【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

ドローン専門メディアの「DRONE MEDIA」は2017年12月27日、ドローンの普及拡大、業界発展に貢献した個人、団体を表彰する「DRONE MEDIA AWARD 2017」の受賞者4組を公表した。


ドローンの楽しさを発信、子供や女性に人材育成、深圳と日本の橋渡し・・・

 受賞者は以下の通り
・ドローン芸人、谷プラスワンさん
・体験会などを通じてドローン普及活動を進める女性チーム、DRONE-JO+(ドローンジョプラス)
・一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
・中国・深圳でドローンベンチャーを創業した川ノ上和文さん(株式会社エクサイジングジャパンCEO)
 谷さんはテレビ番組やイベントを通してドローンの楽しさを伝える活動を続けたこと、ドローンジョプラスは子供向けの次世代の人材育成活動や女性の雇用創出活動、JDRAは数々のレース開催を通じた裾野を広げる活動、川ノ上さんは、日本と深圳の架け橋につながる活動がそれぞれ高く評価され受賞につながった。
 ドローンジョプラスの代表、ササモモさん(佐々木桃子さん)は、ドローンタイムズ主催のトークイベント、ドローントークPITのファシリテーターとしても活躍、参加者を盛り上げている。
 川ノ上さんは、2017年11月に千葉・幕張で開催された「橋梁トンネル技術展」内でPwCコンサルティングが出展したステージで行われたトークイベント「公開取材 深圳NOW」でドローンタイムズ副編集長らとともに登壇。深圳のリアルな開発事情、企業の動向などを紹介し、来場者の間に反響が広がった。なおこのイベントでもササモモさんが総合司会を務めた。
 「DRONE MEDIA」は2015年2月に発足したドローン専門メディアの先駆けで、これまでドローンの新製品情報、新サービス、活用事例、実証実験、映像紹介、法律解説などを発信している。

http://dronemedia.jp/drone-media-award-2017/

エクサイジングジャパンの川ノ上和文さん

この記事のライター

関連するキーワード


DRONE MEDIA AWARD

最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。