「ドローン空撮コンテスト@福島」作品募集中 締め切りは5月27日

「ドローン空撮コンテスト@福島」作品募集中 締め切りは5月27日

 「福島ドローンスクール」を運営する株式会社スペースワンは、福島の景色、日常、人々などの魅力を伝えるドローン作品を広く募る「ドローン空撮コンテスト@福島」の作品を受け付け中だ。動画部門、静止画部門とも締め切りは5月27日。今からなら雪、桜、新緑も選び放題だ。


二次審査の審査員は業界の第一人者6人

 コンテストは福島県がドローンをはじめとしたロボット産業の拠点に整備されつつあることをきっかけに、ドローンへの理解をさらに深め、福島県の魅力を発信することを目的としている。主催者は、クリエイティビティを高めたり、安全ガイドラインの再確認、技術向上の機会としても活用したりしてほしい、と呼びかけている。
 静止画部門と動画部門があり、いずれも福島県内を撮影した未発表の作品を受け付ける。動画の場合は3分以内(30秒から180秒まで)の作品で、全体の50%以上をドローンで撮影していることなどが条件だ。
 応募作品は、一次審査で事務局が上位10作品を選出。その後、二次審査として6人の審査員が最優秀作品を選ぶ。受賞者にはDJIの「SPARK」、「OSMO MOBILE」や福島県内の宿泊券、福島の特産品などが贈られるという。
 審査員はスペースワン代表の小林康宏氏、DJI映像ディレクターの熊田雄俊氏、慶大大学院特任助教の南政樹氏、トライポッドワークス代表の佐々木賢一氏、クレセントエルデザイン代表の渡邊秋男氏、ドローンジョプラス代表の佐々木桃子氏ら業界の第一人者6人が務める。
 締め切りは当初、1月末で設定していたが、作品の季節性を広げることなどを考慮、5月下旬に変更した。応募条件などの詳細は以下の通り。
https://contest.fukushima-drone.com/

福島の魅力を動画、静止画で応募できる

この記事のライター

最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。