DJIの技術でRyze社が開発した80gドローン「TELLO」発表

DJIの技術でRyze社が開発した80gドローン「TELLO」発表

TELLOは、DJI製品ではないが、スタートアップのRyze社がDJIの技術を継承して製品化したドローンだ。ちょっと見はSPARKを彷彿させるが、重量は80gを実現、FPV対応、飛行時間13分、720PのHD映像伝送とこのクラスでは高いスペックとなっている。詳しい発表を待ちたい。価格は12,800円。


 2017年にスタートアップとして中国・深圳に設立されたRyze Technologyは、 DJIの飛行制御システムとIntelプロセッサを搭載した「Tello」を発表しDJIストアなどで発売する。一見DJI のSPARKを彷彿とさせる機体は重量80g、FPV対応、飛行時間13分、720PのHD映像伝送とこのクラスでは高いスペックとなっている。競合するのはParrot社のMamboやZerotech社のDobbyといったところだが、DJIが昨年Sparkを発表する直前には、DJI初の200g未満のトイドローンが噂されたが、今回それがRyze Technologyによって具現化されたわけだ。GPSは搭載されてないが、ビジョンポジショニングで制御、離着陸もオートでできる。カメラの特筆すべきは電子ブレ補整機能がついていること。またプログラミングによる飛行も可能となっている。これで価格は12,800円。

スペック

■機体
重量:約80 g(プロペラとバッテリーを含む)
寸法:98mm * 92.5mm * 41mm
プロペラ:3インチ
ビルトイン機能:レンジファインダー、バロメーター、LED、ビジョンシステム、WIFI 802.11n 2.4G、720Pライブビュー
ポート:マイクロUSB充電ポート

■Flight Performance
最大飛行距離:100m
最高速度:8m / s
最大飛行時間:13分

■バッテリー
取り外し可能なバッテリー:1.1Ah / 3.8V

■カメラ
写真:5MP(2592x1936)
FOV:82.6°
ビデオ:HD720P30
フォーマット:JPG(写真); MP4(ビデオ)

この記事のライター

関連する投稿


【CES2018】魅力的な新型ドローンが登場した2018年のCES

【CES2018】魅力的な新型ドローンが登場した2018年のCES

世界150カ国以上の国から3,900を越える企業が参加し、4日間で170,000人以上が来場した米国ラスベガスの家電ショーCES 2018。2010年に仏Parrot社が世界初となるAR.Droneを発表してから8年で、ドローンはプロダクトとしての地位を確立した。


ライオンズファシリティで「第13回 DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 1月26日

ライオンズファシリティで「第13回 DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 1月26日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


【CES 2018】ラスベガスのドローン市場に集う世界のドローン企業

【CES 2018】ラスベガスのドローン市場に集う世界のドローン企業

2018年1月9日から米国ラスベガスで開催されるCES(コンシューマ家電ショー)2018に、ドローン市場(Drones Marketplace)展示コーナーに、50社を越える最新のドローンメーカーが出展する。



ライオンズフィルム主催の第9回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」1月14日開催

ライオンズフィルム主催の第9回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」1月14日開催

本講習会では、実際の申請書類を用いて申請をどのような流れで行うのか、またどのような点に注意し申請書を作成すれば良いのかを説明する。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。