LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

TERABEE社(本社:フランス、CEO:マックスラッフォ)は、LED技術でレーザーの代わりに60mまでの距離をミリメートル単位で読み取るTeraRanger Evoを発表した。革新的なセンサーとして、ドローンへの搭載が期待されている。


わずか9gでサイズは29mm四方の小型センサー

モジュール構造のTeraRanger Evo

 TeraRanger Evoは、センサー部分とインターフェースを提供するバックボードというモジュール構造になっている。センサーとバックボードを合わせたサイズは、29mm×29mm四方で厚さは22mmとコンパクト。センサーモジュールは9gと軽量で、3gのバックボードを組み合わせても12gと軽量。バックボードには、マイクロUSB 2.0のインターフェースが提供されている。
 センサーとしての性能は、0.5〜60mの範囲に対応し、分解能は14mまでは0.5cmで、14mからは2cmになる。精度は、14mまでは±6cm以上、14mを超えると1.5%になる。電圧は5V DCで、消費電流は90mA〜330mAになる。レーザーではなくLEDを採用したことで、TeraRanger Evoは「視野(Field of View)」を手に入れた。レーザーでは、小さな光点で距離を測定するが、LEDではセンサーがある領域にわたって測定が可能になる。その視野角は2度になるが、1mの距離で約3cm×3cmの範囲を測定できる。10mに離れれば約30cm×30cmの範囲に対応する。距離が離れれば、それだけ広範囲の測定が可能になる。ただし、先の仕様に記載されているように、14mを離れると精度は下がる。それでも、LED測定では、安定したデータストリームを提供できるので、ドローンなどのセンサーとしての利用が期待されている。

この記事のライター

最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。