ドローンに必要不可欠!1月20日(土)改正航空法のドローン許可申請セミナーが大阪市北区で開催

ドローンに必要不可欠!1月20日(土)改正航空法のドローン許可申請セミナーが大阪市北区で開催

地下鉄中崎町駅から5分のドローン練習場「フライトパイロットベース」でドローン申請セミナーが開催。当日午後からは世界中で大人気のドローンレースも開催!


一般社団法人日本ドローンレース協会(代表理事 石神嘉兼、以下JDRA)は、2018年1月20日(土曜日)大阪市北区にある「フライトパイロットベース」においてドローンフェスタ2018を開催します。午前中はドローン操縦をする上で必須となる航空法の規制対象に対する許可申請方法を学ぶセミナーに加え、午後からは世界的に人気沸騰中のTinyWhoopマイクロドローンレースを行います。

・ドローン申請セミナー・ドローンレース参加申込先
https://peatix.com/event/330335/view

なぜドローンと航空法は関係あるの?

2015年12月に航空法が改正され、ドローンの飛行エリアと飛行方法に規制がはいることになりました。これはおもちゃのドローンでもドローンレースでも、空撮などの業務用ドローンでも共通して関係する法律でありドローンを扱うひとは必ず抑えておかなければなりません。

空を飛ぶものはすべて落ちる可能性があり、そうしたケースを想定した対策や事前準備が必要です。そうした背景から現在の航空法では大きく2つに分けて『ドローンの飛行エリア』と『ドローンの飛行方法』の規制があります。

◯ドローンの飛行エリアの制限

ドローン(無人航空機)の飛行エリアの規制 出典 総務省HP(httpwww.mlit.go.jpkokukoku_tk10_000003.html

空港などの周辺や人口集中地区、あるいは高度150m以上の高さにおいては、許可なくドローンを飛行させることはできません。わかりやすい判断としては、人通りが多く家が立ち並んだところにおいてはほとんどが規制対象のエリアといってよいでしょう。なお、人口集中地区については、国勢調査の結果が利用されています。

◯ドローンの飛行方法の制限

ドローン(無人航空機)の飛行方法の規制 出典 総務省HP(httpwww.mlit.go.jpkokukoku_tk10_000003.html

また、飛行制限エリアにかかわらず、飛行方法の制限も存在します。そしてこれらの規制を守らずにドローンを飛行させた場合、罪に問われる可能性があります。

ただし、誰もいないようなところでも人口集中地域であったり、遠くの撮影をするために目視外飛行をする必要があるなど、規制対象となるエリアや飛行方法を行いたいケースは存在します。そういった際に必要となるのが、航空法の許可申請の仕組みであり、十分な安全対策や実績を持つ人が許可を得ることができる制度があります。

◯航空法の規制内容に対する許可申請方法

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書(様式)

許可申請を行うには所定の書式に沿って、地方航空局又は空港事務所に申請する必要がありますが、10ページを超える申請書類に不備がある場合は都度修正をし直したり、安全飛行を行う上でのマニュアルを添付したり、また10時間以上の飛行記録の提出などが求められる場合もあります。

こういった申請書類を知識がなくても1人で作成するようにできるのが、1月20日に行うドローン申請セミナーです。ぜひこれを機にドローンを初めてみてはいかがでしょうか。

▶ドローン申請セミナー・ドローンレース参加申込先
https://peatix.com/event/330335/view

当日は今アツイ!ドローンレースが開催

JDRA TinyWhoop Japan Cup No8

当日午後からは、世界的にも大流行している「TinyWhoop」マイクロドローンレースが開催されます。LEDの中を飛び交うドローンによるレースをぜひ観戦してください。(観戦無料) 小さい子供から女性やおじいちゃんまでが一緒になって遊べるのがドローンレースです。

12月27日に渋谷ヒカリエで行われたドローンレースには小学生の女の子も参加

■イベント詳細

日 時:2018年1月20日(土)10時〜20時
場 所:大阪市北区本庄西1-6-14 株式会社協立倉庫 astratto旧館内
参加費:
 1.申請セミナー:5,000円(10時〜12時)
 2.ドローンレース寺子屋:5,000円(10時〜14時30分※休憩30分)
 3.TinyWhoo マイクロドローンレース:3,000円(15時〜19時)
ドローンレースなどは観戦無料です。

■本イベントに関するお申し込み
 https://peatix.com/event/330335/view

■ドローンレース、またはイベント開催に関するお問合せ
info@jdra.or.jp

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000016868.html

この記事のライター

最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。