ドローンに必要不可欠!1月20日(土)改正航空法のドローン許可申請セミナーが大阪市北区で開催

ドローンに必要不可欠!1月20日(土)改正航空法のドローン許可申請セミナーが大阪市北区で開催

地下鉄中崎町駅から5分のドローン練習場「フライトパイロットベース」でドローン申請セミナーが開催。当日午後からは世界中で大人気のドローンレースも開催!


一般社団法人日本ドローンレース協会(代表理事 石神嘉兼、以下JDRA)は、2018年1月20日(土曜日)大阪市北区にある「フライトパイロットベース」においてドローンフェスタ2018を開催します。午前中はドローン操縦をする上で必須となる航空法の規制対象に対する許可申請方法を学ぶセミナーに加え、午後からは世界的に人気沸騰中のTinyWhoopマイクロドローンレースを行います。

・ドローン申請セミナー・ドローンレース参加申込先
https://peatix.com/event/330335/view

なぜドローンと航空法は関係あるの?

2015年12月に航空法が改正され、ドローンの飛行エリアと飛行方法に規制がはいることになりました。これはおもちゃのドローンでもドローンレースでも、空撮などの業務用ドローンでも共通して関係する法律でありドローンを扱うひとは必ず抑えておかなければなりません。

空を飛ぶものはすべて落ちる可能性があり、そうしたケースを想定した対策や事前準備が必要です。そうした背景から現在の航空法では大きく2つに分けて『ドローンの飛行エリア』と『ドローンの飛行方法』の規制があります。

◯ドローンの飛行エリアの制限

ドローン(無人航空機)の飛行エリアの規制 出典 総務省HP(httpwww.mlit.go.jpkokukoku_tk10_000003.html

空港などの周辺や人口集中地区、あるいは高度150m以上の高さにおいては、許可なくドローンを飛行させることはできません。わかりやすい判断としては、人通りが多く家が立ち並んだところにおいてはほとんどが規制対象のエリアといってよいでしょう。なお、人口集中地区については、国勢調査の結果が利用されています。

◯ドローンの飛行方法の制限

ドローン(無人航空機)の飛行方法の規制 出典 総務省HP(httpwww.mlit.go.jpkokukoku_tk10_000003.html

この記事のライター

最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。