かもめやが次世代物資輸送無人航空機を完成、国外で飛行試験開始

かもめやが次世代物資輸送無人航空機を完成、国外で飛行試験開始

株式会社かもめや(香川県高松市)と、 Airnamics d.o.o.(スロヴェニア共和国メドヴォデ)は、共同開発した次世代物資輸送無人航空機(KamomeCopter:カモメコプター)を完成させ、 スロヴェニア国内において飛行試験を開始した。


物資輸送専用設計の次世代垂直離着陸型固定翼無人航空機

 かもめやが Airnamics d.o.oと共同開発した無人航空機は、 垂直離着陸が可能な固定翼機(VTOL型)で、 小規模な離島をはじめとする狭い離着陸スペースでも運用が可能となっている。、機体内部に運搬物資を格納できる物資輸送専用機としては 世界最大クラスの機体となる。
 先日スロヴェニア国内において初飛行試験を実施、 基本的な空力性能試験等を完了した。 今春以降、 日本国内での実験に向けて最終調整を進めるという。

機体概要

翼長: 3.85m
最大離陸重量: 29 kg (3kg貨物搭載時)
巡航速度: 100 km/h
最大速度: 140 km/h
最大貨物積載量: 3 kg

※上記数値は、 機体の最終調整により変更となる可能性があります。

(開発パートナー)
airnamics d.o.o.
http://www.airnamics.com/

(スポンサー)
碧海総合法律事務所
http://www.aomi-law.com/

この記事のライター

関連する投稿


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。