JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、ドローン産業関係者の新年の交流を図る『新春パーティ』を、1月17日に都内で開催する。現在、参加を呼びかけている。参加費はJUIDA会員は5000円、 一般は8000円だ。


『新春パーティ』の開催概要は以下の通り
■日時:
2018年1月17日(水)
18:00〜20:00(受付開始 17:30)
■場所:
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンス
東京都千代田区紀尾井町1番4号
http://conference.tgt-kioicho.jp/access/
■駅からのアクセス方法:
永田町駅直結・赤坂見附駅より徒歩1分
東京メトロ5路線利用可能
(有楽町線、半蔵門線、南北線、銀座線、丸ノ内線)
http://conference.tgt-kioicho.jp/access/pdf/accessmap.pdf
■参加費:
JUIDA会員 5,000円
一般    8,000円
■参加費は事前払い込みのみ。1月12日(金)の支払いまで有効。また定員になり次第、締め切るしている。
詳細や応募フォームは以下から
https://uas-japan.org/news/6609/

パーティ開催を案内するJUIDAのHP

この記事のライター

関連するキーワード


JUIDA 新春パーティ

関連する投稿


JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

衆議院議員第二議員会館で、13日、JUIDAの認定資格の「操縦技能」と「安全運航管理者」の修了証授与式が行われ、鈴木真二理事長から藤丸敏(さとし)衆院議員に修了証が渡された。


ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

 自動車学校が参加するドローンスクールネットワーク、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)は9日、都内で会員向けのセミナーを開催した。


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。