ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が開校する「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注ができるようになるための実務を経験するための実習となっている。


「ドローン農薬散布」の全てを学べる日本初のドローン農薬散布実務実習

 「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にドローンパイロットとして出演するなどドローンパイロットの第一人者である有限会社レイブプロジェクト(Rave Project)代表取締役 請川博一氏を講師に迎え、 同氏の拠点である北海道 旭川で行われる。
 同氏は一般社団法人 農林水産航空協会 認定 産業用マルチローターオペレーターを養成するための「産業用マルチローターオペレーター指導員」の認定を一般社団法人 農林水産航空協会から受け、また 総務省の産業用無人ヘリコプター画像伝送用無線局免許状も取得済みで、 30年に渡りラジコンおよびドローンによる農薬散布実務を行ってきた。

農林水産航空協会の資格だけでは実務はできない

 ドローンで農薬散布をするためには、一般社団法人 農林水産航空協会から「産業用マルチローターオペレーター」として認定が必要で、認定を受けるためには同協会が指定する教習所で 3日間~5日間の教習を受講する必要がある。 しかし、その講習を受講して「産業用マルチローターオペレーター」として認定を受け、実際に業務受注できるためには、 実務を経験する必要がある。
  この「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注するための実務を経験するための実習ができる。

 講習では農業事業者が所有する北海道旭川を中心とした農地を使い、 実際に農薬散布を行う。 農薬散布専用機「DJI Agras MG-1」の安全な運航に必要な知識と技術を習得し、 農業事業者へのアプローチから、 価格交渉や業務受注、 農薬購入の方法、 農薬希釈の方法、 実際の散布作業、 迅速な農薬充填やバッテリー交換方法、 散布後の手続き、 機体や農薬の適切な運搬方法など、 ドローン農薬散布の実務に必要な知識と技術を習得することができる。 受講料金には、 実務実習代に加え、 農薬散布専用機 DJI Agras MG-1の機体レンタル費も含まれている。

1月21日(日)の無料説明会

 ドローン大学校では、 ドローンによる農薬散布を知ってもらうため、 1月21日(日)17:30~19:30に、 同校にてどなたでも参加可能な無料説明会を開催します。 参加申込みは以下のサイトからの事前申込みが必要となっている。

無料説明会申込み▷ https://dronecollege.ac/noyaku/

無料説明会日時 1月21日(日)17:30~19:30

無料説明会会場 ドローン大学校 東京キャンパス
        〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO206
        電話 03-6865-8188

        mail hi@dronecollege.ac

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン荷物配送時代で活躍するドローン・オペレーターの育成を目指すドローン大学校“瀬戸内キャンパス"が5月13日に開講する。


【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

【CP+】DJI JAPANのMAVIC AIRデモフライトに注目集まる

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(横浜市みなとみらい地区)が3月1日開催され、ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)や一般社団法人ドローン大学校などが出展した。4日まで。


CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市みなとみらい地区)で、3月1日〜4日に開催される。今年は過去最大となる128社・団体が出展、ドローン関連の出展やセミナーもある。ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)と一般社団法人ドローン大学校が出展する。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。