ライオンズフィルム主催の第9回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」1月14日開催

ライオンズフィルム主催の第9回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」1月14日開催

本講習会では、実際の申請書類を用いて申請をどのような流れで行うのか、またどのような点に注意し申請書を作成すれば良いのかを説明する。


DJI JAPAN公認 ライオンズフィルム株式会社主催

概要
無人航空機の安全飛行のために、平成27年12月10日に改正航空法が施行され、飛行空域により事前に国土交通省への申請・許可承認が必要となりました。

本講習会では、実際の申請書類を用いて申請をどのような流れで行うのか、またどのような点に注意し申請書を作成すれば良いのかを講師が丁寧にご説明いたします。

本講習会では、お客様が人口密集地域での飛行申請を通す事ができるようサポートいたします。

講習会後にはお客様からの質疑応答の時間も設け、東京航空局との連絡方法などもサポートいたします。
※2017年4月1日から変更になった東京航空局への申請で許可が下りている内容を元に行いますので、最新の講習内容となります。
※夜間飛行、目視外飛行、人又は物件から30m以上の~、催し場所上空、進入表面~、150m以上の高さ、人又は家屋の密集~の内容承認が下りた申請書を用います。

料金
10,800円(税込)

募集人数
20名(先着順で満席になり次第締切ます)

お申込み対象者の方
ドローン飛行申請をこれから行う方(法人・個人)

開催日時
2018年01月14日(日) 10:30~12:30(受付10:15~)

会場
ライオンズファシリティ施設内(東京都墨田区立川2-10-10)

参加事項(注意事項)
①ライオンズファシリティーメンバー様でなくてもお申込みいただけます。
②メンバー様は当日会員証をお持ちください。
③施設内でご自身のお荷物等はご自身の管理をお願いします。一切の責任を負いません
④施設内でのトラブル・盗難・事故等に関しましては一切の責任を負いませんのでご了承ください。
⑤参加申込は18歳未満はご利用いただけません。
⑥同業者の方のお申し込みはできません。当日入場をお断りいたします。
⑦当日は撮影等をスタッフが行い、当WEBや各SNS等での掲載を致しますのでご了承ください。
⑧施設内は禁煙となっております。また近隣での喫煙はご遠慮ください。
⑨施設内への飲食持ち込みは固く禁じます。
⑩飲酒でのフライトは禁止しております。
⑪募集人数に達し次第募集を締め切らせていただきます
⑫お電話でのお申込みは受け付けておりません
⑬施設内でのカフェのご利用は可能です。
⑭申し込み後の取り消し、日程の変更は一切お受けできません。
⑮受講料は、試験施行中止以外、理由のいかんに関わらず返金できません。
⑯参加申込ボタンの次に決済ページへと移ります。
⑰決済はクレジットカードがご使用になれます。
⑱クレジットカードは、「VISA」「JCB」「MasterCard」がご使用になれます。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ライオンズフィルム株式会社
http://www.lionsfacility.com/event/party_entry.php?e=20180114

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 飛行申請

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。