D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


コース名:JUIDA認定3日間基礎コース(i-Construction、and GSPro等は学べません)

日程:1月19日(座学)、1月20日〜21日(実技)連続3日(安全運行管理含む)

会場:「座学1日間」川越東上パールビル
   "実技2日"フレンドシップハイツよしみ​

受講料:助長士180,000円(消費税別)16歳以上
    安全運行管理者50,000円(消費税別)20歳以上
    両方取得230,000円(消費税別)20歳以上

※JUIDAへの申し込み費用は受講料に含まれておりません。

【申し込み費用は以下の通りです】

操縦技能証明書20,000円(税別)
安全運航管理者証明証15,000円(税別)​

※受講料にはドローンのレンタル代も含まれております。
※実技で使用するドローンは全部こちらでご用意させて頂きます。
※最大実施人数:5名(参加者3名以上で開きます)
 定員に達せなかった場合は次回へ繰越、または運行とさせて頂きます。

開催の4日前まで最終決定しまします。
※遠方からお越しのお客様には宿泊のご案内もさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。
※実技講習期間の2日間が全て雨の場合、別日に自動航行のみ行か、講習時間を変更する場合もあります。

【講座内容】

 無人航空機(ドローン)に関する基礎知識(法律・気象など)を学び、ドロンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。初心者でも分かりやすい講師が教えますので安心してお申し込みください。
 本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。
※本コースではJUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」の同時取得が可能です。

天候等により時間は変更になる場合があります。
PMスタートする場合もございますので、お申し込み後のご案内をご確認ください。
また、雨天時は別の日に変更となる場合がございます。ごらんじめご了承ください。

…この記事の続きを読む

情報提供元:D-ACADEMY 関東埼玉
https://www.d-academy-saitama.com/16-juida-1

この記事のライター

関連するキーワード


JUIDA

関連する投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は1月17日、都内で「新春パーティ」を開き、会員、政府関係者、関係議員らが集まった。冒頭、JUIDAの鈴木真二理事長は2018年を「ドローン物流元年」と位置づけた。鈴木理事長のあいさつは以下の通り。


「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

「ジャパン・ドローン2018」3月22日(木)~ 24日(土) 幕張メッセ

日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は3月22日~24日、幕張メッセでドローンに特化した単独開催の国際展示会とコンファレンスからなる「ジャパン・ドローン2018」を開催する。


JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

JUIDAが2018年1月17日に『新春パーティ』を開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、ドローン産業関係者の新年の交流を図る『新春パーティ』を、1月17日に都内で開催する。現在、参加を呼びかけている。参加費はJUIDA会員は5000円、 一般は8000円だ。


物流ドローンの機体は〝アラームレッド〟に JUIDAが「物流ガイドライン(案)」公表 飛行空路設定も提案

物流ドローンの機体は〝アラームレッド〟に JUIDAが「物流ガイドライン(案)」公表 飛行空路設定も提案

 ドローンによる物流実現に向けた制度整備の必要性が叫ばれる中、ドローンの業界団体、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は22日、議論の土台となる「JUIDA物流ガイドライン(案)」を公表した。幅100㍍、高さ60㍍の一方通行の飛行空路設定や、機体の色をアラームレッドと呼ばれる赤にすることなどを盛り込んだ。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。