鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式で消防総合訓練が、6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センターで行われ、鎌倉ドローン協会によるドローンのデモンストレーションが行われた。同市と同協会は、昨年防災協定を締結したことから、鎌倉市出初式でドローンを使った被災地域の状況把握を想定した映像中継が初めて行われた。


状況把握に効果的なドローン映像中継

 新年恒例となっている鎌倉市「消防出初式」が、消防関係車両19台、消防隊員や消防団員271人が参加して、6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センターで行われた。鎌倉・大船の両とび職組合によるまとい振込みとはしご乗りをはじめ、消防部隊による消防総合訓練が行われた、。また、今年初めてドローンによるデモンストレーションがつめかけた約700人の市民を前に披露された。
 ドローンによるデモを行ったのは昨年、鎌倉市や鎌倉警察署と防災協定を締結した一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)で、地震発生を想定した消防総合訓練の冒頭、被災地域の状況把握のためにドローンによる現場中継を行った。中継映像は来賓席前に置かれた大型ディスプレイにも分岐され、上空からの臨場感ある映像をリアルタイムで映し出し、ドローンによる上空からの映像が状況把握に効果的であることをアピールした。

自主防災活動優良団体として常盤町内会防災部を表彰する松尾市長(左)

 開会式では鎌倉市の松尾崇市長が挨拶し「本市においても(昨年)10月の台風21号により 、沿岸部を中心に高潮災害による大きな被害が残り、改めて自然災害の脅威を痛感した」とし、鎌倉市では安全で快適な生活がおくれる街を優先的に取り組む事業として位置づけ、消防力の総合的整備、充実を図り、防災態勢の充実につて積極的に取り組むと訴えた。また、全国各地で地震の発生や台風、局地的豪雨、土砂災害などが発生しているが、自然災害に見舞われた際には自助、共助、公助の連携と役割分担が被害の軽減につながるとも話した。

ドローンは、はしご車のゴンドラを使った消防隊による救出活動を中継した=1月6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センター

ドローンから撮影された映像は、建物に模した屋上でのはしご車による救出作業が詳細に分かる(鎌倉ドローン協会提供)

消防総合訓練の最後に鎌倉市内の消防団による一斉放水が行われた

この記事のライター

関連する投稿


夏休み中の子どもたちがドローン体験! 子ども大学かまくら(養老孟司学長)がドローン体験学習 鎌倉ドローン協会が協力

夏休み中の子どもたちがドローン体験! 子ども大学かまくら(養老孟司学長)がドローン体験学習 鎌倉ドローン協会が協力

「こども大学かまくら」(養老孟司校長)の体験学習「ドローンはすごい」が、鎌倉ドローン協会の協力で8月3日、鎌倉市御成町の鎌倉市立御成小学校の体育館で行われた。鎌倉市内の小学校に通う児童30人が参加した。


古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺(鎌倉市長谷)では、同寺からの依頼で一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀、鎌倉市七里ガ浜東)が新緑に囲まれた自然豊かな境内の空撮を行った。空撮は今後、同寺の観音ミュージアムなどで公開予定。


「ドローンを防災に活用」 大船警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「ドローンを防災に活用」 大船警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県警大船警察署(鎌倉市大船、野口博署長)と一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀 本部:鎌倉市七里ガ浜東)は2月27日、大規模災害時のドローンによる被災現場情報収集などの防災協定を締結した。同協会はすでに鎌倉市、鎌倉警察署とも同様の協定を結んでおり、鎌倉市内では3番目の締結事例となる。


古都鎌倉で文化財保護の消防訓練実施、訓練状況を初めてドローンで撮影

古都鎌倉で文化財保護の消防訓練実施、訓練状況を初めてドローンで撮影

古都鎌倉の龍宝寺(鎌倉市植木)で、鎌倉市消防本部などによる文化財保護のための消防訓練が1月24日実施された。訓練は鎌倉市内の寺社で毎年「文化財防火デー」に合わせ行われいるもので、今年は初めて一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜)も参加、2機のドローンで上空から訓練の模様を撮影した。


「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県鎌倉市(神奈川県鎌倉市御成町、市長:松尾 崇)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は12月1日、災害時に協力する防災協定を締結し調印した。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。