【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

ドローン専門メディアの「DRONE MEDIA」は2017年12月27日、ドローンの普及拡大、業界発展に貢献した個人、団体を表彰する「DRONE MEDIA AWARD 2017」の受賞者4組を公表した。


ドローンの楽しさを発信、子供や女性に人材育成、深圳と日本の橋渡し・・・

 受賞者は以下の通り
・ドローン芸人、谷プラスワンさん
・体験会などを通じてドローン普及活動を進める女性チーム、DRONE-JO+(ドローンジョプラス)
・一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
・中国・深圳でドローンベンチャーを創業した川ノ上和文さん(株式会社エクサイジングジャパンCEO)
 谷さんはテレビ番組やイベントを通してドローンの楽しさを伝える活動を続けたこと、ドローンジョプラスは子供向けの次世代の人材育成活動や女性の雇用創出活動、JDRAは数々のレース開催を通じた裾野を広げる活動、川ノ上さんは、日本と深圳の架け橋につながる活動がそれぞれ高く評価され受賞につながった。
 ドローンジョプラスの代表、ササモモさん(佐々木桃子さん)は、ドローンタイムズ主催のトークイベント、ドローントークPITのファシリテーターとしても活躍、参加者を盛り上げている。
 川ノ上さんは、2017年11月に千葉・幕張で開催された「橋梁トンネル技術展」内でPwCコンサルティングが出展したステージで行われたトークイベント「公開取材 深圳NOW」でドローンタイムズ副編集長らとともに登壇。深圳のリアルな開発事情、企業の動向などを紹介し、来場者の間に反響が広がった。なおこのイベントでもササモモさんが総合司会を務めた。
 「DRONE MEDIA」は2015年2月に発足したドローン専門メディアの先駆けで、これまでドローンの新製品情報、新サービス、活用事例、実証実験、映像紹介、法律解説などを発信している。

http://dronemedia.jp/drone-media-award-2017/

エクサイジングジャパンの川ノ上和文さん

この記事のライター

関連するキーワード


DRONE MEDIA AWARD

最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。