防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


 Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、本格派防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、日本国内向けに通信販売を開始する。同社が販売する「Splash Drone Auto 3」は日本の法令に合わせた仕様になっており、技術適合認証マークを取得している。「防水」という利点を生かし、ホビー、レスキュー、警備、産業と日本国内の様々な分野で活用できそうだ。

防水ドローン:スプラッシュドローン

 今回、オープンを記念して1月20日から、プレオーダーの受付を開始した。プレオーダーはウェブサイト( http://swellpro.jp )から「Splash Drone Auto 3」ユニットに限り、15パーセント割引、日本全国送料無料でオーダーできる。先着30ユニットのオーダーが成立したら締め切りとなる。
 一般販売の開始は2月20日を予定していて(通常価格、送料有料)、2月中旬までは、メーカーが旧正月で長期休暇に入るため生産と発送が停止される。プレオーダーの30ユニットから順に、2月下旬より商品の発送を順次開始する。


 「Splash Drone Auto 3」は過去のシリーズの中でもクオリティーが高く、陸上だけでなく、水上でも離発着が可能なプラットフォームとなっている。「防水」という機能を兼ね備えただけで、今までとは比べ物にならないくらいの「自由」を手に入れることができる。雨、雪といった悪天候でも、海や湖の上でも変わらぬ飛行が可能。

 そして、ニューモデルのフライトコントローラーの搭載によって、これまで以上に操作の信頼性が増し、最新型カスタム620kvモーターはパワーや機動力に優れ、抜群のバランス性能を実現させている。
 また、高品質な2軸ジンバルと高画質4kカメラを搭載しており、歪みのない鮮やかな高解像度のキャプチャを実現した。様々な天候や環境の中でも、プライベートシーン、ビジネスシーン問わず、最高のパフォーマンスを実現する。


[SwellPro日本総代理店]

ゲートサイドマリン株式会社

沖縄県国頭郡恩納村真栄田2662-2

Swellpro Japan : http://www.swellpro.jp/

カンパニーサイト: http://www.gatesidemarine.com/

情報提供元:@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/147738

この記事のライター

関連するキーワード


Splash Drone Auto 3 Swellpro

関連する投稿


ボートショーの初日で完売した防水ドローンのSplash Drone Auto 3

ボートショーの初日で完売した防水ドローンのSplash Drone Auto 3

パシフィコ横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー2018」に出展したGATE SIDE MARINE株式会社(本社:沖縄県、CEO:門脇努)は、防水ドローンのSplash Drone Auto 3の展示販売を行い、初日で用意した在庫を完売した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。