オプティムとみちのく銀行がAI・IoT戦略的包括提携を締結

オプティムとみちのく銀行がAI・IoT戦略的包括提携を締結

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行(青森県青森市)と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進すべく、「AI・IoT戦略的包括提携」を締結したと発表した。


地方銀行におけるAI・IoTの活用や、 スマート農業の普及、地域産業のAI・IoT化を推進

 今回の「AI・IoT戦略的包括提携」の締結は、「地域の一員として存在感のある金融サービス業を目指し、お客さまと地域社会の幸福と発展のためにつくします」という企業理念を掲げているみちのく銀行と、農業をはじめとした、さまざまな産業においてのAI・IoTの活用を推進すべく日々取り組んでいるオプティムの両者が、AIやIoTなどの技術活用を推進し、「金融」分野と「農業」分野においてAI・IoTを活用し、業務の効率化や作業負担の軽減、新たなサービスやソリューションの提供を目指し取り組んでいく。

「AI・IoT戦略的包括提携」締結事項

締結日:2018年1月11日
締結目的:地域におけるAI・IoTなどの活用を推進していくこと
締結内容:

1,金融機関として初の実例であるスマート農業アライアンスへの参画および今後の推進
2, 青森県および北海道(函館)の農家への農業ITサービス提供への連携について
3,遠隔作業支援ツールを活用した農家のGLOBALG.A.P.取得支援に向けた連携について
4,その他「農業×IT」分野における事項
5,AIを活用したコールセンター支援サービスへの取り組み
6,AIを活用した音声解析による銀行業務の効率化
7,その他「金融×IT」分野における事項
8,その他事業分野における新たなITソリューションメニュー提供に関する事項

この記事のライター

関連するキーワード


オプティム みちのく銀行

関連する投稿


オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進するため「AI・IoT戦略的包括提携」を1月11日に締結し、最初の取り組みとしてオプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業者3社が参画し、実証実験を開始する。


オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

オプティムが「スマート農業アライアンス」を設立し参加者や参加企業を募集

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、「スマート農業アライアンス」の設立を発表し、同アライアンスに参画を希望する第一期の募集を無料(条件つき)で開始する。


オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、大豆の生育管理でドローンによるピンポイントの農薬散布に成功したと発表した。


ソフトバンクとオプティムがドローンを使うスマート農業の実証実験を帯広で開始

ソフトバンクとオプティムがドローンを使うスマート農業の実証実験を帯広で開始

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、火ノ川農場(所在地:北海道帯広市清川町)および帯広市清川エリアで、ドローンを使うスマート農業の実証実験を開始したと発表した。


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。