JDRAがマイクロドローンレースの開催希望者の公募を開始

JDRAがマイクロドローンレースの開催希望者の公募を開始

一般社団法人日本ドローンレース協会(代表理事 石神嘉兼、以下JDRA)は、ドローンレースの日本全国開催を目指し、各都道府県における開催希望者を募集。JDRAが策定する公式ルールブック、マニュアルを元に運営を行うことで、地域活性化やイベント集客PRにも最適なマイクロドローンレースをだれでも開催可能。


渋谷ヒカリエで行われたマイクロドローンレースわずか10m四方のスペースで開催

全く新しいスポーツ競技であるドローンレース。
ドローンパイロットはFPVゴーグルと呼ばれるヘッドマウントディスプレイを装着し、ドローンについたカメラの映像を見ながら操縦を行い、スピードを競います。今や世界中で爆発的な人気をよんでいるのがこの「FPVドローンレース」であり、JDRAでは国内外でドローンレースを企画運営し、スポーツとしてドローンを安全に普及しております。

パイロットはヘッドマウントディスプレイを装着しドローンを操作

マイクロドローンレースとは?

2017年2月にハウステンボス内におけるイルミネーション上のドローンレース「第三回ジャパンドローンチャンピオンシップ in ハウステンボス」に加え、2017年7月に仙台で行われた「JAPAN DRONE NATIONALS 2017 in Sendai」など、時速150kmを超える大迫力の大規模レースを主に行ってきました。

こうしたインパクトのある大会に加えて、2017年後半より「JDRA TINY WHOOP Japan Cup 2017」というマイクロドローンレースにおけるシリーズ戦を展開し全国を転戦しております。

2017年は3ヶ月で全国7箇所でマイクロドローンレースを開催

マイクロドローンは、わずか25gの超軽量のドローンでありプロペラガードが必須であるため、当たっても全く痛くない安全なドローンであり、子供から大人まで、老若男女が一緒に楽しむことができる数少ない競技です。

わずか25gの超軽量ドローンは当たっても全く痛くないため安全に人の間を飛行可能

何よりも場所を選ばず気軽に開催することができます。
コースは5mまたは10m四方のスペースさえされば設置可能で、公式コースキットとして公開されるリングゲートなどをくぐり抜け、すばやく周回することがドローンパイロットには求められます。見に来た観客もモニターやゴーグルなどでドローンから映し出されている映像を体感することができ、目の前を飛ぶマイクロドローンの白熱したレース展開に興奮や笑いを誘います。

リアルタイムにプロジェクターやモニターにドローンの映像が投影可能

この記事のライター

関連する投稿


日本ドローンレース協会がTech Kids Schoolとプログラミングドローンレースの特別ワークショップを開催

日本ドローンレース協会がTech Kids Schoolとプログラミングドローンレースの特別ワークショップを開催

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsと共同で、 ドローンを利用したプログラミングドローンレースの特別ワークショップを2月12日に開催する。


日本ドローンレース協会がドローン体験会や特別授業のノウハウが分かる特別ワークショップを開催

日本ドローンレース協会がドローン体験会や特別授業のノウハウが分かる特別ワークショップを開催

一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)は、これまで日本全国でドローンレースを開催し、ドローンの体験会や教育機関でドローン特別授業を実施したノウハウが分かるワークショップを2月2日に開催する。


JDRAがForest Drone Racing(林間ドローンレース)をさがみ湖リゾート プレジャーフォレストで3月10日開催

JDRAがForest Drone Racing(林間ドローンレース)をさがみ湖リゾート プレジャーフォレストで3月10日開催

一般社団法人日本ドローンレース協会(以下、JDRA)は、2018年3月10日(土)にさがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(以下、プレジャーフォレスト)にて、相模原市と相模原商工会議所主催の Forest Drone Racing(林間ドローンレース)を開催いたします。


時速150km!?今人気沸騰中の近未来スポーツ競技「ドローンレース入門」Kindle電子書籍で出版開始

時速150km!?今人気沸騰中の近未来スポーツ競技「ドローンレース入門」Kindle電子書籍で出版開始

賞金1億円の世界大会がたった2年で開催される、新スポーツ『ドローンレース』の入門バイブルが電子出版開始


ドローンの楽しみ広がる『ドローンレース寺子屋』初心者から中級者まで誰でも参加可能 11/29(水)

ドローンの楽しみ広がる『ドローンレース寺子屋』初心者から中級者まで誰でも参加可能 11/29(水)

ドローンを飛ばして楽しむ、面白い映像を撮る、ドローンの構造を深く理解する、そういう時間を少しでも多くするために、ワークスペースで学べることを最大限に提供。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。