ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が開校する「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注ができるようになるための実務を経験するための実習となっている。


「ドローン農薬散布」の全てを学べる日本初のドローン農薬散布実務実習

 「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にドローンパイロットとして出演するなどドローンパイロットの第一人者である有限会社レイブプロジェクト(Rave Project)代表取締役 請川博一氏を講師に迎え、 同氏の拠点である北海道 旭川で行われる。
 同氏は一般社団法人 農林水産航空協会 認定 産業用マルチローターオペレーターを養成するための「産業用マルチローターオペレーター指導員」の認定を一般社団法人 農林水産航空協会から受け、また 総務省の産業用無人ヘリコプター画像伝送用無線局免許状も取得済みで、 30年に渡りラジコンおよびドローンによる農薬散布実務を行ってきた。

農林水産航空協会の資格だけでは実務はできない

 ドローンで農薬散布をするためには、一般社団法人 農林水産航空協会から「産業用マルチローターオペレーター」として認定が必要で、認定を受けるためには同協会が指定する教習所で 3日間~5日間の教習を受講する必要がある。 しかし、その講習を受講して「産業用マルチローターオペレーター」として認定を受け、実際に業務受注できるためには、 実務を経験する必要がある。
  この「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注するための実務を経験するための実習ができる。

 講習では農業事業者が所有する北海道旭川を中心とした農地を使い、 実際に農薬散布を行う。 農薬散布専用機「DJI Agras MG-1」の安全な運航に必要な知識と技術を習得し、 農業事業者へのアプローチから、 価格交渉や業務受注、 農薬購入の方法、 農薬希釈の方法、 実際の散布作業、 迅速な農薬充填やバッテリー交換方法、 散布後の手続き、 機体や農薬の適切な運搬方法など、 ドローン農薬散布の実務に必要な知識と技術を習得することができる。 受講料金には、 実務実習代に加え、 農薬散布専用機 DJI Agras MG-1の機体レンタル費も含まれている。

1月21日(日)の無料説明会

 ドローン大学校では、 ドローンによる農薬散布を知ってもらうため、 1月21日(日)17:30~19:30に、 同校にてどなたでも参加可能な無料説明会を開催します。 参加申込みは以下のサイトからの事前申込みが必要となっている。

無料説明会申込み▷ https://dronecollege.ac/noyaku/

無料説明会日時 1月21日(日)17:30~19:30

無料説明会会場 ドローン大学校 東京キャンパス
        〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO206
        電話 03-6865-8188

        mail hi@dronecollege.ac

この記事のライター

関連する投稿


ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校はテラドローン株式会社認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座"ドローン大学校 3次元データ処理・解析プログラム"」を開校する。


一般社団法人ドローン大学校 東京キャンパスが大手町に移転、定期性カリキュラムに変更 1月末以降

一般社団法人ドローン大学校 東京キャンパスが大手町に移転、定期性カリキュラムに変更 1月末以降

一般社団法人ドローン大学校の東京キャンパスが2018年1月20日以降、東京都江東区青海から千代田区大手町に移転。それに伴いカリキュラムも定期性となり大幅改正する。


テラドローンがドローン大学校を「Terra Mapper」認定校に

テラドローンがドローン大学校を「Terra Mapper」認定校に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 一般社団法人ドローン大学校(代表校:東京都江東区)とドローン測量に適した画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」の認定校、 並びに販売代理店契約を締結した。


ドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)のキックオフイベント開催

ドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)のキックオフイベント開催

10月25日。一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)のキックオフイベントが、都内で開催された。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。