【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市の皮籠石直征副市長が1月30日、東京・大手町のDroneTimesのオフィスを訪ねて頂きました。2017年9月に同市で開催された野外音楽フェス「ONE+NATION music circus in TAMURA」で掲示したDroneTimesの名前入り幟を頂いました。


田村でのドローンの取り組みは慶大との連携協定から

 田村市は2016年12月に、ドローン研究に積極的に取り組んできた慶應義塾大学と〝ドローン連携協定〟を締結し、ドローンによる地域活性化を加速させました。その第一弾として、市内にある唯一の高校、福島県立船引高校でドローンの知識、技能を伝授する「ドローン特別講座」を開催し、有志の生徒達がゼロからドローンを学びはじめました。DroneTimesは、機会があるたびにその様子を取材して参りました。
 特別講座に参加した生徒達は手に触れるのもはじめて、という状況からほぼ9か月後、国交省の許可承認を取得し、野外音楽フェス会場でドローンによる空撮を任されるまでになりました。会場では空撮と、ドローン体験会で活躍しました。これをきっかけに、来場者、市民の多くが、田村市に高校生によるドローンチームがあることを知ることになりました。高校生ドローンチームはその後、地元の祭りや、防災訓練でも活躍することになりました。

昨年9月に田村市で開催された野外フェス会場に設置された、DroneTimesの名前が入ったのぼりが設置された

謙虚で控えめな田村市民ら「うちの高校生はたいしたものだ」の声

 田村市はある調査で、1000ある市のうちの、966位の知名度だったそうです。素朴で控えめな土地柄で、そこに住む人々に名物をたずねると「うちにはなにもないですよ」と答えが返ってきます。そんな気質もランキングに表われているのかもしれません。田村市らしい魅力はしっかりとあるのに、物足りなささえ覚えたものです。
 そんな田村市の人々が、「うちの高校生たちはたいしたものだ」と口にするのを聞いのは、防災訓練のときでした。高校生がドローンを飛ばす様子を眺めた市民の方に「あのドローン、高校生が飛ばしているんですよ」と話しかけたら「そうですってね。聞きましたよ」に続けて、たいしたものだ、とおっしゃったのです。うれしかった。録音しておけばよかった、と悔やみました。
 うれしかったのは、この取り組みのひとつの目標が、地域が誇りを取り戻すこと、と考えていたからです。この取り組みで指導者側の現地での中心的役割を果たしてきたのは、慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長(大学院政策メディア研究科特任助教)です。南先生の熱心で、地道で、フラットな指導が、こんな形を芽吹いた現場を目撃できたことを、このとき心からありがたく感じました。
 南先生によると、高校生へのドローン講座は、2018年は一段、ギアをあげるようです。
(参考:https://www.dronetimes.jp/articles/2440

防砂訓練での高校生の取り組みに、参加していた市民から「たいしたものだ」という声が漏れた

ホップなどの栽培にもドローンを

 田村市も2018年に、ドローンの取り組みを広げることになるそうです。
 すでに農業利用については、慶大、田村市、ドローン事業者、地元生産農家の意見交換が始まりました。ホップ栽培にドローンを活用する取り組みもスタートします。2018年は田村市がドローンの実用を支援する地域として、さらに知られることになりそうです。
 皮籠石副市長は、ドローンに関する取り組みの今後の構想を話してくれました。これがまとまればDroneTimesでもご紹介します。今後の田村市や、田村市に住む人々、田村市に集う人々の動向に大きな期待をしています。

ドローンを活用したホップ栽培が行われる田村市の「グリーンパーク都路」

この記事のライター

関連するキーワード


田村市 慶大

関連する投稿


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

 慶大SFC 研究所と静岡県小山(おやま)町は12月18日、ドローンの利活用による研究推進、防災減災の促進などを目指す連携協力協定を締結した。慶大がドローンで自治体と連携するのは3例目。込山正秀小山町長は3月に起きた大雨による災害をあげ「防災減災、治山治水などに取り組み、小山町の活性化に末永く協力を」とあいさつした。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。


【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

 東日本ドローンサミットでは、災害対応、復興支援にドローンがどう使えるのかを検証するセッション「ドローン×災害対応。復興支援」も行われる。東日本大震災の復興拠点となったJ-ヴィレッジで、震災時のドローン活用を、慶大ドローン社会共創コンソーシアム副代表、南政樹氏とともに考える貴重な時間となる。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。