描いた。


【CES2018】インテルが非GPS環境下で100機のIntel Shooting Starでライトショーを実現

【CES2018】インテルが非GPS環境下で100機のIntel Shooting Starでライトショーを実現

米国ラスベガスで開催されているCES2018の基調講演に登壇したインテルのブライアン・クリザニッチCEOは、ステージ上で最新型のIntel Shooting Starによるパフォーマンスを披露した。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。