【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

【2017蔵出し】「DRONE MEDIA AWARD 2017」に谷氏、ドローンジョプラス、JDRA、川ノ上氏の4組

ドローン専門メディアの「DRONE MEDIA」は2017年12月27日、ドローンの普及拡大、業界発展に貢献した個人、団体を表彰する「DRONE MEDIA AWARD 2017」の受賞者4組を公表した。


ドローンの楽しさを発信、子供や女性に人材育成、深圳と日本の橋渡し・・・

 受賞者は以下の通り
・ドローン芸人、谷プラスワンさん
・体験会などを通じてドローン普及活動を進める女性チーム、DRONE-JO+(ドローンジョプラス)
・一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
・中国・深圳でドローンベンチャーを創業した川ノ上和文さん(株式会社エクサイジングジャパンCEO)
 谷さんはテレビ番組やイベントを通してドローンの楽しさを伝える活動を続けたこと、ドローンジョプラスは子供向けの次世代の人材育成活動や女性の雇用創出活動、JDRAは数々のレース開催を通じた裾野を広げる活動、川ノ上さんは、日本と深圳の架け橋につながる活動がそれぞれ高く評価され受賞につながった。
 ドローンジョプラスの代表、ササモモさん(佐々木桃子さん)は、ドローンタイムズ主催のトークイベント、ドローントークPITのファシリテーターとしても活躍、参加者を盛り上げている。
 川ノ上さんは、2017年11月に千葉・幕張で開催された「橋梁トンネル技術展」内でPwCコンサルティングが出展したステージで行われたトークイベント「公開取材 深圳NOW」でドローンタイムズ副編集長らとともに登壇。深圳のリアルな開発事情、企業の動向などを紹介し、来場者の間に反響が広がった。なおこのイベントでもササモモさんが総合司会を務めた。
 「DRONE MEDIA」は2015年2月に発足したドローン専門メディアの先駆けで、これまでドローンの新製品情報、新サービス、活用事例、実証実験、映像紹介、法律解説などを発信している。

http://dronemedia.jp/drone-media-award-2017/

エクサイジングジャパンの川ノ上和文さん

この記事のライター

関連するキーワード


DRONE MEDIA AWARD

最新の投稿


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン株式会社は、民生用ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社とと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

日本国内に定住先の無い日本非定住者“PT(パーマネントトラベラー)”として、世界の絶景空撮映像を撮影する“ドローン空撮職人@さわ” さんの動画「世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜」。HPはhttp://verdehalago.com/prof。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。