NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


試験方法や試験環境の妥当性を検証

 NEDOは、富士通株式会社、日本電気株式会社、株式会社イクシスリサーチ、株式会社エンルート、株式会社プロドローンとともに、昨年10月16日から開始、エンルートが千葉県東金市に開設したドローンフィールド東金の中に設置した模擬橋梁実験施設を使い行われた。この模擬橋梁実験施設を用いて、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた試験方法を検証するための飛行試験を実施した。

 事象実験の概要は、無人航空機による近接画像撮影や打音検査などの橋梁点検プロセスを再現し、実際に無人航空機を飛行させ、無人航空機による橋梁点検プロセスに沿った性能評価の試験方法やそこで必要となる計測システムの妥当性を検証した。加えて、特設した送風設備を用いて、無人航空機の飛行安定性の性能評価に必要となる橋梁の支承部※2付近の風などの外乱を考慮した試験環境の妥当性の検証も行った。

実証実験の全体像

 実験の結果、橋梁点検における無人航空機の活用に向けた性能評価基準策定に必要となる各種データを取得することができた。NEDOは、今後も性能評価基準の策定に貢献すべく準備を進めていくとしている。
 また、昨年11月22日にNEDOと福島県が締結した「福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定」の取り組みの一環として、性能評価基準に基づく試験が「福島ロボットテストフィールド」の試験用橋梁で実施できるよう、今回の試験から得られた知見を福島県へ提供していく。

福島ロボットテストフィールド 試験用橋梁 完成予想図

飛行試験の内容

1) 無人航空機による橋梁点検プロセスに沿った性能評価の試験方法の検証に関する飛行試験
無人航空機による高橋脚上部や床版の近接画像撮影、高橋脚の打音検査などのための橋梁点検プロセスやそこで必要となる計測システムの妥当性を検証するために、無人航空機を飛行させ、準備から点検作業終了までの所要時間と点検時の環境条件(天候・風向・風速・照度など)のデータを取得するとともに、画像や打検器接触位置・姿勢などのデータを取得した。

(2) 橋梁支承部における風などの外乱を想定した性能評価の試験環境の検証に関する飛行試験
特設した送風設備を用いて、橋梁支承部およびその近傍における安全な運用を阻害する風などの外乱を考慮し、その環境下で無人航空機を飛行させ、無人航空機の姿勢制御性能を定量化するなど、飛行安定性の性能評価に必要となる試験環境の妥当性の検証を行った。

飛行試験の全体イメージ(床版の近接画像撮影)

風などの外乱を想定した試験環境の妥当性の検証に関する飛行試験

この記事のライター

関連する投稿


NEDOとスカパーJSAT、衛星通信を利用した高高度無人航空機の飛行・通信実験を福島県で実施

NEDOとスカパーJSAT、衛星通信を利用した高高度無人航空機の飛行・通信実験を福島県で実施

NEDOとスカパーJSATが地上通信が困難な環境下でもドローンが飛行可能な運航管理システムの実現目指す実験を福島県のスカイパークで実施し、目視外エリアでもドローンの通信環境を構築できる可能性を確認した。


ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

 ヘリコプターの操縦者は、ドローンを見ることができるのか、などについて、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と関連事業者が、12月15日、福島県南相馬市に整備中の復興工業団地内福島ロボットテストフィールドで実験し、その様子を公開した。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

株式会社プロドローンの代表取締役社長・河野雅一は、11月28日に開催された「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」(以下、EOY JAPAN)において、チャレンジング・スピリット部門の大賞を受賞した。


プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

プロドローンがKDDIと「スマートドローン」のモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

株式会社プロドローンは、KDDI株式会社と、新潟県長岡市の協力のもと、4G LTEのモバイル通信ネットワークを活用し(注1)、「3次元地図」、「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験を実施した。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。