防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


 Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、本格派防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、日本国内向けに通信販売を開始する。同社が販売する「Splash Drone Auto 3」は日本の法令に合わせた仕様になっており、技術適合認証マークを取得している。「防水」という利点を生かし、ホビー、レスキュー、警備、産業と日本国内の様々な分野で活用できそうだ。

防水ドローン:スプラッシュドローン

 今回、オープンを記念して1月20日から、プレオーダーの受付を開始した。プレオーダーはウェブサイト( http://swellpro.jp )から「Splash Drone Auto 3」ユニットに限り、15パーセント割引、日本全国送料無料でオーダーできる。先着30ユニットのオーダーが成立したら締め切りとなる。
 一般販売の開始は2月20日を予定していて(通常価格、送料有料)、2月中旬までは、メーカーが旧正月で長期休暇に入るため生産と発送が停止される。プレオーダーの30ユニットから順に、2月下旬より商品の発送を順次開始する。


 「Splash Drone Auto 3」は過去のシリーズの中でもクオリティーが高く、陸上だけでなく、水上でも離発着が可能なプラットフォームとなっている。「防水」という機能を兼ね備えただけで、今までとは比べ物にならないくらいの「自由」を手に入れることができる。雨、雪といった悪天候でも、海や湖の上でも変わらぬ飛行が可能。

 そして、ニューモデルのフライトコントローラーの搭載によって、これまで以上に操作の信頼性が増し、最新型カスタム620kvモーターはパワーや機動力に優れ、抜群のバランス性能を実現させている。
 また、高品質な2軸ジンバルと高画質4kカメラを搭載しており、歪みのない鮮やかな高解像度のキャプチャを実現した。様々な天候や環境の中でも、プライベートシーン、ビジネスシーン問わず、最高のパフォーマンスを実現する。


[SwellPro日本総代理店]

ゲートサイドマリン株式会社

沖縄県国頭郡恩納村真栄田2662-2

Swellpro Japan : http://www.swellpro.jp/

カンパニーサイト: http://www.gatesidemarine.com/

情報提供元:@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/147738

この記事のライター

関連するキーワード


Splash Drone Auto 3 Swellpro

最新の投稿


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。


セキドが一般社団法人農林水産航空協会認定 の「農業ドローン講習 in 新潟五泉」【技術認定証取得】講習開催

セキドが一般社団法人農林水産航空協会認定 の「農業ドローン講習 in 新潟五泉」【技術認定証取得】講習開催

セキド農業ドローン講習は、座学講習・講習内で10時間の訓練飛行を行い、試験を経て、AGRAS MG-1 の取扱い(導入)に必要なオペレーター免許(技術認定証)を取得する為のプログラムです。