【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市の皮籠石直征副市長が1月30日、東京・大手町のDroneTimesのオフィスを訪ねて頂きました。2017年9月に同市で開催された野外音楽フェス「ONE+NATION music circus in TAMURA」で掲示したDroneTimesの名前入り幟を頂いたところ


田村でのドローンの取り組みは慶大との連携協定から

 田村市は2016年12月に、ドローン研究に積極的に取り組んできた慶應義塾大学と〝ドローン連携協定〟を締結し、ドローンによる地域活性化を加速させました。その第一弾として、市内にある唯一の高校、福島県立船引高校でドローンの知識、技能を伝授する「ドローン特別講座」を開催し、有志の生徒達がゼロからドローンを学びはじめました。DroneTimesは、機会があるたびにその様子を取材して参りました。
 特別講座に参加した生徒達は手に触れるのもはじめて、という状況からほぼ9か月後、国交省の許可承認を取得し、野外音楽フェス会場でドローンによる空撮を任されるまでになりました。会場では空撮と、ドローン体験会で活躍しました。これをきっかけに、来場者、市民の多くが、田村市に高校生によるドローンチームがあることを知ることになりました。高校生ドローンチームはその後、地元の祭りや、防災訓練でも活躍することになりました。

昨年9月に田村市で開催された野外フェス会場に設置された、DroneTimesの名前が入ったのぼりが設置された

謙虚で控えめな田村市民ら「うちの高校生はたいしたものだ」の声

 田村市はある調査で、1000ある市のうちの、966位の知名度だったそうです。素朴で控えめな土地柄で、そこに住む人々に名物をたずねると「うちにはなにもないですよ」と答えが返ってきます。そんな気質もランキングに表われているのかもしれません。田村市らしい魅力はしっかりとあるのに、物足りなささえ覚えたものです。
 そんな田村市の人々が、「うちの高校生たちはたいしたものだ」と口にするのを聞いのは、防災訓練のときでした。高校生がドローンを飛ばす様子を眺めた市民の方に「あのドローン、高校生が飛ばしているんですよ」と話しかけたら「そうですってね。聞きましたよ」に続けて、たいしたものだ、とおっしゃったのです。うれしかった。録音しておけばよかった、と悔やみました。
 うれしかったのは、この取り組みのひとつの目標が、地域が誇りを取り戻すこと、と考えていたからです。この取り組みで指導者側の現地での中心的役割を果たしてきたのは、慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長(大学院政策メディア研究科特任助教)です。南先生の熱心で、地道で、フラットな指導が、こんな形を芽吹いた現場を目撃できたことを、このとき心からありがたく感じました。
 南先生によると、高校生へのドローン講座は、2018年は一段、ギアをあげるようです。
(参考:https://www.dronetimes.jp/articles/2440

防砂訓練での高校生の取り組みに、参加していた市民から「たいしたものだ」という声が漏れた

ホップなどの栽培にもドローンを

 田村市も2018年に、ドローンの取り組みを広げることになるそうです。
 すでに農業利用については、慶大、田村市、ドローン事業者、地元生産農家の意見交換が始まりました。ホップ栽培にドローンを活用する取り組みもスタートします。2018年は田村市がドローンの実用を支援する地域として、さらに知られることになりそうです。
 皮籠石副市長は、ドローンに関する取り組みの今後の構想を話してくれました。これがまとまればDroneTimesでもご紹介します。今後の田村市や、田村市に住む人々、田村市に集う人々の動向に大きな期待をしています。

ドローンを活用したホップ栽培が行われる田村市の「グリーンパーク都路」

この記事のライター

関連するキーワード


田村市 慶大

関連する投稿


【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

 ドローンの発展に奔走するキーマンは2018年をどう展望するのか。慶應義塾大学は2016年12月に福島県田村市と〝ドローン連携協定〟を締結し、高校生にドローン講座を提供するなど田村市の活性化に取り組んできた。活動で中心的な役割を担った南政樹特任助教に次の一手と、業界の展望を聞いた。2回に分けてお届けする。


【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

慶大がドローン連携協定を結んでいる福島県田村市で12月3日、地元の県立船引高校に、福島県南相馬市にある県立小高産業技術高校の生徒が訪問し、ドローンの交流が実現した。扱い方の始動を受けてきた船引高校の生徒は、90分にわたり、学んできた経験やコツを伝授した。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

 地域のお祭りで、ドローンの体験会が人気だ。11月3日には福島県田村市、4日にはさいたま市の地域のお祭りにドローン体験会が初参加し、子供を中心に行列が途切れない人気を見せつけた。田村市のまつりにはドローンアイドルもステージに登場し歌を披露するなど、ドローンは射的、スーパーボールすくいとともに、定番の出し物となる勢いだ。


【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

 平成29年度田村市総防災訓練が10月1日、同市常葉(ときわ)地区で開催され、同市の防災訓練として初めてドローンが導入された。慶大の指導を受けた同市消防団や、福島県立船引高校の生徒が参加し、市民から「すごいね」「たのもしい」の声があがるなど、存在感を示した。


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。