ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンを活用した先進農業に取り組むドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、2018年度の栽培に向けた“応援チーム”を結成する目的で、ドローン米2018 キックオフイベントを都内で開催した。


5名の篤農家が新米を持ち寄りドローン米の支援者にふるまう

ドローン米支援者約70名が集った。

 ドローン・ジャパンが主催したドローン生産者を囲む会には、70名を越える参加者が集まった。会場では、5名の篤農家を中心に、ドローン米の栽培を担う人たちと、ドローン米の価値を広く伝える人たち、そしてドローン米を消費する人たちが、それぞれの熱い思いを語り合った。幹事代表を務めたドローン・ジャパンの勝俣喜一朗氏は、新米を持って駆けつけた5名の篤農家を順番に紹介し、それぞれのドローン米に賭ける思いを語ってもらった。
 最初に登壇した北海道旭川市の市川農場の市川範之氏は、有機栽培で育ったドローン米がいかに旨いかを語り、今年からは新たな取り組みとしてグルテンフリーの米だけで作った麺を紹介した。また、富山県立山町で株式会社笑農和(えのわ)の代表取締役を務める下村豪徳氏は、農業にITを活用して活性化を図る取り組みについて話し、担い手の不足をテクノロジーで補うことの重要性を訴えた。そして、新潟県長岡市から参加した中島明則氏は、自身が19代目となる長い歴史を持つ篤農家で、農業だけではなく測量やプログラミングなどのITスキルも身につけ、鴨による自然農法も実践している。中島氏は「農業だけで食べていけないから、いろいろなビジネスも展開しています」と話し、ドローン米プロジェクトを通して篤農家が安全で美味しい米の生産に注力できる農業を実現したいと語った。さらに、三重県津市から参加した辻農園の辻武史代表は、オリジナルのブランド米「たらふく」を紹介し、自然調和型の稲作にとってドローンのリモートセンシングによる「見える化」が、いかに重要かを伝えた。最後に、岡山県鏡野町から本山精耕園の本山紘司代表が登壇し、2008年に農林水産省のエリート官僚から農家に転じた経緯に触れ、鏡野町でも耕作放棄地が増えている現状に対して、農業のIT化が新たな農業従事者の参入支援につながるとの期待を述べた。篤農家によるドローン米に対する思いが語られた後、インターネット中継によるパリでの試食会の様子が紹介され、ドバイでの販売を支援するパートナーの動画も映された。
 約一時間に及ぶ生産者や支援者の紹介と挨拶を終え、勝俣氏の音頭による乾杯が行われた後、各テーブルには5種類のドローン米が順番に運ばれ、副菜との絶妙な味のバランスに舌鼓を打ちながら、参加者は5名の篤農家と日本の食や農業のIT化について、熱心に意見を交換していた。

この記事のライター

関連する投稿


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。


ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米の初回購入の特典として、「農業リモートセンシング勉強会」が9月26日、大手町の産経新聞社で開催された。最先端で技術と農家をつなげているドローンジャパン社代表取締役会長の春原久徳氏が、農業リモートセンシングの最新情報や成果などを紹介した。


「ドローン米とササミの包み揚げ」って・・・ ドローン使って栽培した高級米だって

「ドローン米とササミの包み揚げ」って・・・ ドローン使って栽培した高級米だって

ドローンを活用した有機栽培で生産された高級米が、東京・池袋の料理店japanese kitchen HITOHANAで食べられる。


ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培した「ドローン米」販売中

ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培した「ドローン米」販売中

 ドローン専門サイトのドローンタイムズでは、ドローンジャパン株式会社(東京都千代田区九段)が推進する「ドローン米」プロジェクトの考え方に賛同し、2016年度に旭川市の篤農家・市川範之さんが経営する市川農場で有機栽培により収穫された「ドローン米・北海道産ゆめぴりか」のパック米(包装米飯)を産経ネットショップで販売中。


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。