小型高性能ドローン「Dobby」10月7日発売

小型高性能ドローン「Dobby」10月7日発売

ZEROTECH Intelligence Technology Co., Ltd.(本社:中国)の小型高性能ドローン「Dobby(ドビー)」が、10月7日に大手家電量販店、各ECサイトで発売される。予約の受け付けは9月13日から順次、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpなどの各ECサイトで開始される


 「Dobby」は、軽量コンパクトな本体に、高解像度撮影と安定した自律飛行を可能にするテクノロジーを詰め込んだ、高性能ドローンです。また、顔認識やスマートフォンと連携した自動追跡モード、音声や手ぶりによる操作などにより、これまでにない「自撮り(セルフィー)」を楽しむことができる。廉価版のスタンダードモデルと、予備バッテリーなどがセットになったデラックスモデルから選択することができる。対象年齢は18歳以上。

主な特長

・ポータブルデザイン
軽量コンパクトで持ち運びが便利(アーム収納時サイズ:135mm×67mm×36.8mm)
モバイルバッテリーで充電可能(バッテリー容量:970mAhフル充電で最長約9分間の飛行)

・多機能カメラ搭載
高解像度撮影(静止画:4K 動画:4K/30fps)
被写体を追跡する「フォローミーモード」、顔を検出してピントを自動的に合わせる「顔認識モード」などの撮影モードと手ぶれ補正技術で、これまでにない自撮りを実現
ワンタッチで写真をシェア

・簡単な操作ですぐに使える
スマートフォンの専用アプリ「Do.Fun」による操作(対応OS: iOS 8.0以上、Android™4.3以上)
音声コントロール、手ぶりによる離着陸操作も可能
GPSと先進の高さ感知システムによる、安定的な自律飛行(最大上昇高度:屋外モード50m、屋内モード3m)
GPSと先進の高さ感知システムによる、安定的な自律飛行(最大上昇高度:屋外モード50m、屋内モード3m)

2.発売日

2016年10月7日(金)

3.価格(税別)

スタンダードモデル 50,741円
【内容】
・本体 ☓1 ・バッテリー ☓1 ・チャージングドック ×1 ・充電用USBケーブル(TypeC to Micro)×1
・ACアダプター×1 ・変換アダプター ×1 ・プロペラガード ×1 ・取扱説明書 ×1

デラックスモデル 59,074円
【内容】
・本体 ☓1 ・バッテリー ☓2 ・チャージングドック ×1 ・充電用USBケーブル(TypeC to Micro)×1
・ACアダプター×1 ・変換アダプター ×1 ・プロペラ ×8 ・プロペラガード ×1 ・インナーバッグ ×1
・スクリュードライバー×1 ・取扱説明書 ×1


安全面を考慮してスタンダードモデルにもプロペラガードを付属して販売致します。プロペラガードを付けて屋外で飛行する場合は、国土交通省への申請が必要になる場合がありますのでご注意ください。

4.製品サポート

ZEROTECHの販売代理店であるCYBERBRAIN JAPAN株式会社が製品サポートを提供します。

※詳細は下記のURLよりリリースファイルをご参照ください。
http://pr.kmcpr.co.jp/e/213552/by--------------------0913-pdf/2m91/1170752

Zerotech Dobby ポケット セルフィードローン デラックス版 D100B-H(プロペラガード付属) | 産経ネットショップ

http://sankeishop.jp/ITEM/ns200460-00000-00000

Zerotech Dobby ポケット セルフィードローン デラックス版 D100B-H(プロペラガード付属) | きっと見つかる!「良いモノと出会うヨロコビ」産経ネットショップは生活を豊かにする良品を数多く取り揃えています!

この記事のライター

関連する投稿


Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

中国のテック巨人 Tencent(騰訊)初のライブストリーミング・ドローン「Ying(空影)」を作るパートナー企業が、トラブルに見舞われているかもしれない。先週金曜日(12月30日)、北京を拠点とする ZeroTech(零度智控)は全従業員の4分の1にあたる134人をレイオフした。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

当サイトでも人気のZeroTech社の手の平サイズドローンの「Dobby」を飛ばしてみました。動画で楽しさは動画で確認してください。クリスマスにもまだ間に合います。産経netShopで取り扱っています。


広げて、空中にそっと置くだけ! Zero Zero Roboticsの自撮りドローン 

広げて、空中にそっと置くだけ! Zero Zero Roboticsの自撮りドローン 

中国のスタートアップ「ゼロ ゼロ ロボティクス(Zero Zero Robotics)」が、二つ折りの自撮り用ドローンカメラ「ホバー カメラ パスポート(Hover Camera Passport)」を発表した。


新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

ドローンの楽しみ方を広げる最新モデルの発表が相次いでいる。飛行申請のいらない200グラム未満のミニドローンと、折りたたみ式で持ち運びが簡単でありながら本格的な空撮が楽しめるプロフェッショナルなモデルがその主役だ。


最新の投稿


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。


福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

福島・南相馬市、楽天と連携協定 ドローンを活用した物流システム構築など目指す

 福島県南相馬市は2月16日、楽天と包括連携協定に調印したと発表した。協定の内容は、ドローンを活用した物流シシテムの構築など8項目で、今後、具体化される見通しだ。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(1) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮を専門に扱う有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏は、国際航空連盟が開催するF3Aというラジコン飛行機の競技会にも参加したことがある腕前の持ち主。不動産業からドローン産業へと転身した経歴を聞いた。