国交省がイベント上空飛行に関する審査要領の改正についてパブリックコメントの募集を開始 1月12日まで

国交省がイベント上空飛行に関する審査要領の改正についてパブリックコメントの募集を開始 1月12日まで

国土交通省航空局は昨年(2017年)11月4日、岐阜県大垣市で発生した無地航空機がイベント会場で落下によって観客3名に軽傷を負わせた事故を受け、2017年12月27日付で、無人航空機のイベント上空飛行に関する審査要領改正についてのパブリックコメントの募集を行っている。締切りは1月12日まで。


 国土交通省航空局は昨年(2017年)11月4日、岐阜県大垣市で発生した無地航空機がイベント会場で落下によって観客3名に軽傷を負わせた事故を受け、2017年12月27日付で、無人航空機のイベント上空飛行に関する審査要領改正についてのパブリックコメントの募集を行っている。締切りは1月12日まで。

 航空法(昭和27年法律第231号)第132条の2では、多数の者の集合する催しが行われている場所の上空において無人航空機を飛行させる場合は、国土交通大臣の承認を必要としており、具体体的な承認基準として「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」(平成27年11月17日 国空航第684号、国空機第923号)を定め、その中で必要な安全対策等を規定している。
 国交省によると今回の審査要領改正は、大垣市の事故原因調査を継続しつつ行われるものだが、無人航空機運用の更なる安全確保の観点から審査基準の見直しを行うもので、有識者検討会における議論の結果も踏まえ、審査要領について所要の改正が行われる。無人航空機のイベント上空飛行による事故再発防止のため早急に定める必要もあることから、行政手続法第40条第1項の規定に基づいて、パブリックコメント提出期間を短縮することとしたとしている。

【主な改正内容】

 多数の者の集合する場所(催しが行われている場所等)の上空において無人航空機を飛行させる場合について、以下の要件を追加することとする(具体的には別添のとおり)。

(1)機体の要件について
・航空局のホームページに掲載されている無人航空機以外の機体の飛行については、十分な飛行実績(飛行時間、飛行回数)を有することとする要件を追加

(2)運航の要件について
・飛行経路周辺において、立入禁止区画を明確にすることとする要件を追加

(3)例外措置について
・以下の措置を講じている場合は、(1)、(2)で追加する要件及び人又は物件に接触した際の危害を軽減する構造を有することとする要件について、例外的に講じる必要がないこととする。
i 機体に係留装置の装着又はネットの設置等を行う場合
ii 機体メーカーが自社の機体の落下範囲を保証している等、その技術的根
拠について問題ないと判断できる場合

【意見提出方法】

・平成2年12月27日から平成30年1月12日まで(必着)。

・意見提出フォーム
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000168421

・MAIL hqt-jcab.mujin@ml.mlit.go.jp 国土交通省航空局安全部運航安全課 あて

・郵送 〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関 2-1-3 国土交通省航空局安全部運航安全課 あて

・FAX :03-5253-1661 国土交通省航空局安全部運航安全課 あて

【公布と適用予定】

平成30年1月中の予定。

この記事のライター

関連する投稿


「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

 国交省航空局は1月1日、ホームページ上のドローン講習に関する掲載情報を更新した。一定水準の要件を満たした技能認証を提供する「講習団体」は136団体で、このうち2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が5団体となった。また12月1日まで掲載されていた講習団体の1つの掲載が取り下げられた。


クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

国土交通省の総合政策局物流政策課 技術政策課とブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:熊田貴之)は、長野県伊那市長谷地区にある道の駅南アルプスむら長谷と長谷高齢者専用住宅で、物流用ドローンポートシステムの検証実験を9月6日、実施した。


講習団体91、管理団体9、初公表から3か月で2倍超え! 国交省HP改定

講習団体91、管理団体9、初公表から3か月で2倍超え! 国交省HP改定

 国交省航空局は、ドローン操縦技能の講習として一定の要件を満たす機関である「講習団体」と、講習団体を管理する機関である「管理団体」について、9月1日付で更新し、ホームページに掲載した。9月1付現在で管理団体は9、講習団体は91で、初公表した6月1日時点から3か月で2倍を超えた。


管理団体は6、講習団体は56にそれぞれ増加 国交省航空局が7月1日付で更新

管理団体は6、講習団体は56にそれぞれ増加 国交省航空局が7月1日付で更新

 国土交通省航空局は、ドローン操縦技能講習に関連し、一定の要件を満たした「講習団体」と、その講習団体を管理する「管理団体」を7月1日付で更新し、航空局HPに掲載した。管理団体は6団体で、6月1日の4団体から2団体増えた。講習団体は56団体で、43団体から13団体増えた。


【国交省】地方航空局への無人航空機の申請窓口の移管について ※再掲※

【国交省】地方航空局への無人航空機の申請窓口の移管について ※再掲※

平成29年4月1日より、無人航空機の許可・承認の申請先が国土交通省本省から 地方航空局になります。※空港事務所に申請するものを除く。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。