鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式で消防総合訓練が、6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センターで行われ、鎌倉ドローン協会によるドローンのデモンストレーションが行われた。同市と同協会は、昨年防災協定を締結したことから、鎌倉市出初式でドローンを使った被災地域の状況把握を想定した映像中継が初めて行われた。


状況把握に効果的なドローン映像中継

 新年恒例となっている鎌倉市「消防出初式」が、消防関係車両19台、消防隊員や消防団員271人が参加して、6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センターで行われた。鎌倉・大船の両とび職組合によるまとい振込みとはしご乗りをはじめ、消防部隊による消防総合訓練が行われた、。また、今年初めてドローンによるデモンストレーションがつめかけた約700人の市民を前に披露された。
 ドローンによるデモを行ったのは昨年、鎌倉市や鎌倉警察署と防災協定を締結した一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)で、地震発生を想定した消防総合訓練の冒頭、被災地域の状況把握のためにドローンによる現場中継を行った。中継映像は来賓席前に置かれた大型ディスプレイにも分岐され、上空からの臨場感ある映像をリアルタイムで映し出し、ドローンによる上空からの映像が状況把握に効果的であることをアピールした。

自主防災活動優良団体として常盤町内会防災部を表彰する松尾市長(左)

 開会式では鎌倉市の松尾崇市長が挨拶し「本市においても(昨年)10月の台風21号により 、沿岸部を中心に高潮災害による大きな被害が残り、改めて自然災害の脅威を痛感した」とし、鎌倉市では安全で快適な生活がおくれる街を優先的に取り組む事業として位置づけ、消防力の総合的整備、充実を図り、防災態勢の充実につて積極的に取り組むと訴えた。また、全国各地で地震の発生や台風、局地的豪雨、土砂災害などが発生しているが、自然災害に見舞われた際には自助、共助、公助の連携と役割分担が被害の軽減につながるとも話した。

ドローンは、はしご車のゴンドラを使った消防隊による救出活動を中継した=1月6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センター

ドローンから撮影された映像は、建物に模した屋上でのはしご車による救出作業が詳細に分かる(鎌倉ドローン協会提供)

消防総合訓練の最後に鎌倉市内の消防団による一斉放水が行われた

この記事のライター

関連する投稿


「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県鎌倉市(神奈川県鎌倉市御成町、市長:松尾 崇)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は12月1日、災害時に協力する防災協定を締結し調印した。


鎌倉ドローン協会がテロ対策訓練に参加、現場状況把握に空撮映像を司令本部に伝送

鎌倉ドローン協会がテロ対策訓練に参加、現場状況把握に空撮映像を司令本部に伝送

一般社団法人 鎌倉ドローン協会(神奈川県鎌倉市)は、10月5日に鎌倉市山崎浄化センターで行われた鎌倉市消防本部大船消防署(神奈川県鎌倉市、郷原一己署長)と神奈川県警大船警察署(神奈川県鎌倉市、野口博署長)などによる「テロを想定した対策訓練」に参加し、ドローン空撮映像の中継を行い現場状況把握を支援した。


「鎌倉を守る!」 鎌倉警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定を締結

「鎌倉を守る!」 鎌倉警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定を締結

神奈川県警鎌倉警察署(鎌倉市由比ガ浜、野﨑剛志署長)と一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀 本部:鎌倉市七里ガ浜東)は8月31日、大規模災害時のドローンによる被災現場情報収集などで防災協定を締結した。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。