JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、ドローン産業関係者の新年の交流を図る『新春パーティ』を、1月17日に都内で開催する。現在、参加を呼びかけている。参加費はJUIDA会員は5000円、 一般は8000円だ。


『新春パーティ』の開催概要は以下の通り
■日時:
2018年1月17日(水)
18:00〜20:00(受付開始 17:30)
■場所:
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンス
東京都千代田区紀尾井町1番4号
http://conference.tgt-kioicho.jp/access/
■駅からのアクセス方法:
永田町駅直結・赤坂見附駅より徒歩1分
東京メトロ5路線利用可能
(有楽町線、半蔵門線、南北線、銀座線、丸ノ内線)
http://conference.tgt-kioicho.jp/access/pdf/accessmap.pdf
■参加費:
JUIDA会員 5,000円
一般    8,000円
■参加費は事前払い込みのみ。1月12日(金)の支払いまで有効。また定員になり次第、締め切るしている。
詳細や応募フォームは以下から
https://uas-japan.org/news/6609/

パーティ開催を案内するJUIDAのHP

この記事のライター

関連するキーワード


JUIDA 新春パーティ

関連する投稿


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


ドローン操縦士を養成するTASKSが「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」を 開校

ドローン操縦士を養成するTASKSが「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」を 開校

株式会社TASKS(大阪府枚方市)は、3月7日~3月9日にドローン操縦士を養成する「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」の開校に伴い、受講者の募集を開始。


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


デジタルハリウッドと八王子市、ドローンによる人材育成の取り組みを開始

デジタルハリウッドと八王子市、ドローンによる人材育成の取り組みを開始

デジタルハリウッド株式会社は、 八王子市と「ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定」を締結し、ドローンの活用に向けた人材育成を図り、 地域の活性化及び市民サービスの向上に取り組むと発表した。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。