かもめやが次世代物資輸送無人航空機を完成、国外で飛行試験開始

かもめやが次世代物資輸送無人航空機を完成、国外で飛行試験開始

株式会社かもめや(香川県高松市)と、 Airnamics d.o.o.(スロヴェニア共和国メドヴォデ)は、共同開発した次世代物資輸送無人航空機(KamomeCopter:カモメコプター)を完成させ、 スロヴェニア国内において飛行試験を開始した。


物資輸送専用設計の次世代垂直離着陸型固定翼無人航空機

 かもめやが Airnamics d.o.oと共同開発した無人航空機は、 垂直離着陸が可能な固定翼機(VTOL型)で、 小規模な離島をはじめとする狭い離着陸スペースでも運用が可能となっている。、機体内部に運搬物資を格納できる物資輸送専用機としては 世界最大クラスの機体となる。
 先日スロヴェニア国内において初飛行試験を実施、 基本的な空力性能試験等を完了した。 今春以降、 日本国内での実験に向けて最終調整を進めるという。

機体概要

翼長: 3.85m
最大離陸重量: 29 kg (3kg貨物搭載時)
巡航速度: 100 km/h
最大速度: 140 km/h
最大貨物積載量: 3 kg

※上記数値は、 機体の最終調整により変更となる可能性があります。

(開発パートナー)
airnamics d.o.o.
http://www.airnamics.com/

(スポンサー)
碧海総合法律事務所
http://www.aomi-law.com/

この記事のライター

関連する投稿


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


最新の投稿


セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

株式会社セキドは、 株式会社商船三井、 株式会社MOLマリンと、 MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、 水中ドローンを用いて点検する実証実験を実施した。


ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

「運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)」は、ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」を4月25日、品川で開催する。JUIDAの鈴木真二理事長の基調講演も。


エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、同社の重心制御技術「4D Gravity(R)」を 搭載する次世代ドローン「Next」シリーズの量産化を目的に、農業機械製造の小橋工業株式会社(岡山市 南区)と業務提携へ。


次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。


米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

-米国カリフォルニア州。防衛および商用ドローンを開発するAeroVironment社(NASDAQ:AVAV)社は、次世代のQuantixおよびAV Decision Support System(AV DSS)を2月12日に発表した。