米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国ノースカロライナ州 - 2018年2月8日 - 企業向けドローンの大手プロバイダーPrecisionHawk Inc. は、Droners.ioとAirVidの買収を発表した。買収により、同社は15,000を越えるドローンパイロットのネットワークを形成する。


7,500万ドルの調達資金を活用して2つのパイロット仲介企業を買収

グローバルにパイロットの仲介を行うair-vid.comのサイト

 PrecisionHawk社は、2017年に100人以上の新入社員を雇用し、エネルギー、保険、政府および建設など世界中のさまざまな業界にサービスを提供する能力を拡大してきた。そして、1月24日にベンチャーおよび戦略的投資家のグループから、7,500万ドルの資金を調達し、約2週間で今回の買収を発表した。同社のMichael Chasen(マイケル チャゼン) CEOは「Droners.ioとAirVidとは、ドローンオペレーターが職業に情熱を傾けるように支援する、という使命を共有しています。PrecisionHawkがプロフェッショナルなドローンのサービスを企業に提供していることと相まって、この合併により、ドローンのパイロットにとって最高のプラットフォームを構築すると同時に、エンタープライズクライアントに必要なオンデマンドサービスを提供できます」と話す。
 PrecisionHawk社は、2018年末までに何十万ものミッションを達成する目標を掲げている。同社は、この需要を満たすために、新しく形成された認証パイロットのネットワークを全国および海外に拡大していく。FAAのパート107認定を取得しているパイロットは、www.droners.ioにプロフィールを登録して、地域内の仕事を受注できるようになる。Droners.ioを設立したDave Brown氏は、今後はパイロットネットワーク開発チームを管理する。また、AirVidの創設者のPatrick Egan氏は、PrecisionHawkをコンサルタントとして支援する。
 Dave Brown氏は「ドローンパイロットのネットワークは、成功したドローンエコシステムの基本ブロックの1つであると信じています。PrecisionHawkの使命を継続し、ドローンパイロット経済の成長をサポートすることができて嬉しく思います」と話す。

工事から結婚式まで空撮パイロットを仲介するDroners.ioのサイト

新たな資金調達を発表したときにPrecisionHawkの発表資料に掲載されていたPwCによる市場予測

この記事のライター

関連するキーワード


PrecisionHawk Droners.io AirVid

関連する投稿


新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

米国でドローンを活用したサービスを提供するPrecisionHawk(プレシジョンホーク)社は、新しい市場にドローンのサービスを拡大するために、5つのサービスパッケージを9月7日、発表した。


米AkitaBoxとPrecisionHawkがビル設備管理のドローン活用で連携

米AkitaBoxとPrecisionHawkがビル設備管理のドローン活用で連携

6月26日。米国ウィスコンシン州のソフトウェア企業AkitaBox(アキタボックス)は、同社の提供するクラウド上のビル管理ソフトウェアで、ドローン ソリューション ベンダーのPrecisionHawk(プレシジョンホーク)とパートナーシップを結ぶと発表した。


米PrecisionHawk社がマッピング用ソフトを無料で提供

米PrecisionHawk社がマッピング用ソフトを無料で提供

米国でドローンによる測量やリモートセンシングなどのソリューションを展開しているPrecisionHawk社(本社:米国、CEO:Michael Chasen)が、ドローンで撮影した画像データをマッピングし3Dモデルなどを作成できるPrecisionMapperを無料で提供する。


Japan Drone 2017速報・DJIブースにあった注目すべき参考出品ドローン

Japan Drone 2017速報・DJIブースにあった注目すべき参考出品ドローン

Japan Drone 2017のDJIブースは、初披露となったMATRICE 200の他にも、農薬散布用ドローンのAGRAS MG-1など、業務用モデルが数多く展示されていた。その中でも、注目すべき参考出品がいくつかあった。


米国のドローン市場を左右する重要人物たち

米国のドローン市場を左右する重要人物たち

米国のドローンメディアのdronelife.comは、2017年2月に「ドローン産業で影響力のある人物」というテーマの記事を掲載した。


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。