ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が開校する「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注ができるようになるための実務を経験するための実習となっている。


「ドローン農薬散布」の全てを学べる日本初のドローン農薬散布実務実習

 「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にドローンパイロットとして出演するなどドローンパイロットの第一人者である有限会社レイブプロジェクト(Rave Project)代表取締役 請川博一氏を講師に迎え、 同氏の拠点である北海道 旭川で行われる。
 同氏は一般社団法人 農林水産航空協会 認定 産業用マルチローターオペレーターを養成するための「産業用マルチローターオペレーター指導員」の認定を一般社団法人 農林水産航空協会から受け、また 総務省の産業用無人ヘリコプター画像伝送用無線局免許状も取得済みで、 30年に渡りラジコンおよびドローンによる農薬散布実務を行ってきた。

農林水産航空協会の資格だけでは実務はできない

 ドローンで農薬散布をするためには、一般社団法人 農林水産航空協会から「産業用マルチローターオペレーター」として認定が必要で、認定を受けるためには同協会が指定する教習所で 3日間~5日間の教習を受講する必要がある。 しかし、その講習を受講して「産業用マルチローターオペレーター」として認定を受け、実際に業務受注できるためには、 実務を経験する必要がある。
  この「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注するための実務を経験するための実習ができる。

 講習では農業事業者が所有する北海道旭川を中心とした農地を使い、 実際に農薬散布を行う。 農薬散布専用機「DJI Agras MG-1」の安全な運航に必要な知識と技術を習得し、 農業事業者へのアプローチから、 価格交渉や業務受注、 農薬購入の方法、 農薬希釈の方法、 実際の散布作業、 迅速な農薬充填やバッテリー交換方法、 散布後の手続き、 機体や農薬の適切な運搬方法など、 ドローン農薬散布の実務に必要な知識と技術を習得することができる。 受講料金には、 実務実習代に加え、 農薬散布専用機 DJI Agras MG-1の機体レンタル費も含まれている。

1月21日(日)の無料説明会

 ドローン大学校では、 ドローンによる農薬散布を知ってもらうため、 1月21日(日)17:30~19:30に、 同校にてどなたでも参加可能な無料説明会を開催します。 参加申込みは以下のサイトからの事前申込みが必要となっている。

無料説明会申込み▷ https://dronecollege.ac/noyaku/

無料説明会日時 1月21日(日)17:30~19:30

無料説明会会場 ドローン大学校 東京キャンパス
        〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO206
        電話 03-6865-8188

        mail hi@dronecollege.ac

この記事のライター

関連する投稿


ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格取得カリキュラムを開始

ドローン大学校がスカイマティクス社の認定校として"「いろは」認定オペレーター"の民間資格が取得できるカリキュラムを開始し、 リモートセンシングをビジネスとするプロパイロットを育成。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

ドローンラボと天馬諮問、災害救急現場でのドローンによる映像伝送で協力

一般社団法人ドローン大学校のグループ会社である株式会社ドローンラボと映像圧縮伝送技術のスペシャリストである天馬諮問株式会社が、ドローンによる映像伝送の運用について 協力。


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww