2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国・商業用ドローン市場の規模が、600億元(約1兆322億円)を超えるとの分析が公表された。


2017年に100億元(約1720億円)を突破した中国の商業用ドローン市場だが、当局の政策支援に支えられ、今後も急成長を続けていくという見通しである。

昨年末、中国工業情報化部は、「商業用ドローン産業の発展に関する意見」を発表し、2020年に商業用ドローン市場の規模が生産価値基準で600億元を突破すると予想した。その背景として、「公共分野だけでなく、民間においてもドローンの活用範囲が大きく広がっている」と現状を指摘。急速に拡大する市場の需要に合わせて、「政府もドローンの生態系づくりに幅広い政策支援を行う」とした。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ROBOTEER
https://roboteer-tokyo.com/archives/11518

この記事のライター

関連するキーワード


中国

関連する投稿


DJI主催「ROBOMASTER 2018」次世代ロボットコンテスト 広州の華南理工大学が優勝

DJI主催「ROBOMASTER 2018」次世代ロボットコンテスト 広州の華南理工大学が優勝

中国、広州の華南理工大学が200チームの頂点に。


東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニスとも呼ばれる中国江蘇省の蘇州の山塘街を空撮。


大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

ドローン技術の急速な発展に伴い、中国の2020年のドローン市場規模は584億元(1元は約17円)以上に達する見通し。


領空侵犯ドローンに妨害電波で対抗 政府が検討、法改正も視野

領空侵犯ドローンに妨害電波で対抗 政府が検討、法改正も視野

 政府が、ドローンによる領空侵犯への対処策として、海上保安庁の巡視船に電波妨害装置を搭載しドローンの飛行を阻止する検討に入ったことが7月30日、分かった。(沖縄県石垣市)周辺で5月に中国公船から飛行したとみられるドローンが領空を侵犯したことを受けた措置。


中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

 中国で外資系、国営系以外では宅配便事最大手の順豊エクスプレス(順豐速運、本部・広東省深圳)は、物流ドローンモデル運行区の空域申請を行い、正式に認可された。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。